トランプ政権の税制改革案概要発表も不透明な内容に

投稿日時:2017年04月27日 07:06

トランプ政権は26日、法人税減税や海外利益に対する税率引き下げなどを柱とする税制改革案の概要を発表しました。


同改革案では、公的企業の法人税率を35%から15%に引き下げ、小規模事業や個人事業主を含むパススルー事業への最高税率については、現行の39.6%から15%に引き下げる。


海外還流利益の税率については、現行の35%から大幅に引き下げることを検討するとの事です。


ムニューシン長官は同改革案を『中核となる基本指針』とし、これをたたき台に議会を通過する法案の作成に向けてつめていく意向を示しました。


たたき台の段階と言う事で、これから議論をして詰めていくという事になるわけですが、今の所、市場はそれほど好感してはおらず、やや失望感をもって受け止めたという事になろうかと思います。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年04月27日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:111.066

高値:111.770

安値:110.866

終値:111.034

-3.2pips(高値から安値:90.4pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


108.186

チャート画像青の点線

短期トレンドの直近安値。


108.362~108.580

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯


108.398~109.122

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯


108.749~10.279

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月20日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


108.785~109.041

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯


108.918~109.082

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月20日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


108.976~109.408

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯


109.412~109.820

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月24日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


109.623~110.581

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯


111.254~111.516

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


4月26日のドル円相場は、寄り付きから上昇、一時『111.770』を付ける局面もありましたが、引けにかけて反落、ほぼイッテコイとなって引けています。


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は、安値・高値切り上げの状態になっており、ダウ理論的に言う上昇トレンドの形状にあります。


昨日については、エントリーポイントは特になく、一昨日あるいはそれ以前にロングのポジションを持っていた場合、利食いを検討しても良いかというレベルに差し掛かってきた一日であったと言えようかと思います。


チャート画像白い楕円の部分で頭を抑えられた格好になっていますが、私はその手前のピンクの点線『111.468』をとりあえずの利食い目標と定めていましたので、ここで利食っています。


111.468』のラインは、4月10日~4月17日にかけての下落の起点となったラインで、この辺りには売りたい参加者も多いのではないか?と言う事で、将来的にこのレベルを上抜いて行くとしても、一旦は止められるのではないか?との考えで、利食いの目標としていたわけですが、殊の外勢いが強く、ひとつ上の抵抗帯まで行ってしまった感じになっています。


この所の値動きによって、支持帯・抵抗帯が大分整理されてきましたが、当面は『111.746~112.487』と『109.623~110.581』を軸に見て行くという事になりそうです。


111.746~112.487』の抵抗帯は、元々は2月7日~3月22日まで機能してきた支持帯で、戻ってきた時に意識されやすいレベルという事は言え、サポレジ転換の可能性のあるレベルという事になります。


一方、『109.623~110.581』は直近の中期上昇トレンドのラス押し安値を含む支持帯で、本日寄り付き時点での状況としては、『111.746~112.487』の下辺と『109.623~110.581』の上辺に挟まれたエリアのちょうど中間辺りをフラフラしている状態にあります。


中途半端な所で入ってしまうとつまらない負け方をしてしまう公算が高くなりますので、売るにせよ買うにせよ、中途半端な所で入らないようにする事が必要です。

ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年04月27日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:121.316

高値:121.967

安値:120.903

終値:121.063

-25.3pips(高値から安値:106.4pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


114.902

チャート画像青の点線

短期トレンドの直近安値。


116.011~116.463

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月19日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


116.517~116.874

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯


116.518~117.593

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯


117.422~118.756

チャート画像緑の実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月24日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


117.490~118.053

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月24日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


118.685~118.985

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月24日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


119.016~120.751

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯


119.253~119.790

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月25日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


121.243~122.224

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


4月26日のユーロ円相場は、上下に振らされる展開となりました。安値から高値の値幅が100pips以上ありましたので、荒い値動きだったと言えようかと思います。


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は、安値・高値切り上げの状態になっており、ダウ理論的に言う上昇トレンドの形状にあります。


121.243~122.224』の抵抗帯の中での値動きとなっていますが、抵抗帯の中では売りたい参加者もいるという事になるのかなと言う感じがしますが、パッと見の印象として、中途半端な所から売りが入っている感が否めず、また、抵抗帯の下限(チャート画像白い楕円の部分)は素通りに近い感じの値動きになっているので、抵抗帯の下限については、サポレジとしての力はないような感じがします。


差し当たり、当面注目されるラインを探して、ゾーニングをして行かなければならないわけですが、『119.016~120.751』の上辺の『120.751』と『121.243~122.224』の上辺の『122.224』辺りを軸に見て行くという事になろうかと思われます。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年04月27日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.09238

高値:1.09500

安値:1.08549

終値:1.09024

-21.4pips(高値から安値:47.6pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.05739~1.05929

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.05835~1.06041

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.05926~1.06278

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.06040~1.06724

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.06388~1.06626

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.06412~1.06797

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月18日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.06700~1.06968

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月18日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.06868~1.07691

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.07451~1.07709

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、4月24日の値動きによって下方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.08373~1.08700

チャート画像青の点線のボックス

4月24日~25日にかけて形成されていたレンジ。


1.08373~1.09190

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


4月26日のユーロドル相場は、下落基調での推移となりましたが、引けにかけて少し戻して引けています。


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は、安値・高値切り上げの状態になっており、ダウ理論的に言う上昇トレンドの形状にあります。


チャートの形状としては、白い楕円の部分でダブルトップを形成して下落、旧レンジの上限付近(下の白い楕円)で反発と言う形になっています。


昨日、レンジブレイクで買った人は、ネックラインを下抜けてしまった時点で利食っておく必要があります。レンジ上限での反発で買い直しても良かったかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


--:-- 【日本】 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

08:50 【日本】 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)

08:50 【日本】 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)

10:30 【オーストラリア】 1-3月期四半期輸入物価指数 (前期比)

15:00 【スイス】 3月貿易収支

15:30 【日本】 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

18:00 【ユーロ】 4月消費者信頼感(確定値)

20:45 【ユーロ】 欧州中央銀行(ECB)政策金利

21:30 【米国】 前週分新規失業保険申請件数

21:30 【米国】 3月耐久財受注(前月比)

21:30 【米国】 3月耐久財受注・輸送用機器除く(前月比)

21:30 【ユーロ】 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

23:00 【米国】 3月住宅販売保留指数(前月比)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事