草が燃えただけでも大幅に円高になる事も。それが地政学的リスク

投稿日時:2017年04月12日 07:15

4月11日の為替市場は、円高が進んだ1日となりました。特に終盤のNY時間に円高が進んだ形となっていますが、直接のきっかけは『モスクワの飛行場で黒煙が上がっている』との報道が流れた事がキッカケでしたが、この黒煙は付近の草地やゴミが燃えていただけで、何らかの事態が起こったというわけではなかったようです。


この所、米軍によるシリアへの攻撃や北朝鮮情勢を巡り、世界的に地政学的なリスクが高まっており、こういった情勢下では草が燃えただけでも大きな円高を引き起こす事があるという事であり、投資家心理というモノの繊細さを示すものという事になろうかと思います。


実際問題として、地政学的なリスクの高まりは確かに存在し、ホワイトハウスのスパイサー報道官は『トランプ大統領が北朝鮮に対し、特定の行動を許容しない考えを明確にした』と明らかにする等、東アジアの情勢は風雲急を告げてきています。


北朝鮮は、アメリカが先制攻撃をしてくる構えを見せれば核攻撃を行う等と言っていますが、もし、それをやれば北朝鮮は世界中の国家から袋叩きにあって確実に滅亡すると思われますが、マネーと言うのは本来臆病なモノなので、資産の逃避先を探し当てる能力が問われる相場になってくる可能性も有ろうかと思われます。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年04月12日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:110.929

高値:110.929

安値:109.595

終値:109.596

-133.3pips(高値から安値:133.4pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


110.165

チャート画像緑の点線

中期下落トレンドの安値のラインでしたが、4月11日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


110.244~110.757

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、4月11日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


110.286

チャート画像青の点線

中期下落トレンドの直近安値のラインでしたが、4月11日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


111.254~111.516

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯


111.746~112.487

チャート画像緑の実線のボックス

中期トレンドの支持帯でしたが、3月22日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


112.105

チャート画像ピンクの点線

中期トレンドの直近高値。


112.372~112.822

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


113.001~113.449

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


113.515~113.897

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月15日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


113.654~114.060

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月15日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


113.674~114.606

チャート画像緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月15日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


114.307~114.671

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月15日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


114.505~115.158

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


114.584~114.830

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


4月11日のドル円相場は、大きく下落する格好となりました。110を割り込み、109代中盤で引けています。ドル円が109代で引けるのは、昨年11月以来の事になります。値動きとしても始値=高値で、終値と安値が0.1pipsしか変わらず、非常に弱い動きをしたと言えます。


チャートを俯瞰すれば、ダブルボトムの形成に失敗、『111.254~111.516』の抵抗帯に当たって下落、『110.165~110.286』の支持帯群を下方にブレイクして行ったという事になります。


110.165~110.286』の支持帯群の辺りで逆張りをするというトレードもナシと言うわけではなく、逆張りをしても良かったと言えますが、その場合、しっかりと損切りをしておく必要性があり、損切りが出来たのであれば、それはそれで良かったと言えます。


110という心理的な節目を破ったわけですが、これが一種のオーバーシュートであるのか?下落トレンドが本格化してくるのかを見極めていくという事になりそうです。

ユーロ/円


ユーロ円1時間足2017年04月12日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:117.540

高値:117.540

安値:116.212

終値:116.221

-131.9pips(高値から安値:132.8pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


117.422

チャート画像緑の点線

中期トレンドの直近安値でしたが、4月11日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


117.490~118.053

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


117.042~117.395

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


118.685~118.985

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


118.728~119.421

チャート画像緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯でしたが、4月3日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


118.756

チャート画像ピンクの点線

中期トレンドの直近高値。


119.160~119.766

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


119.533~120.354

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


120.017~120.408

チャート画像緑の点線のボックス

短期トレンドの支持帯でしたが、3月22日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


120.082~121.102

チャート画像緑の実線のボックス

中期トレンドの支持帯でしたが、3月22日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


120.444~120.054

チャート画像緑の点線のボックス

短期トレンドの支持帯でしたが、3月22日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


120.745~121.693

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


121.243~122.224

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


121.327~121.812

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月17日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


122.234~122.499

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


4月11日のユーロ円相場は、大きく下落する格好となりました。117を割り込み、116代前半で引けています。ドル円と同様にNY時間以降に下落の勢いが加速しましたが、非常に弱い動きをしました。


チャートを見ると中期トレンド(オレンジ色の線で描いた波)は、下落トレンドの形状にあり、寄り付きから~東京時間の段階で中期トレンドの直近安値のライン『117.422』を下方にブレイクしていました。


その後、プルバックが入って、『117.422』のラインに当たってから(チャート画像白い楕円の部分)下落が本格化して行った格好になっています。サポートラインをブレイクした後のプルバックを待って仕掛けるというセオリー通りの値動きをした為、ドル円に比べ、ユーロ円の方が仕掛けやすかったという事は言えるかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年04月12日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.05950

高値:1.06293

安値:1.05778

終値:1.06032

+8.2pips(高値から安値:51.5pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.05739~1.05929

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.05747

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


1.05835~1.06041

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.06030~1.07115

チャート画像緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯でしたが、4月7日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.06412~1.06797

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.06700~1.06968

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.07085~1.07368

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月30日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.07273~1.07804

チャート画像緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月30日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.07451~1.07709

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.07610~1.08163

チャート画像緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯でしたが、3月29日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.08515~1.08674

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.08933

チャート画像ピンクの点線

中期トレンドの直近高値。


4月11日のユーロドル相場は、それほど大きな値動きとはならず、終値ベースで見ればほぼイッテコイ的な値動きとなって引けています。


小さな変化ではありますが、短期トレンド(青い線で描いた波)が高値・安値切り上げの状態となってきており、短期トレンドの方向性に変化が生じています。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:50 【日本】 3月国内企業物価指数(前月比)

08:50 【日本】 3月国内企業物価指数(前年同月比)

08:50 【日本】 2月機械受注(前月比)

10:30 【中国】 3月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

10:30 【中国】 3月生産者物価指数(PPI)(前年同月比)

18:30 【英国】 2月失業率(ILO方式)

18:30 【英国】 3月失業保険申請件数

18:30 【英国】 3月失業率

20:00 【米国】 MBA住宅ローン申請指数(前週比)

20:00 【南アフリカ】 2月小売売上高(前年同月比)

21:30 【米国】 3月輸入物価指数(前月比)

21:30 【米国】 3月輸出物価指数(前月比)

23:00 【カナダ】 カナダ銀行 政策金利

27:00 【米国】 3月月次財政収支


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事