トランプ政権は税制改革等の経済政策を実行に移せるの?

投稿日時:2017年04月04日 09:34

トランプ大統領が就任してから、選挙戦時に掲げた公約を実行しようとはしているものの悉く実行できず、更にオバマケア代替法案を撤回せざるを得なくなる等、トランプ政権の政策実行能力が疑われつつある状況になってきていますが、ここへきて更にトランプ大統領が指名した連邦最高裁判事の候補者を議会が承認するのか不透明感が増し、トランプ政権が税制改革などの経済政策を実行に移せるのか?と言う懸念が更に強まってきています。


トランプ政権の人事は異例とも言える程遅れていますが、人事が固まらないから政策も実行出来ないという悪循環に入ってしまっており、また、議会とも対立してしまっている為、政権が機能不全に陥りつつあり、税制改革を含めた政策の早期実現が非常に困難な状況にあると言えます。


トランプ大統領を補佐し、議会等との調整をして行く政治力のある人材がいないという事になるのだと思われますが、現状を見る限り、当初3月初めまでに『目を見張るような』税制改革を発表するとしていたものの4月になっても何も出てきておらず、『就任してから何してたの?』と言う状況になってきています。


ウォール街とワシントンとでは違うと言ってしまえばそれまでですが、ビジネスマンと政治家の違いを政権幹部が理解しないと政策実行は厳しいのではないかと言う気がします


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年04月04日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:111.367

高値:111.581

安値:110.849

終値:110.883

-48.4pips(高値から安値:73.2pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


110.165

チャート画像青の点線

中期下落トレンドの直近安値。


110.244~110.757

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯


110.824~111.275

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、4月3日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


111.038~111.390

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、4月3日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


111.254~111.516

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯


111.746~112.487

チャート画像緑の実線のボックス

中期トレンドの支持帯でしたが、3月22日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


112.372~112.822

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


113.001~113.449

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


113.515~113.897

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月15日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


113.654~114.060

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月15日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


113.674~114.606

チャート画像緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月15日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


114.307~114.671

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月15日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


114.505~115.158

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


114.584~114.830

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


115.420

チャート画像ピンクの点線

中期トレンドの直近高値。


4月3日のドル円相場は、寄り付き~東京時間OPにかけてビミョーに反発しましたが、その後は一転して下落、110代で引ける形となりました。


チャートを見ると短期上昇トレンド(青い線で描いた波)のラス押し安値であった『111.038』を下方にブレイク、短期上昇トレンドの流れを崩しています。


中期トレンド(オレンジ色の線で描いた波)は下落トレンドにあり、昨日の記事で書いたように『押し目買い・戻り売りと言うのは、主要なトレンドに対してひとまわり小さい・ひとつ下位のトレンドが一旦逆行し、再度主要なトレンドの方向性と合致したタイミングで売買を仕掛ける事を言う。』と言う事になりますので、そのタイミングのあった1日であったと言えます。


次の焦点は、『中期下落トレンドが継続するか否か?』と言う事になります。


中期下落トレンドが継続していく為には、中期トレンドの直近安値『110.165』を下に抜いて行く必要性がありますが、このレベルには支持帯が重なるようにして存在しており、これを足掛かりに買ってくる参加者もいると思われます。


中期トレンドの直近安値『110.165』の下抜けに失敗すると中期トレンドがダブルボトムになるという事になるわけですが、相場と言うのは波が『W(及びM)』になるか?『N(及び逆N)』になるか?と言う事を見極めてポジションを取って行く事が基本で、意外と単純なものであったりします。


相場を小難しく考えるよりも、チャートを俯瞰して波が『W(及びM)』になるか?『N(及び逆N)』になるか?と言う事を見極めていく方が簡単に勝ちに近づけますので、イマイチ勝てないという方はそういう視点で相場を見てみると良いかも知れません。

ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年04月04日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:118.687

高値:119.037

安値:118.118

終値:118.304

-38.3pips(高値から安値:91.9pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


118.284

チャート画像緑の点線

中期トレンドの直近安値でしたが、4月3日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


118.685~118.985

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


118.728~119.421

チャート画像緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯でしたが、4月3日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


119.160~119.766

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


119.533~120.354

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


120.017~120.408

チャート画像緑の点線のボックス

短期トレンドの支持帯でしたが、3月22日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


120.082~121.102

チャート画像緑の実線のボックス

中期トレンドの支持帯でしたが、3月22日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


120.444~120.054

チャート画像緑の点線のボックス

短期トレンドの支持帯でしたが、3月22日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


120.745~121.693

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


121.243~122.224

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


121.327~121.812

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月17日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


122.234~122.499

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


122.865

チャート画像ピンクの点線

中期トレンドの直近高値。


4月3日のユーロ円相場は、寄り付き~欧州時間OP前後にかけて少し反発しましたが、その後は大きく下落、118代前半で引けています。これでユーロ円は5日続落と言う事になりました。


中期トレンド(オレンジの線で描いた波)は、下落トレンドの形状にあり、昨日の値動きによって、2月24日から存在していたサポートライン『118.284』を下方にブレイクしています。これが一種のオーバーシュートなのかどうかは今の段階では分かりませんが、安易に買って行くのは危険と言う事は出来ようかと思われます。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年04月04日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.06593

高値:1.06803

安値:1.06416

終値:1.06678

+8.5pips(高値から安値:38.7pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.04984

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


1.05043~1.05241

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月3日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.05417~1.05255

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月3日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.05297~1.06243

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.05739~1.05929

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.06030~1.07115

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.07085~1.07368

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月30日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.07273~1.07804

チャート画像緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月30日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.07451~1.07709

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.07610~1.08163

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月29日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.08515~1.08674

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.08933

チャート画像ピンクの点線

中期トレンドの直近高値。


4月3日のユーロドル相場は、高値・安値の差が40pipsも無いような値動きで非常に小動きとなりました。


1.06030~1.07115』の支持帯の中で方向感なく漂っているかのような値動きとなっていますが、高値・安値が少しづつ切り下がっている事も見て取れます。引き続き、『1.06030~1.07115』の支持帯をどちらへ抜けて行くかを見ながら、中途半端な所で入らないように気を付けて行くという事で良いように思われます。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:50 【日本】 3月マネタリーベース(前年同月比)

10:30 【オーストラリア】 2月貿易収支

13:30 【オーストラリア】 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表

17:30 【英国】 3月建設業購買担当者景気指数(PMI)

18:00 【ユーロ】 2月小売売上高(前月比)

18:00 【ユーロ】 2月小売売上高(前年同月比)

21:30 【米国】 2月貿易収支

21:30 【カナダ】 2月貿易収支

23:00 【米国】 2月製造業新規受注(前月比)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事