伊勢志摩サミットを控えて小動きだった一日~ユーロ/円~2016年05月25日振り返り

投稿日時:2016年05月26日 03:30

上の画像はユーロ/円日足チャートです。2016年05月25日のユーロ/円相場の振り返りをして行きたいと思います。


■ユーロ円の値動き

始値:122.524

終値:122.886

高値:123.102

安値:122.482

+36.2pips(高値から安値:62pips)


昨日のユーロ/円の日足の形状は、上ヒゲのある陽線となりました。


昨日、陽線で引けたことで、122.524付近を右側の谷としたダブルボトムのなりかけのような状態になっています(チャート画像赤い楕円の中)。右側の谷の方が左側の谷よりも深いので、そこは少し気になるところではあります。左の谷より右の谷の方が深いという事は、実体レベルで前の谷の安値を更新しているという事でもありますので、厳密に言えば戻り売りに成功したと見る事も出来るので、そこに対する警戒は必要であろうかと思います。


日足のサポートライン・レジスタンスラインとなりそうなプライス


【レジスタンスライン候補】

124.239

123.570


【サポートライン候補】

122.524

121.991

121.731

オーダーの変化


ユーロ円1時間足


上の画像は、ユーロ/円1時間足チャートです。昨日のオーダー状況の推移は以下のような推移となっています。


124.50 売り

123.90-4.00 断続的に売り

121.20 割り込むとストップロス売り大きめ

121.00 買い厚め・割り込むとストップロス売り、OPバリア観測


上記のオーダーが前日より引き続き観測されている状態で、18:00に新たに以下のオーダーが観測されています。


122.50 買い


ユーロ/円の値動きの解説


昨日は、高値から安値まで62pipsしかない相場でした。値幅が無かったので、やりようが無かったような相場ではありましたが、強いて言うと昨日の終盤にダブルトップを形成(チャート画像赤い楕円の部分)しています。


エントリーするのであれば、ここが唯一のエントリーポイントであったかと思います。私も起きていればエントリーしたかなと言うポイントではありましたが、寝てしまっていたのでエントリーすることは出来ませんでした。


ここで売れていた場合には、20~30pips程の値幅は取れたのではないかと思います。


若干、余談となりますが、ダブルトップを狙う場合、右側の山が左側の山よりも低い方が信頼度は高くなります。そういう意味で、昨日の場合は良い感じのダブルトップだったと言えます。


さて、本日ですが、冒頭で述べたように日足レベルでダブルボトムになりかけているような状態になっています。122.524近辺が右側の谷底近辺になりますが、この付近での値動きに注目して行きたいと思います。


それでは、本日も頑張りましょう!


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事