米政府閉鎖懸念でドル売り

投稿日時:2018年01月19日 08:40

1月18日の為替市場は、米議会で政府機関閉鎖の回避に向けたつなぎ予算案を巡る情勢が不透明となるなか、ドル売りとなっています。


ちなみに直近で政府機関の閉鎖が起きたのは2013年10月で、オバマ前政権の医療保険制度改革法(オバマケア)向け支出を巡る与野党の対立が原因でした。この時は約2週間ほどで再開されています。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年01月19日
ドル円1時間足チャート2018年01月19日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:111.257

高値:111.475

安値:110.687

終値:111.085

-17.2pips(高値から安値:78.8pips)


ドル/円のレジスタンスライン


112.921

赤の点線のライン


112.770

ピンクの点線のライン


112.424

赤の点線のライン


112.350

ピンクの点線のライン


112.259

赤の極太のライン


112.165

赤の点線のライン


112.117

赤の点線のライン


112.070

赤の点線のライン


111.834

赤の点線のライン


111.808

ピンクの点線のライン


111.628

赤の点線のライン


111.440

ピンクの点線のライン


111.301

ピンクの点線のライン


111.120

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


110.848

緑の点線のライン


110.629

青の点線のライン


110.431

青の極太のライン


110.289

青の点線のライン


110.240

緑の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


ドル円の日足の形状は、上下共にヒゲのある小陰線となりました。


日足の波形は高値・安値切り下げの形状が継続しています。


黄色のラインは、1月8日~16日にかけての下落に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。昨日に関しては、上ヒゲの先で38.2%戻しラインにワンタッチした格好になっていますが、日足レベルのレジスタンスラインは存在しておらず、根拠あるラインに頭を抑えられての下落ではないという事になります。


【1時間足】


日足の波形(オレンジ色の波形)、1時間足の緑色の波形共に高値・安値切り下げの状態にある中で、1時間足の青の波形のみが安値・高値切り上げの状態にありました。青の上昇の波形に対して引いたトレンドラインが紫のトレンドラインとなります。


白の楕円の部分において、紫のトレンドラインを一旦下抜た後、再度上抜き返したもののトレンドラインの上のエリアに定着出来ず、紫のトレンドラインの下側へ押し戻されてきています。


『111.440』からの下落に対して引いたピンクのトレンドラインがレジスタンスラインの役目を果たしています。


この時点において・・・


1. 紫のトレンドラインを崩し、裏側に当たった

2. ピンクのトレンドラインがレジスタンスラインの役目を果たしたっぽい

3. 『111.120』のレジスタンスラインでサポートされたっぽい


という3つの優位性が重なっており、ショートのエントリーをしても良いポイントであると言えようかと思います。


懸念材料としては、『110.848』のサポートラインまでの距離があまりない事が挙げられますが、『111.120』に近い位置からのエントリーである事から『111.120』の少し上に損切りを置けば、かなり狭い損切幅で仕掛ける事も可能ですので、打診売りを検討する余地は十分にあるポイントであったかと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年01月19日
ユーロ円1時間足チャート2018年01月19日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:135.573

高値:136.299

安値:135.445

終値:135.935

+36.2pips(高値から安値:85.4pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


136.323

ピンクの点線のライン


136.248

ピンクの点線のライン


136.213

ピンクの点線のライン


136.058

ピンクの極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


135.641

青の点線のライン


135.448

青の点線のライン


135.148

青の点線のライン


135.026

青の点線のライン


134.915

青の点線のライン


134.511

緑の点線のライン


134.284

青の点線のライン


133.698

青の点線のライン


133.626

緑の点線のライン


133.301

青の点線のライン


133.086

青の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


ユーロ円の日足の形状は、上下にヒゲのある陽線となりました。上ヒゲがやや長い形状で『136.058』のレジスタンスを上抜く場面もありましたが、日足の終値ではレジスタンスされた格好になっています。


日足レベルの波形には明確なトレンドが出ておらず、引き続き方向感のない相場が継続しており、長めのスパンで波に乗って行くようなトレードには不向きな相場環境にあると言えようかと思います。


【1時間足】


日足レベルのレジスタンスライン『136.058』を破るか?レジスタンスされるか?を見て行くという状況の中で、一時的に同ラインを上抜ける局面がありましたが、『136.213』の上にいた時間は3時間ほどで下側へ押し戻されてきています。


しかしながら、青い波形はまだ転換しておらず、紫のトレンドラインも健在であり、売りを検討するという所迄は至っていない状況にあります。


現段階では、『136.058』を破ったか?守ったか?を断言する事は難しい状態にあると言えますので、腰を据えてじっくり見極めるという事で良いかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年01月19日
ユーロドル1時間足チャート2018年01月19日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.21830

高値:1.22643

安値:1.21644

終値:1.22362

+53.2pips(高値から安値:99.9pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.23028

ピンクの点線のライン


1.22762

ピンクの点線のライン


1.22617

ピンクの極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.22251

青の点線のライン


1.21646

青の点線のライン


1.20816

緑の点線のライン


1.20767

緑の点線のライン


1.20662

緑の極太のライン


1.20298

青の点線のライン


1.20048

緑の点線のライン


1.19345

青の極太のライン


1.19309

緑の極太のライン


1.19271

青の点線のライン


1.19169

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


ユーロドルの日足の形状は、上下に同じくらいの長さのヒゲのある陽線となりました。直近高値ライン『1.22617』にヒゲでワンタッチしたものの上抜ける事は出来ずに引けています。


日足の波形はオレンジ色の波形・オレンジ色の波形の集合体であるピンクの波形共に上向きの状態にあります。


【1時間足】


短期的には青の波形の折り返しを見て行くという状況の中で、波が折り返したとは言えないまでも青の波形のトレンドラインを崩しつつあるような状況になっています。


タイミングによっては、極小の損切幅で打診買いを仕掛ける事も出来そうな状況となっていますが、そう言ったタイミングがあれば入ってみても良いかも知れません。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


18:00【ユーロ】11月経常収支

18:30【英国】12月小売売上高指数(前月比)

22:30【カナダ】11月対カナダ証券投資額

22:30【カナダ】11月製造業出荷(前月比)

24:00【米国】1月ミシガン大学消費者態度指数・速報値


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事