日米の疑惑関連の材料出るも相場はユーロ売り

投稿日時:2018年03月16日 10:46

3月15日の為替市場は日米の疑惑関連の材料が出ました。


1. 麻生財務大臣G20欠席


麻生財務大臣が財務省の森友文書問題に対応するため、翌週のG20財務相・中銀総裁会議を欠席する事が明らかになりました。これを受けて、日本株が下落するとともに円買いが強まる場面がありました。


2. トランプ・オーガニゼーション社への書類提出令状


モラー米特別検察官が、トランプ大統領が経営していたトランプ・オーガニゼーション社にロシアとの取引に関する書類の提出を求める令状を出したと報じられ、米国株が一時反落、ドルも売られる局面がありました。


市場では、ドルや円中心ではなく、ユーロ売りの展開となっています。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年03月16日
ドル円1時間足チャート2018年03月16日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:106.305

高値:106.406

安値:105.778

終値:106.332

+2.7pips(高値から安値:62.8pips)


ドル/円のレジスタンスライン


107.308

ピンクの極太のライン


107.190

ピンクの点線のライン


106.672

ピンクの点線のライン


106.590

ピンクの点線のライン


106.409

赤の点線のライン


106.332

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


105.984

青の点線のライン


105.897

青の点線のライン


105.858

青の点線のライン


105.812

緑の点線のライン


105.743

緑の点線のライン


105.545

青の点線のライン


105.431

青の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


3月15日のドル円の日足の形状は、下ヒゲの長い寄り引け同値線のような形状となりました。


日足の波は下落トレンドの状態にあります。


引き続き『105.431』のサポートラインと『107.308』のレジスタンスラインに挟まれたエリアの丁度中間くらいのレベルでの値動きになっています。


日足の波に乗っていきたいと考えている人は日足のサポレジ絡みで仕掛けることになりますので、サポレジのど真ん中付近を動いている時はやることがないという事になってしまうのですが、いずれ来るエントリータイミングの時に集中力を欠く事のないようにやることがない時はテレビ見るなりゲームするなりしてリラックスしておきましょう。


【1時間足】


チャート画像赤い楕円の部分で白い波がダブルボトムを形成、ネックラインを上方に上抜けてきました。


3月14日クローズの時点では、白い波のラス戻り高値(赤い水平線)付近での値動きとなっていましたが、本日寄り付きから反落、白い波の下落トレンドを崩すことはできていません。


青い波が上昇トレンドの形状を崩している事から、白い波が上昇トレンドになっても『買い』という事にはならない状況でしたので、ロングを検討すべき段階ではありませんでしたが、日足のサポートライン『105.431』並びに『105.274』までの距離があまりない状況にありますので、売りについてもガマンして日足のサポレジ絡みの位置で波の折り返しが起こるかどうかを見ていくという姿勢で良いように思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年03月16日
ユーロ円1時間足チャート2018年03月16日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:131.472

高値:131.528

安値:130.551

終値:130.833

-63.9pips(高値から安値:97.7pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


132.326

赤の極太のライン


132.256

ピンクの点線のライン


132.210

ピンクの点線のライン


131.903

ピンクの極太のライン


131.584

ピンクの点線のライン


131.246

ピンクの点線のライン


131.053

赤の点線のライン


130.848

ピンクの点線のライン


130.614

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


130.718

青の極太のライン


130.379

緑の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


3月15日のユーロ円の日足の形状は、下ヒゲがやや長いものの、実体がしっかりした感じの陰線となりました。


日足の波形は白い波の上昇トレンドをくずした波に対しての戻りを試しているような状態にありましたが、『132.326』から売りが入って反落しています。


3月15日に関しては、『130.718』のサポートラインの上でクローズしていますが、本日これまでの値動きによって『130.718』のサポートラインの下側へ潜り込んできています。


『130.718』は日足のサポートラインですので、抜けたかどうかは日足の終値で判断すべきものですが、本日の注目ポイントである事は間違いありませんので、抜けるかどうかを見極めていきましょう。


【1時間足】


昨日の下落によって、青い波のラス押し安値(赤い楕円の安値)を下抜き、青い波の方向性に変化が生じています。


短期売買をしていて、ロングのポジションを持っている人は撤退しておく必要性があります。


1時間足をベースに考えるのであれば、青い波の方向性に変化が出たことを重視して、戻りの動きを待ち、戻りの動きの中で買った人の損切りを利用できるようなポイントで戻り売りを仕掛けることが王道的なトレードとなりますが、日足のサポートラインとの距離感等の問題でそれが難しいということも想定されます。


そのタイミングが訪れた時の状況がどうなっているか次第という事になりますが、ムリのあるような位置関係の場合には見送るという選択肢を取ることも大切です。その為にも、チャートをよく見てサポレジのアップデートを怠らないようにしましょう。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年03月16日
ユーロドル1時間足チャート2018年03月16日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.23670

高値:1.23829

安値:1.22995

終値:1.23038

-63.2pips(高値から安値:83.4pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.24340

ピンクの点線のライン


1.24099

ピンクの極太のライン


1.23845

赤の点線のライン


1.23810

ピンクの点線のライン


1.23568

赤の点線のライン


1.23431

ピンクの点線のライン


1.23343

ピンクの点線のライン


1.23152

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.23044

青の極太のライン


1.22914

青の点線のライン


1.22839

青の点線のライン


1.22794

緑の点線のライン


ユーロ/ドルの解説


【日足】


3月15日のユーロドルの日足の形状は、実体のしっかりした陰線となりました。


直近の日足の波形はトレンドレスの状態にあります。


1.23~1.24のエリアでの値動きとなっていますが、『1.23044』のサポートラインの付近で引ける形となっています。


【1時間足】


『1.24099』のレジスタンスラインで頭を押さえられて(赤い楕円の部分)反落してきています。


余談ですが、実情とサポレジの消滅を踏まえて白い波を修正しました。


本日については、日足のサポートライン『1.23044』並びに青い波の直近安値ライン『1.22914』を破るかどうかを見ていく相場になりそうです。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


13:30【日本】1月鉱工業生産・確報値(前月比)

19:00【ユーロ】2月消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)

21:30【米国】2月住宅着工件数(前月比)

21:30【米国】2月建設許可件数(年率換算件数)

21:30【米国】2月建設許可件数(前月比)

21:30【米国】2月住宅着工件数(年率換算件数)

21:30【カナダ】1月製造業出荷(前月比)

21:30【カナダ】1月対カナダ証券投資額

22:15【米国】2月設備稼働率

22:15【米国】2月鉱工業生産(前月比)

23:00【米国】3月ミシガン大学消費者態度指数・速報値


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事