FOMC通過、0.25%利上げ、来年の利上げペースは年3回の予想

投稿日時:2016年12月15日 08:30

FRB(米連邦準備理事会)は、12月13日~14日にかけて開催されていたFOMC(連邦公開市場委員会)で、フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%引き上げ、0.50~0.75%とする事を決定しました。


昨年12月以来、1年ぶりの利上げとなります。


また、2017年度の利上げペースの予想は3回となり、9月時点での年2回からペースが速まっています。


今回のFOMCでの利上げは確実視されていましたが、利上げペースの加速はやや予想外だったかと思います。


今年最後のビッグイベントでしたが、為替相場はドル高で反応しています。


ドル/円


ドル円1時間足20161215-01


上の画像はドル円1時間足チャートです。


昨日のドル円は以下のような値動きとなりました。


■始値:115.156

■高値:117.385

■安値:114.761

■終値:117.012

+185.6pips(高値から安値:262.4pips)


昨日のドル円は、FOMCを経て上昇、一時『117.385』を付ける場面もありました。


値動きを俯瞰すれば、昨日から入り込んでいたレンジの下限である『114.832』でサポートされて上昇して行った形になっています。


チャート画像に引いた赤いラインは、昨日のFOMC後の上昇に対して、フィボナッチリトレースメントを当てたものです。


注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


114.832

一昨日~昨日にかけて形成していたレンジの下限。


115.389

一昨日~昨日にかけて形成していたレンジの上限。


115.975

12月12日に付けた高値ライン。昨日の上昇の50%戻しラインと重なるレベル。


基本的な方針としては、昨日の上昇に対して押し目買いを狙って行くという事で、短期トレンド(青い波)の方向性を注意深く観察しながら、押し目買いのタイミングを計って行ければいいのではないかと思います。

ユーロ/円


ユーロ円1時間足20161215-01


上の画像はユーロ円1時間足チャートです。


昨日のユーロ円は以下のような値動きとなりました。


■始値:122.334

■高値:123.400

■安値:122.119

■終値:123.265

+93.1pips(高値から安値:128.1pips)


昨日のユーロ円は、FOMCを経てドル円に連れ高、一時『123.400』を付ける場面もありました。


値動きを俯瞰すれば、一昨日から入り込んでいたレンジの下限『122.173』でサポートされて上昇して行った形になっています。


チャート画像に引いた赤いラインは、昨日のFOMC後の上昇に対して、フィボナッチリトレースメントを当てたものです。


注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


122.173

一昨日~昨日にかけて形成していたレンジの下限。


122.686

一昨日~昨日にかけて形成していたレンジの下限。昨日のFOMC後の上昇に対する61.8%戻しのラインと重なるレベル


122.846

12月12日に付けた高値ライン。昨日のFOMC後の上昇に対する50%戻しのラインと重なるレベル


基本的な方針としては、昨日のFOMC後の上昇に対する押し目買いを狙って行くという事で良いかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足20161215-01


上の画像はユーロドル1時間足チャートです。


昨日のユーロドルは以下のような値動きとなりました。


■始値:1.06240

■高値:1.06693

■安値:1.04954

■終値:1.05328

-8.5pips(高値から安値:63.4pips)


値動きを俯瞰すれば、『L1』~『H2』にかけての中期上昇トレンド(オレンジ色の波)の形状を昨日のFOMCによって崩しています。


注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.06543

昨日のFOMCによる下落の起点となったプライス。


1.06048

『L1』~『H2』にかけての中期上昇トレンドのラス押し安値。


1.05287

『L1』~『H2』にかけての中期上昇トレンドの起点となった安値。


基本的な方針としては、昨日のFOMC後の下落に対する戻り売りを狙って行くという事で良いかと思います。


本日について


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:50 【日本】前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)

08:50 【日本】前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)

09:30 【オーストラリア】11月新規雇用者数

09:30 【オーストラリア】11月失業率

17:30 【スイス】スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値

18:00 【ユーロ】12月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)

18:00 【ユーロ】12月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)

18:30 【イギリス】11月小売売上高指数(前月比)

18:30 【南アフリカ】11月卸売物価指数(PPI)(前月比)

18:30 【南アフリカ】11月卸売物価指数(PPI)(前年同月比)

21:00 【イギリス】英中銀資産買取プログラム規模

21:00 【イギリス】英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

21:00 【イギリス】イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表

22:30 【アメリカ】12月ニューヨーク連銀製造業景気指数

22:30 【アメリカ】11月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

22:30 【アメリカ】7-9月期四半期経常収支

22:30 【アメリカ】前週分新規失業保険申請件数

22:30 【アメリカ】11月消費者物価指数(CPI)(前月比)

22:30 【アメリカ】12月フィラデルフィア連銀製造業景気指数

22:30 【アメリカ】11月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)

22:30 【カナダ】10月製造業出荷(前月比)

24:00 【アメリカ】12月NAHB住宅市場指数

30:00 【アメリカ】10月対米証券投資(短期債除く)


本日、注目される指標としては、オーストラリアの雇用統計の発表とBOEの金融政策発表があります。


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事