米雇用統計は軟調。6月利上げどうなる?

投稿日時:2017年06月05日 07:00

6月2日の為替相場は、米雇用統計の結果を受け、ドル安となりました。


非農業部門雇用者数は、138,000人増と言う結果で、市場予想の185,000人増を下回りました。失業率は4.3%となっています。


市場では、6月利上げを断念するほどの内容ではないとする見方もありますが、これを受けてイエレン議長がどういった判断を降すのかに注目が集まります。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年06月04日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:111.340

高値:111.702

安値:110.324

終値:110.431

-90.9pips(高値から安値:137.8pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


109.623~110.581

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯


110.318

青の点線のライン

中期トレンドの安値


110.528~110.708

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


111.235~111.408

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


111.640

ピンクの点線

中期トレンドの高値


111.960~112.229

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


112.034

ピンクの点線

中期トレンドの高値


6月2日のドル円相場は、米雇用統計の結果を受けて下落、110円台前半で引けています。


イベントを受けての値動きですので、特にいう事はない感じですが、5月31日からの上昇分以上に下落した格好となり、直近の安値ラインを下抜いています。


毎月、この時期になると同じ事を書いていますが、雇用統計などの大きなイベントの時は、発表前からどちらかに賭けておくのはギャンブル以外の何物でもないので、発表前にはポジションを落として無駄なリスクを取らないように気を付けましょう。


イベント時にトレードをするかどうかは、個々の考え方次第ですが、ひとつ言える事は、イベント時にトレードをして勝つ為にはイベント時のトレードの為の訓練や経験というモノが必要で、通常時の分析やトレードとはまた違った技術を習得している必要がありますので、考え無しにイベント時に参戦してしまうと値動きが大きい上に速いので、想定外の損失を被る可能性もありますので、自身のある方以外はトレードを控えた方が無難かと思います。


イベントが通過した後で、波を捉えてポジションを取って行っても遅いという事はありませんので、無駄な損失を被らないようにする事を優先しましょう。

ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年06月04日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:124.813

高値:125.298

安値:124.417

終値:124.561

-25.2pips(高値から安値:88.1pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


122.250~122.565

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


122.668

青の点線

中期トレンドの安値


123.258

青の点線のライン

中期トレンドの安値


123.760~124.230

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


124.209~124.557

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


124.744~125.043

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


125.223

ピンクの点線

中期トレンドの高値


125.729

ピンクの点線

中期トレンドの高値


6月2日のユーロ円相場は、雇用当家の結果を受けてドル円に連れ安、124円台ミドルで引けています。


イベントを受けての値動きですので、トレードはお休みで良かったかと思いますが、短期トレンド(ブルーのラインで描いた波)のラス押し安値ラインを下抜いており、短期トレンドの方向性に変化が生じています。


不用意な買いは危険ですので、注意が必要です。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年06月04日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.12113

高値:1.12844

安値:1.12043

終値:1.12798

+68.5pips(高値から安値:80.1pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.10846~1.11122

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.10885~1.11639

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.11080~1.11291

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.11153

青の点線のライン

中期トレンドの安値


1.11628~1.11863

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.11671~1.11899

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.11877~1.12232

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.12051~1.12464

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.12576

ピンクの点線

中期トレンドの高値


6月2日のユーロドル相場は、米雇用統計の結果を受けて急騰、1.12ドル代後半で引けています。


イベントを受けての値動きですので、トレードはお休みで良かったと思いますが、イベントを受けての値動きによって、中期トレンドの直近高値ラインを上抜いています。


本日以降、波の方向性を見ながら、入れるタイミングをはかって行くという事で良いかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


10:45 【中国】 5月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)

17:30 【英国】 5月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)

21:30 【米国】 1-3月期四半期非農業部門労働生産性・改定値(前期比)

23:00 【米国】 5月ISM非製造業景況指数(総合)

23:00 【米国】 4月製造業新規受注(前月比)

23:00 【米国】 5月米労働市場情勢指数(LMCI)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事