レンジ相場のコツは出来るだけ早い段階でレンジの上限・下限のアタリを付ける事~ユーロ/円~2016年06月27日振り返り

投稿日時:2016年06月28日 10:10

EURJPYDaily20160627.png

上の画像はユーロ/円日足チャートです。2016年06月27日のユーロ/円相場の振り返りをして行きたいと思います。


■ユーロ円の値動き

始値:111.663

終値:112.421

高値:113.245

安値:111.362

+75.8pips(高値から安値:188.3pips)


日足のサポートライン・レジスタンスラインとなりそうなプライス


【レジスタンスライン候補】

122.524

122.089

121.991

121.731

121.010

118.562

116.991


【サポートライン候補】

特になし

オーダーの変化


ユーロ円1時間足


上の画像は、ユーロ/円1時間足チャートです。昨日のオーダー状況の推移は以下のような推移となっています。


116.00円 売り

110.80円 買い

109.00円 買い厚め・割り込むとストップロス売り

107.00円 買い厚め

105.00円 買い厚め


上記のオーダーが前日より引き続き観測されている状態で、18時に以下のオーダーが観測されています。


115.00円 売り(18時観測)

111.50円 買い(18時観測)


ユーロ/円の値動きの解説


昨日のユーロ/円相場は、レンジ相場となりました。上は113.200アラウンド、下は111.35アラウンドのレンジでしたので、200pips近い値幅のあるレンジでした。俯瞰すれば、昨日の寄り付きと先週末のクローズのやや下あたりの間のレンジであったと見る事が出来るかと思います。


昨日は、以下の4回のトレードを行っています。


1回目:チャート画像『A』の地点でショートのエントリー(112.817) チャート画像『B』の地点でエグジット(111.964) 結果:+85.3pips

2回目:チャート画像『B』の地点でロングのエントリー(111.989) チャート画像『C』の地点でエグジット(112.703) 結果:+71.4pips

3回目:チャート画像『C』の地点でショートのエントリー(112.683) チャート画像『C』の地点でエグジット(111.904) 結果:+81.9pips

4回目:チャート画像『D』の地点でロングのエントリー(111.929) この記事を書いている今現在、未決済(含み益約90pips)


4回目のトレードについては、まだエグジットしていないので結果が出ていませんが、それ以外の3回の合計では238.6pips程の利益を出す事が出来ました。


昨日の場合は、単純にレンジの売買をひたすら繰り返したというだけのトレードでした。レンジ相場のコツは出来るだけ早い段階でレンジの上限・下限のプライスのアタリを付ける事ですが、カギとなったのは112.863に水平線が引けていたかどうか?と言う所だったかと思います。


112.863と言うプライスは先週末金曜日のダブルトップのネックラインで、昨日に関しては、このラインがレジスタンスラインとして機能しました。このラインが引けていれば、昨日、東京時間の下落を取る事が出来、早い段階でレンジの上限・下限の想定が出来たかと思います。


それでは、本日も頑張りましょう!


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事