欧・米の材料出るも本命は本日のECB金融政策イベント&ドラギ総裁会見

投稿日時:2017年09月07日 11:16

9月6日の為替市場はやや円安の方向性となりました。


以下のような事柄が材料視されています。


1. フィッシャーFRB副議長退任


FRB(米連邦準備制度理事会)のフィッシャー副議長が任期途中の10月中旬をもって退任すると発表。これを受けて、12月の利上げの可能性が低下するとの思惑からややドル売りに傾く場面がありました。


2. ECB(欧州中銀)関係筋の話


ECB(欧州中銀)関係筋の話として『量的緩和(QE)に関して10月26日まで決定に至る公算は小さい』・『(翌日発表の)スタッフ予測の草案では2018~19年のインフレ見通しを小幅下方修正へ』と報じられる と一時ユーロが弱含む場面がありました。


3. トランプ大統領の発言


トランプ米大統領が『北朝鮮での軍事行動は第1の選択肢ではない』と表明したのに続き、債務上限延長問題についても『3カ月の債務上限延長で合意した』と発表すると、米長期金利が上昇するとともにドル買い・円売りが優勢となりました。債務上限については、トランプ大統領と議会指導部が、ハリケーン『ハービー』の救済に向けた短期歳出との抱合わせで12月15日までの引上げに合意しています。


ドル/円


ドル円日足チャート2017年09月07日
ドル円1時間足チャート2017年09月07日

日足

1時間足


※タブで日足と1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:108.791

高値:109.389

安値:108.441

終値:109.209

+41.8pips(高値から安値:94.8pips)


ドル/円のレジスタンスライン


110.734

ピンクの極太のライン


110.633

ピンクの点線のライン


110.280

ピンクの点線のライン


109.924

赤の点線のライン


109.822

ピンクの点線のライン


109.445

ピンクの点線のライン


109.327

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


109.041

緑の点線のライン


108.747

青の点線のライン


108.575

青の点線のライン


108.461

青の実線のライン


108.402

青の極太のライン


108.398

青の実線のライン


108.362

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


ドル円は4月19日から続く『108.402~114.258』のレンジ(※ヒゲは切ってあります)の中での値動きとなっています。


昨日は『108.402』のラインを試しに来る場面もありましたが、『108.402』の少し手前から反発しています。


【1時間足】


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は8月29日~8月31日の上昇によって下落トレンドを崩ししたものの8月31~9月6日の値動きによって完全にイッテコイとなっています。


日足の考察で述べたように『108.402』には少し届かなかったものの『108.461』のラインから反発しています。


『108.461』の下には『108.402』を含め、断続的にサポートラインが存在しており、逆張りをするのであれば仕掛けやすいレベルであったと言えますが、『108.259』(※年初来安値)辺りにストップロスを置いて逆張りと言う手もなくはなかったかと思いますが、短期トレンドの波形が折り返したわけではないので無理に仕掛けなくても良かったかと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2017年09月07日
ユーロ円1時間足チャート2017年09月07日

日足

1時間足


※タブで日足と1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:129.603

高値:130.384

安値:129.359

終値:130.135

+53.2pips(高値から安値:102.5pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


131.592

ピンクの実線のライン


131.464

ピンクの点線のライン


131.327

ピンクの極太のライン


131.265

ピンクの点線のライン


130.645

ピンクの点線のライン


130.406

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


129.395

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


ユーロ円は4月14日から始まった上昇トレンドが継続しています。


現在は『128.406~131.327』のサポレジの中での値動きになっており、ちょうど中間辺りにいます。買うにしろ売るにしろどちらかのサポレジに引き付けて仕掛けを考えたいので、そういう意味では最も仕掛け難い位置にあると言えようかと思います。


【1時間足】


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)に明確な方向性は無く、現在の値動きは『127.567~131.592』の上昇の方波の中での値動きとなっています。


短期トレンド(ブルーのラインで描いた波)は下落トレンドの形状にあり、昨日は反発の値動きが見られたものの短期下落トレンドを崩すと言う所にまでは至っていません。


本日はECBの金融政策発表並びにドラギ総裁の会見が予定されていますので、ポジションをスクエアに戻してイベントを迎えるようにしましょう。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2017年09月07日
ユーロドル1時間足チャート2017年09月07日

日足

1時間足


※タブで日足と1時間足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.19116

高値:1.19496

安値:1.19021

終値:1.19155

+3.9pips(高値から安値:47.5pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.20593

ピンクの実線のライン


1.19780

ピンクの極太のライン


1.19432

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.19078

青の点線のライン


1.18954

青の点線のライン


1.18782

青の点線のライン


1.18686

緑の極太のライン


1.18570

青の点線のライン


1.18365

緑の実線のライン


1.18206

緑の極太のライン


1.17797

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


ユーロドルは昨年12月から始まった上昇トレンドが継続しており、状況に変化はありません。


【1時間足】


中期トレンド(オレンジのラインで描いた波)は明確なトレンドはない状態にありますが、8月15日~29日にかけての上昇によって中期下落トレンドを崩しており、短期トレンドはどちらとも言えない形状になっています。


昨日は『1.19198』のレジスタンスラインを上方にブレイクしましたが、その後は上がり切らずと言った値動きになっています。


本日はECBの金融政策発表並びにドラギ総裁の会見が予定されていますので、ポジションをスクエアに戻してイベントを迎えるようにしましょう。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:50 【日本】 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)

08:50 【日本】 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)

08:50 【日本】 8月外貨準備高

10:30 【オーストラリア】 7月貿易収支

10:30 【オーストラリア】 7月小売売上高(前月比)

14:00 【日本】 7月景気先行指数(CI)・速報値

14:00 【日本】 7月景気一致指数(CI)・速報値

18:00 【ユーロ】 4-6月期四半期域内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)

18:00 【ユーロ】 4-6月期四半期域内総生産(GDP、確定値)(前期比)

20:45 【ユーロ】 欧州中央銀行(ECB)政策金利

21:30 【米国】 4-6月期四半期非農業部門労働生産性・改定値(前期比)

21:30 【米国】 前週分新規失業保険申請件数

21:30 【ユーロ】 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

21:30 【カナダ】 7月住宅建設許可件数(前月比)

23:00 【カナダ】 8月Ivey購買部協会指数


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事