アメリカの政情不安がドル圧迫も市場は次のテーマを探している

投稿日時:2017年08月02日 08:12

8月1日の為替市場は、コレと言う材料は出ませんでしたが、終値ベースで見ればややユーロ売りと言う結果となりました。


アメリカの政情不安からくるFRBの利上げ見通しの不透明感というモノは背景にありますが、その事がいつまでもドルを圧迫するという事もないわけで、市場は常に次のテーマを探していますので、そういった要因を頭に入れておく事は有意義な事ではありますが、あまりにもそれに捉われ過ぎても投資判断を誤りますので、あまり考えすぎず値動きを見てそれに従うという事で良いかと思います。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年08月02日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:110.245

高値:110.582

安値:109.911

終値:110.350

+10.5pips(高値から安値:67.1pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


110.398~110.650

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


110.670~111.377

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


110.699~112.145

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


110.874~111.626

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


110.953~111.308

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


111.613~112.342

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


111.747~112.009

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


111.826~112.843

緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


112.104~112.590

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


112.302~112.798

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


8月1日のドル円相場は上下に振らされる展開となりましたが、終わってみれば寄り付きとほぼ変わらないレベルで引けています。


昨日に関しては、エントリーを検討すべきポイントはありませんでした。


本日寄り付きの時点においては、中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は高値・安値切り下げのダウ理論的に言う下落トレンドの状態にあります。


今週金曜日には米雇用統計が予定されていますので、上の方から売っている人はそれまでにエグジットしておくという事で良いかと思います。


雇用統計を通過するとトレーダーが夏季休暇に入って夏枯れになってきそうな感じがしますが、過去にはチャイナショックのような大きな変動が起きた事もありますので、ポジションを持ったまま休暇に入る場合には損切りの注文だけは入れてから休暇に入るようにしましょう。


ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年08月02日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:130.548

高値:130.586

安値:129.827

終値:130.218

-33.0pips(高値から安値:75.9pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


127.567~128.647

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


127.965~128.326

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


128.039~128.940

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


128.620~129.629

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


128.863~129.233

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


129.433~129.700

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


129.594~129.959

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


130.550

ピンクの点線。

中期上昇トレンドの高値。


8月1日のユーロ円相場は、乱高下の展開となりました。上げ切らず・下げ切らず・・・という表現がぴったりの値動きでしたが、終わってみれば130円代をキープして引けています。


昨日に関しては、エントリーを検討すべきポイントはありませんでした。


ダブルボトムを形成して上昇、ダブルトップを形成して下落、ダブルボトムのネックラインに当たって再上昇・・・と言う値動きになっていますが、短期トレンドの波形がサポレジとしてあまり機能しておらず、短期的な視点としては、下は『129.594』のライン上は『130.550』のラインがサポレジとして機能しており、ざっくりと『129.594~130.550』のレンジの中での推移と考えるという事で良いかと思います。


ただ、レンジを脱しても上下にはまだサポレジがある為、レンジをブレイクしても新しい方向性が見えるか?と言うと少し微妙な部分もあります。


本日寄り付き時点では、中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)に明確な方向性は無い状態にあります。


新たな方向性が見えるまで触らない・・・と言う事がベストアンサーと言う事になろうかと思われますが、次の方向性が上であれ下であれ、それを予想する事にあまり意味はないと思いますので、次の方向性が出るまでは予断を持たずに経過を観察して行くだけで良いと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年08月02日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.18409

高値:1.18434

安値:1.17843

終値:1.18005

-40.4pips(高値から安値:59.1pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.14399~1.14733

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.14842~1.15800

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.16224~1.16962

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.16542~1.17554

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.17240~1.17610

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


8月1日のユーロドル相場は、NY時間に乱高下する場面はあったもののほぼ終日にわたって下落基調の推移となりました。


昨日については、エントリーを検討すべきポイントはありませんでした。


本日寄り付きの時点においては、中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は高値・安値切り上げのダウ理論的に言う上昇トレンドの状態にあります。


今週金曜日には米雇用統計が予定されていますので、下の方から買っている人はそれまでにエグジットしておくという事で良いかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


--:-- 【英国】 英中銀金融政策委員会(MPC)1日目

07:45 【ニュージーランド】 4-6月期四半期失業率

08:50 【日本】 7月マネタリーベース(前年同月比)

10:30 【オーストラリア】 6月住宅建設許可件数 (前月比)

14:00 【日本】 7月消費者態度指数・一般世帯

14:45 【スイス】 7月スイスSECO消費者信頼感指数

16:15 【スイス】 6月実質小売売上高(前年同月比)

16:30 【スイス】 7月SVME購買部協会景気指数

17:30 【英国】 7月建設業購買担当者景気指数(PMI)

18:00 【ユーロ】 6月卸売物価指数(PPI)(前月比)

18:00 【ユーロ】 6月卸売物価指数(PPI)(前年同月比)

20:00 【米国】 MBA住宅ローン申請指数(前週比)

21:15 【米国】 7月ADP雇用統計(前月比)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事