英与党過半数割れでポンド急落

投稿日時:2017年06月11日 07:17

6月9日の為替市場は、英国での選挙結果を受け、ポンドが急落しました。


いつもの事と言えばそれまでなのですが、ポンドの値幅は凄まじい値幅が出るので、事故的な感じで突発的な値動きに巻き込まれてしまった場合のダメージは計り知れないものがありますので、ポンドをトレードしている方は、こういう時だからこそ、いつも以上に損切りを徹底して、想定外の大損失を喫する事の無いように注意が必要です。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年06月11日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:109.958

高値:110.802

安値:109.751

終値:110.319

+36.1pips(高値から安値:105.1pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


108.976~109.408

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯


109.156~109.576

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


109.430~109.932

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯


109.867~110.221

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯


110.339~110.638

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯


110.528~110.708

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


110.528~111.640

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯


111.471~111.873

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯


112.034

ピンクの点線

中期トレンドの高値


6月9日のドル円相場は、寄り付きからNY時間にかけて上昇、一時『110.802』を付け111円代を窺おうかという勢いを示しましたが、引けにかけて反落110円代前半で引けています。


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は、高値・安値切り下げのダウ理論的に言う下落トレンドの状態にあり、短期トレンド(ブルーのラインで描いた波)は、高値・安値切り上げの下落トレンドの形状にあります。


俯瞰すれば、中期下落トレンドに対して、短期トレンドが逆行している状態にあると見る事が出来ます。


現段階でのロングは、中期トレンドの流れに沿っていない為、ややおっかなびっくり買って行く感じになりがちですが、中期トレンドが反転しない限り、買いは考えないという事であっても良いですし、中期トレンドの方向性を頭にいれながら、逃げる準備をしつつ買って行くという事であっても良いかと思います。

ユーロ/円


ユーロ円1時間チャート2017年06月11日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:123.339

高値:123.852

安値:122.803

終値:123.509

+17.0pips(高値から安値:104.9pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


122.250~122.565

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


122.668

青の点線

中期トレンドの安値


122.695

青の点線

中期トレンドの安値


123.252~123.714

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯


123.760~124.230

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


124.209~124.557

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


124.402~124.621

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


124.744~125.043

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


125.223

ピンクの点線

中期トレンドの高値


125.729

ピンクの点線

中期トレンドの高値


6月9日のユーロ円相場は、寄り付きから東京時間OPにかけて下落、一時123円を割り込み『122.803』を付けましたが、東京時間以降は反発、『123.852』を付け124円代を窺おうかという勢いでしたが、引けにかけて少し下げて、123代中盤で引けています。


引き続き122.695~125.223』の方波の中での値動きが継続していますが、方向感の無い値動きになってきており、難しい相場になってきています。


無理にエントリーするとつまらない負け方をしがちな状態になってきているように思えますので、分かり易い状態になるまで安易に触らないという事で良いかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年06月11日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.12134

高値:1.12363

安値:1.11656

終値:1.11953

-18.1pips(高値から安値:70.7pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.10846~1.11122

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.10885~1.11639

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.11080~1.11291

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.11153

青の点線のライン

中期トレンドの安値


1.11628~1.11863

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.11671~1.11899

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.12051~1.12464

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.12113~1.12669

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.12813

ピンクの点線

中期トレンドの高値


6月9月のユーロドル相場は、1.12を挟んだ値動きとなりました。僅かに1.12を割り込んで引けています。


俯瞰すれば、1.11571のサポートラインから1.12113レジスタンスラインの間での値動きとなりました。一種のレンジ相場と言う事で、逆張り有利な相場であったかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:50 【日本】 4月機械受注(前月比)

08:50 【日本】 5月国内企業物価指数(前月比)

08:50 【日本】 5月国内企業物価指数(前年同月比)

27:00 【米国】 5月月次財政収支


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事