ECB政策金利発表&ドラギ総裁会見。出るか?スーパーマリオバズーカ

投稿日時:2017年07月20日 09:55

7月19日の為替市場・主要3通貨ペアは、終値ベースで見ればユーロ売りの方向性となりました。


材料の上では、FRBの利上げ先送り観測やトランプ政権の政策遂行能力への懸念などを背景に米十年債利回りが低下した事を受けてドル売りになったり、原油高の影響で米株が持ち直した事を受けてドル円に下げ止まりの兆候が見られたりと言った感じでしたが、ユーロに直接の材料が出ているわけではないのにチャートの上で言えばユーロ売りだったという事で、少なくとも昨日に関しては市場はファンダメンタルズを気にして動いているわけではないと言った値動きとなっています。


さて、本日はECBの政策金利発表並びにドラギ総裁の会見が予定されています。


今日はファンダメンタルズ重視で動いてしまう可能性もありますので、ユーロ絡みの通貨ペアの場合は特にイベント前にはポジションをスクエアに戻してイベントを迎えるようにしましょう。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年07月20日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:112.053

高値:112.225

安値:111.546

終値:111.955

-9.8pips(高値から安値:67.9pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


110.972~111.717

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


111.427~111.676

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


111.584~111.961

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


111.809~112.135

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


111.826~112.843

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


112.062~112.294

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


112.104~112.590

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


112.302~112.798

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


112.910~113.470

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


112.930~113.632

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


113.361~113.529

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


113.206~113.399

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


113.674~114.606

緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


113.817~113.958

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


114.307~114.671

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


114.466

ピンクの点線

中期トレンドの高値。


7月19日のドル円相場は下落の流れでの推移となりましたが、引けにかけて少し戻す展開となった事で、終値ベースで見れば小さく下落して引ける結果となっています。


中期トレンド(オレンジラインで描いた波)は、高値・安値切り下げのダウ理論的に言う下落トレンドの形状にあります。


ここ数日懸案であった『111.826』のラインを一時的に破る局面がありましたが、終値では『111.826』の上に出て引けており、破ったかどうか?と言う意味では少し微妙な状況にあります。


本当に破ったと見て良いかどうか?という点に関しては、短期下落トレンドが安値更新をするかどうかで見極めるという事になりそうです。


また、中期下落トレンドに対して引いたトレンドライン(紫のトレンドライン)の上抜けを試してきそうな情勢になりつつあり、トレンドラインの上抜けでロングするかどうか?と言う事とは別として、そうなった場合には上の方から売っている人は利食いを考えても良いかなとは思います。


ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年07月20日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:129.466

高値:129.526

安値:128.566

終値:128.904

-56.2pips(高値から安値:96.0pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


127.567~128.647

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


127.965~128.326

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


128.039~128.940

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


129.100~129.387

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


129.975~130.327

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


130.711

緑の点線

中期トレンドの高値。サポレジ転換の可能性アリ。


7月19日のユーロ円相場は、下落の流れでの推移となりました。129円を割り込み、128円代で引けています。


一昨日にレンジの上限であった『129.481』を上方にブレイクしたものの結果的にダマシとなって下落して行った形になっています。


レンジブレイクでエントリーして負けてしまったという方もいらっしゃる(※私もそうです)と思いますが、トレードにダマシは付き物なので、ダマシの回が来てしまったという事でそれは仕方ないと言えます。


問題は、どこで諦めるか?どこで負けを認めて損切りするか?の方で、そこをしっかり出来てさえいれば良いという事になります。


レンジの上限であった『129.481』を上方にブレイクした後、プルバックが入っているので、『129.500』近辺でエントリーが出来たかと思うのですが、『129.481』でプルバックが止まらず、旧レンジの内側へ押し戻されて再反発したもののチャート画像白い楕円の部分でダブルトップのような形状になっています。


このネックラインに対して引いたラインが黄色の水平線になりますが、私はここを下抜けてしまった時点で損切りをしました。レンジの下限の方のラインは生きていたので、下限のラインから再上昇してきて建値以上に戻る可能性も無しとは出来ませんが、短期トレンドが折り返してしまった時点で切っておくという事であれば、この時点で損切りをしてしまって良いかと思います。


また、損切りをするという事はその理由がそのまま新たな売りの理由にもなりますので、ドテンでショートをするという選択肢も無くはなかったと思います。ただ、重複にはなりますが、『128.647』のサポートラインはまだ生きていますので、そこを抜くかどうかは運否天賦な部分もあり、売るとしても短期売買としてそこまでの値幅を取りに行くと言った感じのエントリーであるという自覚を持って売るという事が大切です。


本日はECBの金融政策発表並びにドラギ総裁の会見が予定されています。ポジションを持っている方はそれまでにはポジションをスクエアにしておくという事で良いかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年07月20日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.15530

高値:1.15562

安値:1.15092

終値:1.15143

-38.7pips(高値から安値:47.0pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.13197

青の点線

中期トレンドの安値。


1.13312~1.13524

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.13416~1.13661

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.13825~1.14224

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.13832~1.14849

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.13874~1.14155

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.14093~1.14464

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


1.14399~1.14733

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


7月19日のユーロドル相場は、ほぼ終日にわたって下落する流れとなりました。ロウソク足一本々々はそれほど大きな足が出たわけではないのですが、ダラダラと下げ続けると言った感じの値動きに終始した一日となりました。


昨日は下げる展開だったとはいえ、中期トレンド・短期トレンド共に上昇トレンドの形状にあり、それを崩すと言った所にまでは至っておらず、特にエントリーポイントと呼べるものもありませんでしたので、特にやる事もないと言った感じの1日でした。


本日はECBの金融政策発表並びにドラギ総裁の会見が予定されています。ポジションを持っている方はそれまでにはポジションをスクエアにしておくという事で良いかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


--:-- 【日本】 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

--:-- 【南アフリカ】 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利

08:50 【日本】 6月貿易統計(通関ベース)

10:30 【オーストラリア】 6月新規雇用者数

10:30 【オーストラリア】 6月失業率

13:30 【日本】 5月全産業活動指数(前月比)

15:00 【スイス】 6月貿易収支

15:30 【日本】 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

17:00 【ユーロ】 5月経常収支

17:30 【英国】 6月小売売上高指数(前月比)

20:45 【ユーロ】 欧州中央銀行(ECB)政策金利

21:30 【米国】 前週分新規失業保険申請件数

21:30 【米国】 7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数

21:30 【ユーロ】 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

23:00 【米国】 6月景気先行指標総合指数(前月比)

23:00 【ユーロ】 7月消費者信頼感(速報値)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事