内憂外患のメルケル政権、4期目の船出

投稿日時:2018年03月15日 09:06

ドイツ連邦議会(下院)は3月14日、メルケル首相を再選しました。


これでメルケル政権は4期目に入ることになりますが、盤石の体制とはとても言えません。


メルケル首相の求心力が低下しており、連立政権を率いるという状況であり、国外を見れば米国との貿易関係の緊張や欧州改革を巡るフランスからの圧力などの問題が山積しており、内憂外患の難しい政治状況の中での船出という事になろうかと思います。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年03月15日
ドル円1時間足チャート2018年03月15日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:106.452

高値:106.741

安値:106.058

終値:106.307

-14.5pips(高値から安値:68.3pips)


ドル/円のレジスタンスライン


107.308

ピンクの極太のライン


107.190

ピンクの点線のライン


106.672

ピンクの点線のライン


106.590

ピンクの点線のライン


106.409

赤の点線のライン


106.329

ピンクの点線のライン


106.158

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


105.940

青の点線のライン


105.907

青の点線のライン


105.812

緑の点線のライン


105.743

緑の点線のライン


105.545

青の点線のライン


105.431

青の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


ドル円の日足の形状は上下共に同程度の長さのヒゲがある小陰線となりました。


日足の波は下落トレンドの状態にあります。


『105.431』のサポートラインと『107.308』のレジスタンスラインに挟まれたエリアの中間くらいのレベルでの値動きになっています。


『105.431』のサポートラインは下落トレンドの直近安値、『107.308』のレジスタンスラインは白い波と考えた場合のラス戻り高値であり、『105.431』のサポートラインの下抜けは下落トレンドの継続、『107.308』のレジスタンスラインの上抜けは白い波と考えた場合のトレンド転換を意味します。


【1時間足】


3月14日の値動きによって、青い波のラス押し安値(青い楕円の安値)ラインを下抜き、青い波の上昇トレンドは一旦終了しています。


短期売買などで下の方から買っていた人は撤退しておく必要があります。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年03月15日
ユーロ円1時間足チャート2018年03月15日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:131.902

高値:132.269

安値:131.009

終値:131.475

-42.7pips(高値から安値:126.0pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


132.326

赤の極太のライン


132.256

ピンクの点線のライン


132.210

ピンクの点線のライン


131.903

ピンクの極太のライン


131.584

ピンクの点線のライン


131.226

赤の点線のライン


131.132

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


131.053

青の点線のライン


130.718

青の極太のライン


130.624

緑の点線のライン


130.582

緑の点線のライン


130.417

緑の点線のライン


130.379

緑の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


ユーロ円の日足の形状は上下共にヒゲがあり、下ヒゲがやや長い陰線となりました。


日足の波形は白い波の上昇トレンドをくずして下落していましたが、『130.032』から反発、小さな押しをつけて反発していましたが、『132.326』のレジスタンスライン近辺から売りが入って反落しています。


【1時間足】


3月14日の下落によって青い波のラス押し安値(青い楕円の安値)近辺まで下落してきました。


青い波のラス押し安値ラインを破るようなことがあれば、青い波のトレンドに変化が生じるという事になりますが、そのすぐ下には日足の波(オレンジのラインの波)のラス押し安値(赤い楕円の安値)が存在しており、注意が必要です。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年03月15日
ユーロドル1時間足チャート2018年03月15日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.23904

高値:1.24117

安値:1.23464

終値:1.23672

-23.2pips(高値から安値:65.3pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.24340

ピンクの点線のライン


1.24099

ピンクの極太のライン


1.23845

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.23568

青の点線のライン


1.23394

緑の点線のライン


1.23184

青の点線のライン


1.23044

青の極太のライン


1.22914

青の点線のライン


1.22839

青の点線のライン


1.22794

緑の点線のライン


ユーロ/ドルの解説


【日足】


ユーロドルの日足の形状は、上下共に同程度の長さのヒゲのある小陰線となりました。


引き続き1.23~1.24のエリアでの値動きが継続しています。


【1時間足】


『1.24099』のレジスタンスラインから売りが入って白い波のトレンドが折り返しています。青の波については方向性に変化は見られず、振り幅が小さくなってきている感があります。


日足のトレンドがトレンドレスの状態にある事からも、長い間波に乗りたい人はムリに手を出さなくても良い状態かと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


06:45【ニュージーランド】10-12月期四半期国内総生産(GDP)(前期比)

08:50【日本】前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)

08:50【日本】前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)

17:15【スイス】2月生産者輸入価格(前月比)

17:30【スイス】スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値

21:30【米国】2月輸入物価指数(前月比)

21:30【米国】3月ニューヨーク連銀製造業景気指数

21:30【米国】2月輸出物価指数(前月比)

21:30【米国】前週分新規失業保険申請件数

21:30【米国】3月フィラデルフィア連銀製造業景気指数

23:00【米国】3月NAHB住宅市場指数

29:00【米国】1月対米証券投資(短期債除く)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事