米要人の相次いで北朝鮮関連発言。ややヒヨったように見えるが果たして?

投稿日時:2017年08月15日 09:57

8月14日の為替相場は、全体にドル買いとなりました。


ペンス米副大統領は「北朝鮮との対立を平和的に解消するために全てのアメリカの資源とトランプ大統領のエネルギーを注いでいる」などと発言。また、マティス国防長官とティラーソン国務長官は、連名で米紙に寄稿した文章で、北朝鮮が挑発をやめれば交渉する用意があるとの見解を示した事を受けて米朝間の軍事衝突への懸念が幾分やわらいだ事が材料視されています。


ドル/円


ドル円1時間足チャート2017年08月15日


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


ドル/円の値動き


始値:109.107

高値:109.793

安値:109.031

終値:109.596

+48.9pips(高値から安値:76.2pips)


ドル/円のレジスタンスライン


110.953

赤の点線のライン

短期トレンドの旧サポートライン


110.891

ピンクの実線のライン

中期トレンドの戻り高値


110.749

ピンクの点線のライン

短期トレンドの戻り高値


110.329

赤の点線のライン

短期トレンドの旧サポートライン


110.100

ピンクの点線のライン

短期トレンドの戻り高値


109.736

ピンクの点線のライン

短期トレンドのレジスタンスライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ドル/円のサポートライン


109.437

青の点のライン

短期トレンドの押し安値


109.213

緑の実線のライン

短期トレンドの旧戻り高値


108.932

青の実線のライン

中期トレンドの安値


108.785

青の点線のライン

短期トレンドの押し安値


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ドル/円の解説


8月14日のドル円相場は、上昇の流れでの推移となりました。109円代ミドルで引けています。


白い楕円のレンジを上方にブレイクして上昇して行った形となっていますが、レンジ上限のライン『109.213』のすぐ上に『109.339』のラインが存在しているという状況にありました。


レンジを抜けても『109.339』から売りが入ってブレイクがダマシとなる可能性もあり、『109.339』を上抜けした後プルバックが入って(要するに素通りして)『109.213』まで戻ってくるような事があれば買っても良いかな?と言うような感じで構えていたのですが、プルバックが入らずに上昇して行ってしまった為、エントリーに至りませんでした。


結果論から言えば『109.339』はレジスタンスラインとしての力を持っていなかったという事になりますが、それは事前には分からない事であり、分からないからこその慎重な対応だったわけですが、今回に関しては杞憂に終わりエントリーのチャンスを逃すという結果に繋がってしまいました。


本日に関しては中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は下落トレンドの形状にあり、『110.883~108.959』の中期トレンドの方波の中での値動きとなっています。


昨日上昇したとは言え中期トレンドの方向性が崩れたというわけではないので、買っている人は逃げる準備をしながら相場を眺めているくらいの感じでちょうどいいかなと思います。本格的な買い出動はあくまでも中期トレンドの方向性が崩れてからで遅くないと思います。


売りに関しては、短期トレンドがダブルトップになったりとか、波形が折り返したりとかと言った短期トレンドの変化を待ってから入るようにしましょう。


ユーロ/円


ユーロ円1時間足チャート2017年08月15日


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


ユーロ/円の値動き


始値:129.001

高値:129.640

安値:128.908

終値:129.094

+9.3pips(高値から安値:73.2pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


131.007

ピンクの点線のライン

短期トレンドの戻り高値


130.822

ピンクの点線のライン

短期トレンドの戻り高値


130.167

赤の点線のライン

短期トレンドの旧サポートライン


130.058

赤の点線のライン

短期トレンドの旧サポートライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ユーロ/円のサポートライン


129.591

緑の点線のライン

短期トレンドの旧レジスタンスライン


128.970

青の点線のライン

短期トレンドの押し安値


128.103

青の点線のライン

短期トレンドのサポートライン


128.039

青の点線のライン

短期トレンドの押し安値


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ユーロ/円の解説


8月14日のユーロ円は、寄り付きから欧州時間にかけては上昇、その後は下落と言った値動きでほぼイッテコイと言った感じの値動きとなりました。


本日はいつもよりも長い期間が写っている画像を持ってきました。


ユーロ円は中期トレンドの方向性として上昇の流れが続いてきましたが、中期トレンドのラス押し安値ライン(白いライン)を破っており、中期トレンドの方向性に変化が生じています。


だからと言って必ずトレンドが切り替わるというわけではないのですが、しかるべき所で一度戻り売りをしてみて、成功するようであれば持ち続けてみたいと思っています。


本日に関してですが、現状としては『131.288~128.103』の中期トレンドの方波の中での値動きになっています。8月11日から短期上昇トレンドが発生していますが、中期トレンドを崩すというレベルにまでは至っていません。


買いについては高値掴みにならないように警戒しながら、売りについては波形の折り返しを見てからと言う事で良いかと思います。どちらにしても、エントリーは初動で巡航してくれるに越した事はありませんので、サポレジをしっかりと見て、広めの隙間を狙って行くように心掛けましょう。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足チャート2017年08月15日


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.18206

高値:1.18377

安値:1.17691

終値:1.17796

-41.0pips(高値から安値:68.6pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.18841

ピンクの実線のライン

中期トレンドの高値


1.18365

ピンクの点線のライン

短期トレンドのレジスタンスライン


1.17917

赤の点線のライン

短期トレンドの旧押し安値


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.17745

緑の点線のライン

短期トレンドの旧レジスタンスライン


1.17525

青の点線のライン

短期トレンドの押し安値


1.17105

青の実線のライン

中期トレンドのサポートライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※紫のラインは前日の値動きで消滅したもの。説明用に残してあります。


ユーロ/ドルの解説


8月14日のユーロドル相場は寄り付き~欧州時間にかけて揉み合う展開でしたが、欧州時間以降は下落の流れでの推移となり『1.17796』で引けています。


昨日についてはエントリーを検討すべきポイントはありませんでした。


ユーロドルの直近の中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)の方向性は下落トレンドの形状にありましたが、8月11日の値動きによって中期下落トレンドのラス戻り高値ライン(白いライン)を崩しています。このラインはサポレジ転換しなかった感じではありますが、一旦『中期下落トレンドが崩れている』と言う事を頭に入れて考える事が必要です。


下がった所を追随して売ってしまうと安値掴みになる可能性がありますので、売る場合には高い所を慎重にすぐ逃げられるように構えながら、買う場合には広めの隙間を狙って入って少しくらいはガマンして持って中期トレンドの切り替わりに期待するというスタンスで良いかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


10:30 【オーストラリア】 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表

13:30 【日本】 6月鉱工業生産・確報値(前月比)

16:15 【スイス】 7月生産者輸入価格(前月比)

17:30 【英国】 7月消費者物価指数(CPI)(前月比)

17:30 【英国】 7月卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)(前年同月比)

17:30 【英国】 7月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

17:30 【英国】 7月小売物価指数(RPI)(前月比)

17:30 【英国】 7月小売物価指数(RPI)(前年同月比)

21:30 【米国】 7月輸出物価指数(前月比)

21:30 【米国】 7月小売売上高(前月比)

21:30 【米国】 8月ニューヨーク連銀製造業景気指数

21:30 【米国】 7月小売売上高(除自動車)(前月比)

21:30 【米国】 7月輸入物価指数(前月比)

23:00 【米国】 8月NAHB住宅市場指数

23:00 【米国】 6月企業在庫(前月比)

29:00 【米国】 6月対米証券投資(短期債除く)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事