米上院でオバマケアの一部撤去法案が否決。トランプ政権に政策実現能力はあるのか?

投稿日時:2017年07月31日 10:07

先週末金曜日7月28日の為替市場はドル安傾向の一日となりました。


米上院でオバマケアの一部撤去法案が否決される等、トランプ政権の政策実行能力に対する懸念が顕在化しており、第2四半期の米国内総生産(GDP)速報値が年率換算で前期よりも加速しているにも関わらず、ドルを売る動きを止めると言う所にまでは至っていないという状況にあります。


ユーロに関しては金融政策の転換の可能性があり、先高観があるという状況にある為、ドルはどうしても売られやすいという事になるわけですが、いつまでも続くトレンドというモノはありませんので、油断せずにとにかくチャートを見て行くという事で良いかと思います。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年07月31日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:111.223

高値:111.322

安値:110.540

終値:110.676

-54.7pips(高値から安値:78.2pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


110.670~111.377

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


110.699~112.145

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


110.874~111.626

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


110.953~111.308

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


111.613~112.342

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


111.747~112.009

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


111.826~112.843

緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


112.104~112.590

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


112.302~112.798

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


7月28日のドル円相場は、寄り付き~NY時間序盤までは揉み合いの展開でしたが、NY時間に入ると下落の勢いが強まり、111円代を割り込み一時『110.540』迄下落、『110.676』で引けています。


7月24日~7月26日にかけて、少し大きめの上昇の波(チャート画像白い楕円で囲った波)『110.699~112.145』が出現し、この方波の中での値動きとなっていましたが、この方波の下限を破っています。


本日寄り付きの時点においては、中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は高値・安値切り下げのダウ理論的に言う下落トレンドの状態にあります。


基本的には、中期トレンドが下落トレンドの形状にある限り、戻り売りをし続けて行くという事で良いわけですが、永遠に続くトレンドというモノはないので、いつかはこの下落トレンドも終わり、反転する時がきます。そうなった時に戻り売りが失敗して負けてしまうわけですが、それはそれである意味仕方ない事であり一種の必要経費と割り切る事が必要です。


上の方から売ってきて利益が積み上がっているトレーダーさんで一番やってはいけないのは、複利で運用していてトレンド転換点で負けてこれまで積み上げてきた利益を一気に吐き出すという事になりますので、複利で運用する場合にはひとつのトレンドが終わるまでは枚数を増やさず、トレンドが終了してポジションを全て決済してから、次のトレードはどれくらいの枚数でトレードする事が妥当かをよくよく考えた上で枚数を増やすようにしましょう。


ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年07月31日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:129.845

高値:130.394

安値:129.545

終値:130.047

+20.2pips(高値から安値:84.9pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


127.567~128.647

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


127.965~128.326

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


128.039~128.940

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


128.620~129.629

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


128.863~129.233

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


129.433~129.700

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


129.594~129.959

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


今日はいつもよりも長めの期間の写っているチャート画像を持ってきました。


この所のユーロ円は中期トレンドの波形がグダグダで、どちらかと言うと逆張り有利な展開が続いているように思います。


俯瞰すれば、チャート画像白い楕円で囲った『128.651~130.711』の方波の中での値動きになっていると見る事が出来ます。この方波を脱するまでは、触らないという事で良いように思います。


方波の上辺・下辺で逆張りをするという手も無くはありませんが、その場合には水平線の所でバチンと入るというよりも、上限・下限近辺で短期トレンドが折り返すような事があれば入るというくらいに構えておく方が良いのかなと言うように思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年07月31日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.16749

高値:1.17634

安値:1.16705

終値:1.17489

+74.0pips(高値から安値:92.9pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.14399~1.14733

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.14842~1.15800

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.16224~1.16962

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


7月28日のユーロドル相場は、ほぼ終日を通して上昇の流れでの推移となりました。


本日寄り付きの時点においては、中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は高値・安値切り上げのダウ理論的に言う上昇トレンドの状態にあります。


この所のユーロドルは、上がるにしても下がるにしても一方的な感じ値動きが多く、短期トレンドの波形が描きにくい状況が続いています。


短期トレンドの波形が描き肉と言う事は、必然的に支持帯・抵抗帯が中期トレンドのモノだけになり、注目すべき高値・安値が少ないという事になる為、チャートはスッキリしたものになるという良さもあるのですが、エントリーポイントを探す上でのタイミングが取りにくいという問題もあります。


トレンドと言うのは、小さいトレンドから折り返していくものなので、下の方から買っている人も油断せずに短期トレンドの波形に注目して行く必要性があります。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


07:45 【ニュージーランド】 6月住宅建設許可件数(前月比)

08:50 【日本】 6月鉱工業生産・速報値(前月比)

10:00 【ニュージーランド】 7月NBNZ企業信頼感

10:00 【中国】 7月製造業購買担当者景気指数(PMI)

14:00 【日本】 6月新設住宅着工戸数(前年同月比)

15:00 【南アフリカ】 6月マネーサプライM3(前年同月比)

17:30 【英国】 6月消費者信用残高

17:30 【英国】 6月マネーサプライM4(前月比)

17:30 【英国】 6月マネーサプライM4(前年同月比)

18:00 【ユーロ】 6月失業率

18:00 【ユーロ】 7月消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)

19:00 【日本】 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

21:00 【南アフリカ】 6月貿易収支

21:30 【カナダ】 6月鉱工業製品価格(前月比)

21:30 【カナダ】 6月原料価格指数(前月比)

22:45 【米国】 7月シカゴ購買部協会景気指数

23:00 【米国】 6月住宅販売保留指数(前月比)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事