毎日のように出るアメリカの政情不安関連ニュース。それでも投資家はチャートのみを見ていれば良い

投稿日時:2017年08月04日 10:23

8月3日の為替市場は、ドル円↓(-62.2pips) ユーロ円↓(-61.9pips) ユーロドル↑(+13.7pips) と言う値動きとなりました。


主要3通貨ペアとして見れば、円高・ドル安傾向であったと言えようかと思います。ただ、値幅としてはそこまで大きな値幅ではなかったように思います。


昨日は経済指標等の材料も出ましたが、BOEが政策金利の据え置きを決定・ロシアゲート事件を巡る捜査でモラー特別捜査官はワシントンの大陪審を選定の報道と言った所が比較的大きな材料として材料視された部分もありました。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年08月04日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:110.656

高値:110.820

安値:109.849

終値:110.034

-62.2pips(高値から安値:97.1pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


110.104~110.479

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


110.104~110.891

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


110.365~110.782

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


110.670~111.377

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


110.699~112.145

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


110.874~111.626

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


110.953~111.308

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


111.613~112.342

ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


111.747~112.009

緑の点線のボックス

短期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


111.826~112.843

緑の実線のボックス

中期上昇トレンドの旧支持帯。サポレジ転換の可能性アリ。


8月4日のドル円相場は、ほぼ終日にわたって下落の流れとなりました。一時『109.849』を付ける場面もありましたが、辛うじて110円代で引けています。


結果論として見れば、白い楕円の部分で短期トレンド(ブルーのラインで描いた波)がダブルボトムを形成、ネックラインを上抜いて上昇していったものの『110.874~111.626』の中期下落トレンドの抵抗帯の下辺に当たって落ちてきたという値動きになっています。


短期トレンドが下落トレンドの形状になったのは『EP1』の部分ですが、勢いよく突き抜けて行ってしまった感じでしたので、エントリーするのであれば飛び乗りで入るしかないような形でしたので無理にエントリーしなくても良かったように思います。


本日の寄り付きの時点では、中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は高値・安値切り下げのダウ理論的に言う下落トレンドの状態にあります。


中期下落トレンドが崩れるまでポジションをキャリーし続ければ良いわけですが、本日は米雇用統計の発表が予定されておりますので短期売買をしている人は発表前にはエグジットするようにしましょう。そういったイベントも許容するようなスパンでのスタイルで投資をしているという人は持ち続けていても構わないと思いますが、雇用統計の結果いかんによってトレンドの方向性が変わるという事もないとは言えませんので、警戒が必要です。


ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年08月04日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:131.218

高値:131.311

安値:130.450

終値:130.599

-61.9pips(高値から安値:86.1pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


128.620~129.629

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


128.863~129.233

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


129.433~129.700

緑の点線のボックス

短期下落トレンドの旧抵抗帯。サポレジ転換の可能性アリ。


129.594~129.959

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


130.058~130.548

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


130.550

緑の点線。

中期上昇トレンドの高値。サポレジ転換の可能性アリ。


130.838~131.288

ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


8月3日のユーロ円相場は、ほぼ終日にわたって下落の流れでの推移となりました。131円代を割り込み130円代でクローズしています。


昨日については、エントリーを検討すべき局面はありませんでした。


本日寄り付き時点の状況としては、『130.058~130.548の支持帯』 VS 『130.838~131.288の抵抗帯』 と言う構図になっており、『129.625~131.288』の上昇の方波の中の支持帯VS抵抗帯と言う構図と見る事が出来ます。


130.838~131.288の抵抗帯』破るという事がそのまま中期トレンドが上昇トレンドになるという事ですので、そういった意味でも重要な抵抗帯と言う事になりますが、短期トレンドの折り返しに注目して行くという事になろうかと思われます。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年08月04日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.18546

高値:1.18923

安値:1.18297

終値:1.18683

+13.7pips(高値から安値:62.6pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.16224~1.16962

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.16542~1.17554

青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


1.17240~1.17610

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.17976~1.18409

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


1.18239~1.18539

青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


8月3日のユーロドル相場は、寄り付き~東京時間にかけて安値を試す場面もありましたが、概ね終日にわたって上昇傾向での推移となりました。ただ、値幅自体はあまりなかった感じの値動きとなっています。


本日寄り付きの時点においては、中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は高値・安値切り上げのダウ理論的に言う上昇トレンドの状態にあります。


本日は米雇用統計が予定されていますので、下の方から買っている人はそれまでにエグジットしておくという事で良いかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


09:00 【日本】 6月毎月勤労統計調査-現金給与総額(前年同月比)

10:30 【オーストラリア】 6月小売売上高(前月比)

21:30 【米国】 7月平均時給(前月比)

21:30 【米国】 6月貿易収支

21:30 【米国】 7月非農業部門雇用者数変化(前月比)

21:30 【米国】 7月失業率

21:30 【カナダ】 7月新規雇用者数

21:30 【カナダ】 6月貿易収支

21:30 【カナダ】 7月失業率

23:00 【カナダ】 7月Ivey購買部協会指数


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事