海外FX口座のハイレバレッジを使いこなす為に知っておくべきロスカットレベルの事

投稿日時:2016年02月22日 05:00

海外のFX口座を使うメリットは何と言っても国内のFX口座では実現出来ないハイレバレッジを使えるという点にありますが、それを使いこなす為には他にも知っておくべき事があります。どんな事でも正しい知識を持った上で利用する事が大切です。


今回はその辺りの事をまとめて行きたいと思います。


レバレッジによる必要証拠金の違い


レバレッジが違うと必要な証拠金が変わってきます。当然ですが、レバレッジを高くかける事が出来れば出来るほど必要な証拠金は変わってきます。実際にどれくらい違うのかを表にまとめてみました。以下の表は1万通貨を取引する場合の必要証拠金(小数点以下四捨五入)です。


ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円
25倍 45100円 50200円 64900円 32300円
50倍 22550円 25100円 32450円 16150円
100倍 11275円 12550円 16225円 8075円
200倍 5638円 6275円 8113円 4038円
400倍 2819円 3138円 4057円 2019円
500倍 2255円 2510円 3245円 1615円
800倍 1410円 1569円 2029円 1010円
1000倍 1128円 1255円 1623円 806円

仮にポンド/円で10万通貨(10枚)の取引をしたい場合で考えて見ます。この場合、必要な証拠金は以下のようになります。


25倍・・・649,000円

50倍・・・324,500円

100倍・・・162,250円

200倍・・・81,130円

400倍・・・40,570円

500倍・・・32,450円

800倍・・・20,290円

1000倍・・・16,230円


日本の業者の個人口座の場合、仮に最大の25倍のレバレッジをかけたとしても、10万通貨(10枚)のポジションを持つには、649,000円ものお金が必要となります。どの程度の損失に耐えるかと言う事にもよりますが、仮に100pipsの含み損に迄は耐えるとすると749,000円もの資金が必要という事になります。


500倍のレバレッジを効かせる場合、100pipsの含み損に迄は耐えるという前提で考えますと、132,500円の資金を用意すれば良いという事になります。実にその差616,500円もの差があります。


逆の視点で考えて、132,500円しか自己資金が無い場合、日本の個人口座でポンド円のポジションを持とうとする場合、2枚で必要な証拠金は129,800円にもなり余剰資金は2,700円です。この場合、14pips逆行すれば強制ロスカットとなってしまう事を考えれば、1枚での取引とするのが現実的かと思われます。


仮に月に300pips~400pips程の利益を上げられると仮定した場合、FXだけで生活をしていく為には10万通貨(10枚)くらいのトレードをして行かなければならないという事になります。


ですが、その為に約75万円もの資金を用意するのは大変と言う方も沢山いらっしゃると思います。そういったケースでは、ハイレバレッジをかける事が出来る海外FX業者の口座を使用する事も非常に有効な手段となり得ます。


ゼロカットシステムを採用している業者を使えば、追証の心配もない為、安全にハイレバレッジを使ったトレードを行う事が可能となります。


ロスカットレベルとは?


FX会社は損失を防ぐために、証拠金維持率が一定の基準を下回った場合に強制的にポジションをクローズします。これを強制ロスカットと言い、証拠金維持率の事をロスカットレベルと言います。ロスカットレベルはFX会社によって異なります。


一般に証拠金維持率が50%以下でロスカットされる場合と、証拠金維持率が30%でロスカットされる場合とでは、後者の方が強制ロスカットまでの猶予が大きい為、有利であるといわれていますが、ケースバイケースな側面もあります。


例えば、何らかの噂が出てドル/円が暴落したとします。しかし、その噂は一種のデマで値を戻したとします。このような場合、ロスカットレベルが50%の場合では、最初の暴落時点で強制ロスカットに掛かってしまいますが、ロスカットレベルが30%の場合は強制ロスカットに辛くも掛からず、建値まで戻ってきて、損失にならずに済むという事もあり得ます。


逆に何らかの材料が出て暴落した場合で、上記のようなデマなどではなく本格的なショック相場であったような場合は、50%で強制ロスカットされた方が傷口が小さいという場合もありますので、一概にどちらの方が良いと言い切る事は難しいですが、あまりにも極端なもの(100%とか5%とか)でなければ、ご自身の資金状況を考え併せながら選べば問題はないと思います。


ちなみにFXDDと言う業者は、ロスカットレベルが100%で最大レバレッジの200倍でポジションをもった瞬間にスプレッド分で証拠金維持率は100%を割ってしまい、瞬殺でロスカットされてしまうという事になりますので、そういった極端なロスカットレベルを採用している業者には注意が必要です。


XM


レバレッジ:888倍

ロスカットレベル:20%以下

ゼロカットシステム採用

最大2万ユーロ(約250万円)まで信託保全


XMの口座開設手順を説明したページをご用意したので、開設手順にご不安がおありの場合は、是非、ご参考下さい。


XMの口座開設手順を画像入りでどこよりも詳しく解説!


↓↓↓XMの口座開設はこちらから↓↓↓


AXIORY


レバレッジ:500倍

ロスカットレベル:50%以下

ゼロカットシステム採用

資金全額を信託保全


AXIORY


Traders Trust


レバレッジ:500倍

ロスカットレベル:50%以下

ゼロカットシステム採用

最大2万ユーロ(約250万円)まで信託保全


↓↓↓Traders Trustの口座開設はこちらから↓↓↓



IFC Markets


レバレッジ:400倍

ロスカットレベル:10%以下

ゼロカットシステム採用

IFC Marketsは『分別管理』となっていますので、この点、注意が必要です。



この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事