米税制改革法案とロシアゲート問題に一喜一憂

投稿日時:2017年12月05日 11:40

昨日は全体にそれほど大きな値動きはありませんでした。


米税制改革法案の年内成立への期待から、一時史上最高値を更新していたNYダウ平均が引けにかけて上げ幅を縮小したほか、高寄り後に反落していたナスダック指数は下げ幅を拡大。米長期金利もNY市場序盤の上昇をほぼ吐き出す展開となりました。一部米メディアは『ロシアゲート問題で米調査当局が下院議員2名を捜査へ』と報じており、目先は米税制改革法案とロシアゲート問題に一喜一憂という展開となっています。


ドル/円


ドル円日足チャート2017年12月05日
ドル円1時間足チャート2017年12月05日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:112.762

高値:113.082

安値:112.356

終値:112.379

-38.4pips(高値から安値:72.6pips)


ドル/円のレジスタンスライン


113.156

赤の極太のライン


113.105

ピンクの点線のライン


112.981

ピンクの点線のライン


112.832

ピンクの点線のライン


112.678

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


111.834

青の点線のライン


111.743

青の点線のライン


111.656

緑の点線のライン


111.624

緑の点線のライン


111.555

緑の点線のライン


111.403

青の点線のライン


111.340

青の点線のライン


111.133

青の点線のライン


111.062

青の極太のライン


110.987

青の点線のライン


110.894

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


ドル円は『110.734』のサポートラインの手前から反発、『113.105』のレジスタンスラインを試しに来た展開でしたが、昨日に関しては『113.105』のレジスタンスラインの手前から反落した格好になっています。


黄色の水平線は直近の青の方波に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


日足レベルでは『113.105』迄レジスタンスラインがない状態で、下の方から買っている人は『113.105』を利食い目標としていた人もいらっしゃったかと思うのですが、昨日に関しては届きませんでしたので利食い損ねた人もいらっしゃったかなと思います。


相場の波というものは、上昇と見ている人もいれば下落と見ている人もいるものであり、上昇と見ている人は赤いラインで描いたような波を期待し、売りと見ている人は青いラインで描いたような波を期待しているという事になると思いますが、『折り返すとすればこの辺かな?』という目安がサポレジであったり、フィボナッチリトレースメントで見た戻りの割合であったりするわけです。


極論すれば折り返すポイントを100%当てる事が出来るなら、それは相場の神と言っていいレベルに到達したと言えますが、実際問題としてそれは無理なので100%とはいかずとも出来るだけ当たる可能性が高くなるように頭を使う事がチャートを分析するという事になるわけですが、そういった候補地点を売買双方の目線で見て行くと買う人が多そうなレベル、売る人が多そうなレベル、どっちもいそうなレベルというものがほんのりと分かってきます。


売る場合であれば、買う人が多そうなレベルや買う人も売る人もいそうなレベルで仕掛ける事はあまり得策ではなく、売る人が多そうなレベルで仕掛ける事が大切です。他人が売買したい理由を常に考える姿勢を持つ事が非常に大切です。


【1時間足】


現在のドル円の構図はざっくりと『113.156』のレジスタンスライン、『111.062』のサポートラインに挟まれたエリアでの値動きになっています。


本日寄り付きの段階では、『113.156』の方が近いレベルにあるので、『113.156』近辺での波の折り返しを見て行くという事になろうかと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2017年12月05日
ユーロ円1時間足チャート2017年12月05日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:133.768

高値:134.040

安値:133.255

終値:133.335

-43.3pips(高値から安値:78.5pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


134.452

ピンクの点線のライン


134.341

ピンクの極太のライン


134.235

ピンクの点線のライン


133.944

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


133.169

青の点線のライン


133.023

緑の極太のライン


132.904

青の点線のライン


132.848

緑の点線のライン


132.496

緑の点線のライン


132.267

緑の点線のライン


132.060

青の点線のライン


131.943

青の極太のライン


131.877

青の点線のライン


131.860

緑の点線のライン


131.664

青の点線のライン


131.489

青の点線のライン


131.447

青の極太のライン


131.292

青の極太のライン


131.275

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


ユーロ円は白い網掛けのレンジの上限ラインにワンタッチして反落していますが、同時に『133.023』のラインではサポートされており、当面はレンジ上限の『134.341』と『133.023』のサポートラインの間での攻防になりそうです。


【1時間足】


『134.341』のレジスタンスラインから赤い楕円で囲った部分の波形を描いて反落してきた格好となっています。


赤い楕円で囲った部分の波形のラス戻り高値(白い水平線)を上抜く場面もあったのですが、結果的にはこれがダマシとなって再度下落して行った格好になっています。


1時間足レベルの波形を考えた時、やや大きめの波形(緑の波形)は上向きの状態にある事は間違いないのですが、日足レベルのレンジの上限に接近してきており、これに近づけば近づくほど利食いの売りや新規の売りなどが入り易くなってくるという事は言えます。レジスタンスラインというものはいつかはブレイクされますがそれが3日後なのか?10年後なのか?は分かりません。


また、波形という観点からすれば白い水平線のラインを破った波は1波目であって安値・高値切り上げの形状にはなっていないのでここを買うというのは打診買い的なエントリーになりがちという事は否めず、総合的に考えればここはスルーしても良かったタイミングであったかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2017年12月05日
ユーロドル1時間足チャート2017年12月05日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.18615

高値:1.18778

安値:1.18283

終値:1.18634

+1.9pips(高値から安値:49.5pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.19618

赤の点線のライン


1.19581

ピンクの点線のライン


1.19309

ピンクの極太のライン


1.19283

ピンクの点線のライン


1.19077

赤の点線のライン


1.18886

赤の点線のライン


1.18743

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.18418

青の点線のライン


1.18359

青の極太のライン


1.18304

青の点線のライン


1.18269

青の点線のライン


1.18243

緑の点線のライン


1.18135

青の点線のライン


1.18115

緑の極太のライン


1.18009

緑の点線のライン


1.17981

緑の点線のライン


1.17966

緑の極太のライン


1.17687

緑の点線のライン


1.17414

青の点線のライン


1.17316

青の極太のライン


1.17146

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


ユーロドルは『1.18359』~『1.19309』のサポレジに挟まれたエリアでの値動きとなっています。


【1時間足】


昨日に関しては『1.18359』のサポートラインを破るか?守るか?を見て行く相場展開でしたが、ひとまずサポートされた格好になっています。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


09:30 【オーストラリア】 7-9月期経常収支

09:30 【オーストラリア】 10月小売売上高(前月比)

10:45 【中国】 11月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)

12:30 【オーストラリア】 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表

18:00 【ユーロ】 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)

18:30 【英国】 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)

18:30 【南アフリカ】 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前年同期比)

18:30 【南アフリカ】 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前期比年率)

19:00 【ユーロ】 10月小売売上高(前月比)

19:00 【ユーロ】 10月小売売上高(前年同月比)

22:30 【米国】 10月貿易収支

22:30 【カナダ】 10月貿易収支

24:00 【米国】 11月ISM非製造業景況指数(総合)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事