難民入国禁止の大統領令に対するデモ活発化もまだまだ序の口。トランプ大統領の首に鈴を付けるのは?

投稿日時:2017年01月30日 09:41

先週末金曜日(1月27日)に発表された米10~12月期国内総生産(GDP)速報値は年率1.9%増となり、市場予想を下回ったものの、アメリカの利上げ期待が後退するほどのものでもないという事で、あまり大きな値動きには繋がりませんでした。


また、トランプ大統領は難民の入国を120日間(シリア難民は無期限、イラン・イラク・リビア・ソマリア・スーダン・シリア・イエメン市民の入国は90日間)禁止する大統領令に署名しました。


これを受けて、全米の都市や空港で抗議デモが広がっており、人権活動家や民主党からも対抗措置をとる動きが出ているようです。民主党のシューマー上院議員によると『大統領令を無効にする法令を党が準備している』と言う事だそうで、味方の共和党からも批判的な発言が出ているようです。


ニューヨークでは入国しようとして拘束された2人のイラク人について人権団体が提訴、ブルックリンの連邦地裁は28日、大統領令の執行延期を言い渡し、強制送還を免れたという事案も発生しており、28~29日にかけて少なくとも3つの州で連邦判事が同様の判断を示し、本国への強制送還を差し止めた模様で、カリフォルニア州やニューヨーク州など民主党の司法長官は、大統領令をめぐり法的措置に訴える意向を示しています。


大統領着任からまだそれほど日も経っていないというのにアメリカ国内外で数々の問題が発生しています。トランプ大統領は、これしきの事で自説を引っ込めるような人物ではないと思うので、まだまだ序の口と言った感じかと思いますが、アメリカ議会がトランプ氏の首に鈴を付ける事が出来るのかどうかを見て行くという事になりそうです。


ドル/円


ドル円1時間足20170130


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:114.537

高値:115.367

安値:114.384

終値:115.073

+53.6pips(高値から安値:98.3pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


112.535

チャート画像青い点線の水平線

中期トレンド(オレンジ色の波)の直近安値。


113.103~113.857

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


114.340~114.725

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


114.594~115.247

チャート画像ピンク点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


115.490

チャート画像ピンク点線の水平線

中期トレンド(オレンジ色の波)の直近高値。


1月27日のドル円相場は、『114.594~115.247の抵抗帯』の上抜けをチャレンジし続けていた1日と言う事が出来ますが、上抜けに失敗した形となっています。


中期トレンド(オレンジ色の波)はトレンドレスの状態にあり、引き続き『112.535~115.490の方波』の中での値動きとなっていますが、中期トレンド(オレンジ色の波)がダブルトップのような形状となる可能性も出てきています。


直近の値動きとしては、『114.594~115.247の抵抗帯』 VS 『114.340~114.725の支持帯』と言った様相を呈していますが、上下に抵抗帯・支持帯が存在する上、中期トレンドに方向性が無い状況下でもありますので、やや逆張り有利な相場と言う感じがします。

ユーロ/円


ユーロ円1時間足20170130


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:122.301

高値:123.299

安値:122.213

終値:123.087

+78.6pips(高値から安値:108.6pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


121.221

チャート画像青い点線の水平線。

中期トレンド(オレンジ色の波)の直近安値。


121.632~122.182

チャート画像青の点線のボックス。

短期上昇トレンドの支持帯。


122.098~122.589

チャート画像青の点線のボックス。

短期上昇トレンドの支持帯。


122.842

チャート画像ピンク点線の水平線。

中期トレンド(オレンジ色の波)の前回高値。


1月27日のユーロ円相場は、上昇の流れでの推移となりました。


俯瞰すれば、『121.632~122.182の支持帯』の上辺近辺での買い意欲が強かったという事が出来ようかと思います。


中期トレンド(オレンジ色の波)の直近高値であった『122.842』を上方にブレイクした事により、中期トレンドは安値・高値切り上げの状態となっており、ダウ理論的に言う上昇トレンドの形状となっています。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足20170130


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.06797

高値:1.07242

安値:1.06576

終値:1.06958

+16.1pips(高値から安値:66.6pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.06844~1.06265

チャート画像青い点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.07253~1.07609

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落上昇トレンドの抵抗帯。


1.07715

チャート画像ピンクの点線の水平線

中期トレンド(オレンジ色の波)の直近高値。


1月27日のユーロ円は、小動きとなりました。


引き続き、『1.06844~1.06265の支持帯』 VS 『1.07253~1.07609の抵抗帯』と言う図式の中での値動きとなっており、これをどちらへ破って行くかを見て行くという事で良さそうです。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


時間未定 【日本】 日銀・金融政策決定会合(1日目)

06:45 【オーストラリア】 12月貿易収支

08:50 【日本】 12月小売業販売額(前年同月比)

08:50 【日本】 12月百貨店・スーパー販売額(既存店)(前年同月比)

22:30 【米国】 12月個人所得(前月比)

22:30 【米国】 12月個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)

22:30 【米国】 12月個人消費支出(PCE)(前月比)

24:00 【米国】 12月住宅販売保留指数(前月比)


本日から日銀の金融政策決定会合、明日からFOMCが開催されます。明日からのFOMCはトランプ政権になってから初のFOMCとなりますので、イマイチハッキリしないトランプ政権の金融政策をうかがう上で重要なモノとなってきそうです。


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事