ECB理事会議事録公表でユーロ買い

投稿日時:2017年07月07日 09:37

7月6日の為替市場は、ドル円→ ユーロ円↑ ユーロドル↑ と言った値動きとなり、ユーロ買いの方向性の1日となりました。


ユーロ買いの材料となったのは、先月8日のECB(欧州中銀)理事会議事録が公表され、『インフレ見通しが改善すれば緩和的なバイアスが見直される可能性』・『緩和的バイアスの再検討を議論』等が議論された事が明らかとなった事で、緩和縮小観測の高まりからユーロ買いが優勢となった形となっています。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年07月07日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:113.253

高値:113.463

安値:112.878

終値:113.201

-5.2pips(高値から安値:58.5pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


110.670~111.377

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


110.972~111.717

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


111.427~111.676

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


111.471~111.873

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


111.584~111.961

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


111.826~112.843

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


112.104~112.590

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


113.147~113.816

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


113.253~113.667

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


113.325~113.641

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


7月7日のドル円相場は、上下に振らされたものの値幅自体はそれほど大きくなく、終わってみれば寄り引け同時線に近しい形状となって引けています。


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は、安値・高値切り上げのダウ理論的に言う上昇トレンドの状態にあります。


本日の夜には米雇用統計の発表が予定されています。


基本的には様子見、内容だけ見て休んでしまっても良いかと思います。毎月この時期になると同じような事を書いていますが、雇用統計の結果に賭けて事前にポジションを仕込んでおくような事は慎みましょう。


ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年07月07日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:128.563

高値:129.404

安値:127.986

終値:129.279

+71.6pips(高値から安値:141.8pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


123.703~124.633

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


123.904~124.408

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


124.402~124.621

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


124.875~125.215

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


125.223

緑の点線

中期トレンドの高値。サポレジ転換の可能性アリ。


125.729

緑の点線

中期トレンドの高値。サポレジ転換の可能性アリ。


126.970~127.596

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


127.567~128.647

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


127.965~128.326

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


128.039~128.940

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


7月6日のユーロ円相場は、寄り付き~欧州時間OP前後にかけて下落したもののそれ以降は反発、129円代に乗せて引けています。


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は、安値・高値切り上げのダウ理論的に言う上昇トレンドの状態にあります。


現在、ダウ理論の分類で言えば『利食い期』、エリオット波動理論のカウントで言えば5波進行中と言った状態にありますが、本日夜には米雇用統計が予定されており、下の方から買っているという人も雇用統計前にはエグジットしておくという事で良いかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル2017年07月07日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.13507

高値:1.14241

安値:1.13291

終値:1.14218

+71.1pips(高値から安値:95.0pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.10846~1.11122

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.10885~1.11639

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.11080~1.11291

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.11153

青の点線のライン

中期トレンドの安値


1.11229

青の点線のライン

中期トレンドの安値


1.11415~1.12056

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.11424~1.11753

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.11628~1.11863

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.11764~1.11999

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.11794~1.12105

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.12786

緑の点線

中期トレンドの高値。サポレジ転換の可能性アリ。


1.12813

緑の点線

中期トレンドの高値。サポレジ転換の可能性アリ。


1.13312~1.13524

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.13416~1.13661

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.14019~1.14244

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


7月6日のユーロドル相場は、上昇の流れでの推移となりました。1.14ドル代に乗せてクローズしています。


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)に明確なトレンドはない状態ですが、高値切り上げの状態にはなっておりダウ理論の分類で言えば『先行期』にある可能性があります。


ここ数日、短期下落トレンド(ブルーのラインで描いた波)に対して引いた切り下げラインブレイクのタイミングを待っていたわけですが、ついにそのタイミングが訪れました。


白い楕円の『EP』がそれになりますが、このタイミングは、短期トレンドが安値・高値切り上げの形状となった上に直近の短期下落トレンドに対して引いたトレンドラインを崩したタイミングでもあるという事で、優位性の高いエントリーポイントであったという事が言えます。


懸念点を一つ上げるとすれば、本日夜に雇用統計が予定されている事から、長く持っていられないポジションと言う事は言えますので、サッと入ってサッと出るという事であればエントリーしても良いポイントであったかと思います。


ちなみに私はエントリーをして、今朝の寄り付きで利食っています。


本日ですが、夜に米雇用統計が予定されています。ポジションを持っている人はそれまでに利食ってポジションをスクエアに戻してイベントに臨みましょう。イベントの日はトレードしないという事であれば、今日はお休みにして3連休と言う事でも構わないと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


09:00 【日本】 5月毎月勤労統計調査-現金給与総額(前年同月比)

14:00 【日本】 5月景気先行指数(CI)・速報値

14:00 【日本】 5月景気一致指数(CI)・速報値

14:45 【スイス】 6月失業率

17:30 【英国】 5月貿易収支

17:30 【英国】 5月鉱工業生産指数(前月比)

17:30 【英国】 5月製造業生産指数(前月比)

21:30 【米国】 6月非農業部門雇用者数変化(前月比)

21:30 【米国】 6月失業率

21:30 【米国】 6月平均時給(前月比)

21:30 【カナダ】 6月失業率

21:30 【カナダ】 6月新規雇用者数

23:00 【カナダ】 6月Ivey購買部協会指数


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事