XMZero口座の手数料が分かりにくいのでサポートに聞いてみた結果

投稿日時:2016年04月28日 08:40

今や日本で最もメジャーな海外FXブローカーとなったと言っても過言ではないXMですが、先日、弊ブログの読者さんから『Zero口座ってお得なんですか?』というメールを頂きました。


XMのサイト等を見たりしたのですが、ぶっちゃけ手数料が分かりにくい・・・と言うか理解出来ない(;´∀`)


どのような事でも、分からない事を調べる事は大切な事なので、私なりに『XMZero口座』について色々と調べてみましたので、今回は調べた事について書いて行きたいと思います。


そもそもXMZero口座って何なの?


そもそも通常口座と何が違うの?という事なのですが、XMのアナウンスによると『弊社の新口座タイプである"XM Zero"では、 世界で最も人気のあるMT4 プラットフォーム上で、XMの伝説的な約定力とXMの技術力とマッチした0ピップスからの最狭スプレッドをお楽しみ頂くことが可能です。』となっていて、要するにスプレッドが狭いという事がウリのサービスという事のようです。


以下に通常口座との違いをざっとまとめてみました。


スプレッドの最小値がゼロ


これが最大の売りとなりますが、売買をする際のスプレッドの最小値(スプレッドは変動制)が0になります。XMのアナウンスによると主要な通貨ペアでは以下のような感じのようです。


ドル/円・・・最小0pips 平均0.1pips

ユーロ/ドル・・・最小0pips 平均0.1pips

ユーロ/円・・・最小0pips 平均0.6pips

※手数料の詳細については後述します

執行方式はECN方式


そもそもECN方式って何って言うお話ですが、ECN方式はElectronic Communications Network方式の略称です。ぶっちゃけ、これだと何の事だかサッパリ分かりませんが、顧客から受けた注文を、電子商取引所で別の顧客の注文とマッチングさせることで取引が成立するという取引で、顧客から受けた注文にブローカーが関与することが無い為、手数料が低く抑えられるという特徴があります。


ちなみにFXの注文執行方式には他にもDD方式とかNDD方式とか色々な方式があるのですが、それを細かく説明する事はこの記事の本義ではないので『ふ~ん。そんなの有るんだね~(*´∀`)』くらいに思っておいて頂ければ良いと思います。


レバレッジは通常口座が888倍に対し、ZERO口座は最大500倍


XMZero口座はレバレッジが最大500倍になっています。


これは考え方次第ですが、500倍のレバレッジがかけられれば十分かなと言うように思えますので、通常口座と比べた時、それほど大きなデメリットではないかなと言うように思えます。


Zero口座は口座開設ボーナス・入金ボーナスの対象外


XMと言えばボーナスが手厚い事で知られていますが、Zero口座の場合、口座開設ボーナス・入金ボーナスの両ボーナスの対象外となってしまいます。


これは通常口座と比べると明らかなデメリットになると思います。通常口座からゼロ口座への移行も可能なので、移行する際にはボーナスを貰いきってからにする等した方が良い場合もあるように思われます。


また、従来口座からZero口座へ移動する場合、付加されているボーナスが無効になりますので、多くのボーナスが付加されているような場合、注意が必要です。


ここからが本題。結局取引手数料はいくらなの?


XMのサイトを見ると『$100,000の取引毎に片道$5』という記載があります。これってドル円とかの事だよね?と言う気がしたので、以下の質問をしてみました。


御社のサイトを見ると『$100,000の取引毎に片道$5』となっているのですが、クロス円の場合はどうなるのでしょうか?


例えば、ユーロ/円を10万通貨取引した場合には、10ドル相当の手数料+スプレッドが掛かるという認識で良いでしょうか?


この質問に対するXMの回答が以下のものです。


ユーロ/円の場合、$100,000ではなく、€100,000になりますので、手数料は€100,000の取引毎に片道€5となります。


この回答を見て『(´・ω・`)?』と思いました。というか、『片道$5じゃなくて、片道5通貨なんじゃないの?』と言う疑問を持ったので、改めて以下の質問をしてみました。


御解答の内容からしますと手数料は『片道5通貨』という事なのでしょうか?


御社のサイトの記載ですと


『XM Zero口座の手数料は、$100,000の取引毎に片道$5となります。』


と言う記載があるのですが、この表現は誤りがあると思うのですがどうなのでしょうか?


片道$5ではなくて、片道5通貨が正しい表現なのではないかと思うのですが、その認識でよろしいでしょうか?


また、『片道5通貨』が正しい認識であった場合、通貨ペアの左側に来る通貨で5通貨(ドル円であれば5ドル、ユーロドルであれば5ユーロ)という認識でよろしいでしょうか?


この質問に対する回答が以下となります。


「€100,000の取引毎に片道$5」と申し上げますと誤りになりますが、「$100,000の取引毎に片道$5」は、誤りではございません。


お取引の先には、左側に来る通貨でお取引して頂くことになりますので(例えば、ドル円の場合は$100,000)、手数料もこちらの通貨になります。


>また、『片道5通貨』が正しい認識であった場合、通貨ペアの左側に来る通貨で5通貨(ドル円であれば5ドル、ユーロドルであれば5ユーロ)という認識でよろしいでしょうか?


はい、こちらの認識で間違いございません。


・・・(´・ω・`)


そりゃたしかに厳密に言えば、『$100,000の取引毎に片道$5は、誤りではございません。』って事なのかもしれないけれども~、『通貨ペアの左側に来る通貨で片道5通貨』の方が分かりやすくねーすか?と思ったのですが、どーなんでしょうか?


色々と紆余曲折ありましたが、分かったコトとして、『通貨ペアの左側に来る通貨で片道5通貨(往復10通貨)』が手数料として掛かるようです。


ユーロ円を例として計算してみると・・・


1ユーロ123円とした場合、10万通貨の取引をしたとすると123円×10枚=1,230円の手数料がかかるという事になります。これにプラスしてスプレッドが掛かり、平均0.6pips程らしいので、10万通貨取引した場合には、600円程かかり、合計で1,830円程の手数料が掛かるという事になります。


通常口座のスプレッドはXMの公証によると平均2.7pipsほどなので、10万通貨取引した場合には2,700円位です。こうやって比較すると870円程の違いがあるので、10枚以上でトレードする場合はZero口座の方が有利な感じがします。


Zero口座はボーナスが適用されない等の問題もあるので、どっちがお得かと言うと結構微妙な所かと思います・・・。後、万一1pipsでも不利な方向に滑って約定すれば、通常口座と変わらない感じになると思うので、その辺も考慮に入れるとボーナス捨ててまでZero口座にする意味合いは無いのかな~と言う感じがします。


以前、『XMのボーナスを使って勝ち組への最短ルートを歩もう』と言う記事でも書いたのですが、海外のFX口座はウマく使えばメリットも非常に大きいのでウマく使うべきなのかと思いますが、低スプレッドを最優先課題として求めるのであれば、他に選択肢があると思います。


XMの口座開設手順を説明したページをご用意したので、開設手順にご不安がおありの場合は、是非、ご参考下さい。


XMの口座開設手順を画像入りでどこよりも詳しく解説!


XMの口座開設は下記のバナーから!



この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事