いよいよFOMC開催。利上げ観測が高まっているが果たして?

投稿日時:2017年03月14日 09:45

昨日の為替相場は、全体に小動きとなりました。


週末にドイツで開催されるG20(20カ国・地域)財務相・中央銀行総裁会議で、アメリカのムニューシン財務長官は、通貨安競争回避へのコミットメントを再確認するなど、米国の国益向上に努めるとのニュースや英国のメイ首相報道官は13日、欧州連合(EU)離脱に向けた正式手続きについて、今月末までに着手すると強調したといったニュースが出ましたが、それほど材料視されませんでした。


金融市場の関心は本日から開催されるFOMCにおいて、利上げがなされるか?と言う点に集中しており、FOMCの結果待ちという事になりそうです。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年03月14日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:114.760

高値:114.914

安値:114.474

終値:114.838

+7.8pips(高値から安値:44.0pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


111.699

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


111.746~112.487

チャート画像青の実線のボックス

中期トレンドの支持帯。


111.884

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


112.772~113.740

チャート画像緑の実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月1日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


113.515~113.897

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


113.654~114.060

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


113.674~114.606

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


114.307~114.671

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


3月13日のドル円相場は、ほぼ横ばいでの推移となりました。


中期トレンド(オレンジ色の波)は、ダウ理論的に言う高値・安値切り上げの上昇トレンドの形状にあります。


チャートを見ると先週末金曜日に『115.496』を付けてから、反落してきた格好になっており、昨日の値動きとしては、中期トレンドの支持帯『113.674~114.606』と短期トレンドの支持帯『114.307~114.671』が重なり合うレベル近辺から、反発したかのような値動きとなっています。


113.674~114.606』の中期トレンドの支持帯の上辺・下辺近辺に支持帯が重なるように形成されている為、引き続き『113.674~114.606』の中期トレンドの支持帯の上辺・下辺近辺を中心にマークして行くという事で良いように思われます。

ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年03月14日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:122.624

高値:122.876

安値:122.129

終値:122.344

-28.0pips(高値から安値:74.7pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


118.284

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


118.728~119.421

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


119.605~119.846

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


119.841~120.191

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


120.017~120.408

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


120.082~121.102

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


120.444~120.054

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


121.227~122.429

チャート画像緑の実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月10日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


3月13日のユーロ円相場は、東京時間をピークに反落する形となりましたが、引けにかけて少し戻している形になっている為、終値ベースでは小動きとなりました。


中期トレンド(オレンジ色の波)は、ダウ理論的に言う高値・安値切り上げの上昇トレンドの形状にあります。


チャートを見ると中期下落トレンドの抵抗帯であった『121.227~122.429』の上辺近辺での値動きとなっていますが、この近辺位はそれ以外に抵抗帯・支持帯が存在しない為、やや売り難く買い難いレベルと言えます。


一方、下方には121.227から断続的に支持帯が存在しており、特に中期上昇トレンドの支持帯である『120.082~121.102』周辺には支持帯が重なるように存在している為、買い方の足掛かりになり易いと言えます。


基本的には、『120.082~121.102』の支持帯を中心にマークして行くという事で良いように思われます。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年03月14日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.06845

高値:1.07136

安値:1.06514

終値:1.06530

-31.5pips(高値から安値:62.2pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.04984

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


1.05043~1.05241

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月3日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.05417~1.05255

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月3日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.05297~1.06243

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.06425~1.06545

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月10日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.07120~1.07498

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


3月13日のユーロドル相場は、欧州時間OP前後をピークとして反落した格好になっています。


中期トレンド(オレンジ色の波)は、ダウ理論的に言う高値・安値切り上げの上昇トレンドの形状になってきています。


俯瞰すれば、『1.07120~1.07498』の抵抗帯の下辺近辺から反落した格好になっています。


下方には断続的に支持帯が存在していますが、その内のいくつかはサポレジ転換の可能性のあるもの(緑の点線のシリーズ)である為、『1.05297~1.06243』の支持帯を軸に見て行くという事になろうかと思われます。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


--:-- 【米国】 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目

09:30 【オーストラリア】 2月NAB企業景況感指数

11:00 【中国】 2月小売売上高(前年同月比)

11:00 【中国】 2月鉱工業生産(前年同月比)

19:00 【ユーロ】 1月鉱工業生産(前月比)

19:00 【ユーロ】 3月ZEW景況感調査

21:30 【米国】 2月卸売物価指数(PPI)(前月比)

21:30 【米国】 2月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)


今週は金融政策発表ウィークで、本日からFOMC明日から日銀・BOEの金融政策決定会合が開かれます。


その中でも、ダントツに注目なのはFOMCにおいて利上げがあるかどうか?と言う事になるわけですが、まずはFOMCの結果待ちと言う事になろうかと思われます。


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事