日米首脳会談通過で市場の関心はFRBの金融政策へ

投稿日時:2017年02月14日 09:33

昨日は、それほど大きな材料は出ませんでしたが、気になる材料としては、米ダラス地区連銀のカプラン総裁がFRB(連邦準備理事会)が早期に利上げに動くべきとの認識を示した事が挙げられます。


カプラン総裁はFOMC(連邦公開市場委員会)の投票権を持っており、1月の会合では金利据え置きを支持していたのですが、利上げの方にスタンスを変更してきたという事で注目すべき材料かというように思えます。


日米首脳会談を無事通過した事で、市場の関心がFRBの金融政策に移りつつある中、本日はイエレン議長の発言が予定されています。利上げを匂わすような発言が出ればドルの先高観が出てくると思われます


ドル/円


ドル円1時間足20170214


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:113.540

高値:114.161

安値:113.430

終値:113.713

+17.3pips(高値から安値:73.1pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


111.699

チャート画像青い点線

中期下落トレンドの安値。


111.746~112.487

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


112.241~113.151

チャート画像青の実線のボックス

元々は中期下落トレンドの抵抗帯でしたが、2月9日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換した可能性アリ。


2月13日のドル円相場は、高値圏での揉み合いとなりました。


東京時間に下げる場面もありましたが、押しとしても中途半端な感じであり、やりようのない展開であったかと思います。

ユーロ/円


ユーロ円1時間足20170214


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:120.655

高値:121.161

安値:120.377

終値:120.515

-14.0pips(高値から安値:78.4pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


119.381

チャート画像青い点線

中期下落トレンドの直近安値。


120.161~120.654

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、2月9日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


121.227~122.429

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


2月13日のユーロ円相場は、上下に振らされる展開となりました。終値のレベルで見れば寄り付きと同じような絵ベルで引けています。


短期トレンド(青い波)がダブルトップのような形状になりつつあり、微妙にではありますがネックラインを下抜けている為、やや下方向へのバイアスが掛かっているような印象を受けます。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足20170214


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.06275

高値:1.06576

安値:1.05912

終値:1.05965

-31.0pips(高値から安値:66.4pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.05725~1.06028

チャート画像青い点線のボックス(画像の尺の問題で上辺しか見えてない)

短期上昇トレンドの支持帯。


1.06149~1.06481

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.06718~1.07012

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.07120~1.07498

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


2月13日のユーロドル相場は、それほど値幅は出ませんでしたが続落となりました。


何層かの抵抗帯が形成されてきており、上値の重い展開になってきていると言えますが、『1.05725~1.06028の支持帯』の上辺にぶつかっており、支持帯を破れるかどうかを見て行くという事になりそうです。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:50 【オーストラリア】 1月NAB企業景況感指数

10:30 【中国】 1月生産者物価指数(PPI)(前年同月比)

10:30 【中国】 1月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

13:30 【日本】 12月鉱工業生産・確報値(前月比)

17:15 【スイス】 1月消費者物価指数(CPI)(前月比)

17:15 【スイス】 1月生産者輸入価格(前月比)

18:30 【英国】 1月卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)(前年同月比)

18:30 【英国】 1月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

18:30 【英国】 1月小売物価指数(RPI)(前月比)

18:30 【英国】 1月小売物価指数(RPI)(前年同月比)

18:30 【英国】 1月消費者物価指数(CPI)(前月比)

19:00 【ユーロ】 10-12月期四半期域内総生産(GDP、改定値)(前年同期比)

19:00 【ユーロ】 12月鉱工業生産(前月比)

19:00 【ユーロ】 2月ZEW景況感調査

19:00 【ユーロ】 10-12月期四半期域内総生産(GDP、改定値)(前期比)

22:30 【米国】 1月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)

22:30 【米国】 1月卸売物価指数(PPI)(前月比)

24:00 【米国】 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言


本日はイエレン議長の発言が予定されており、市場の関心がアメリカの金融政策に移ってきている折から、注目されてくると思われます。


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事