ユーロ/円-2016年01月08日の振り返り

投稿日時:2016年01月09日 08:10

上の画像は、ユーロ/円の1時間足チャート。


1月7日の17時に126.772を付けて、上昇に転じています。この部分は127.00円に入っていた厚めの買い注文で跳ね返され、多少のオーバーシュートはあるもののダブルボトムを作って上昇しています。


ネックラインは127.90-12.80近辺で、ネックラインから断続的に129.00位まで売り注文が入っていた(画像『A』の部分)が、何層もあった売り注文を破って128.90-129.00の注文(画像『B』の部分)で一旦上昇を止めた形となっています。


その後は、再度下落に転じた形になりましたが、128.50にサポレジ転換を狙った買い注文が入っていたものの雇用統計の発表などもあり、あっさり破って、128.00-128.50のライン(画像『C』の部分)で一旦、下サポートしたような形になって引けました。


俯瞰すれば、1月7日の17時に127.00を試したものの破れずに上昇に転じた形になりましたが、ここはエントリーし易かったように思えます。

理想を言えば、17時に127.00を割ったものの長めの下髭作って戻されてきたのを見て、18時に入れれば良かったと思いますが、その後、陽線が一本出た辺りで入っても良いと思ます。ただこの場合、意外と大きな陽線が出てしまったので、そこで入るのは躊躇してしまう事もあるかも知れないですが、この時点でのオーダー情報を見るとサポレジ転換を思わせるようなオーダーもなく、ネックラインとして注目されそうな128.00迄50pips以上あったので、注文情報をしっかり見ていれば入れたのではないかと思います。


利食いは、129.00近辺で利食えたら理想的だったと思いますが、その前に1月8日の朝7時から8時にかけて、128.50の売り注文に止められたような値動きが観測できるので、128.40位で利食っていても悪い利食いではないように思います。


1月8日は、画像『B』の部分で止められたような値動きだったので、売りで入るという戦略もアリだとは思います。ただ、昨日は米雇用統計があったので、ここを売って行くのは難しい所であったように思います。むしろ、雇用統計発表後、『C』の部分でサポートされたような感じなので、ここを買って行く方が入りやすいように思います。ただ、ここを買うと週マタギになるので、7日の上昇を取れていれば、無理にやらなくても良い相場かと言うように思えます。


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事