佐川前国税庁長官の証人喚問、スッキリしない内容も市場では材料視されず

投稿日時:2018年03月28日 10:53


森友文書改ざん問題で、参議院で行われた証人喚問において佐川前国税庁長官は、『安倍首相や官邸からの指示はなかった』と証言しました。


安倍首相夫人や麻生財務大臣らの関与についても否定しています。


改ざんの理由や経緯については、『刑事訴追の恐れがある』として明らかにしませんでした。


いつまで続くのかこの問題という感じがしますが、市場ではあまり材料視されていないような感じがします。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年03月28日
ドル円1時間足チャート2018年03月28日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:105.397

高値:105.896

安値:105.315

終値:105.321

-7.6pips(高値から安値:58.1pips)


ドル/円のレジスタンスライン


106.672

ピンクの点線のライン


106.590

ピンクの点線のライン


106.521

ピンクの極太のライン


106.382

赤の点線のライン


106.325

赤の点線のライン


106.301

ピンクの点線のライン


106.201

赤の点線のライン


106.058

ピンクの点線のライン


105.918

赤の極太のライン


105.893

ピンクの点線のライン


105.778

ピンクの点線のライン


105.431

赤の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


105.321

青の点線のライン


105.179

緑の点線のライン


104.994

青の点線のライン


104.950

青の点線のライン


104.867

青の点線のライン


104.639

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


3月27日のドル円の日足の形状は、上ヒゲの長い小陰線となりました。


日足の波は、下落トレンドの状態にあります。


昨日は『105.431』の付近で寄り付き、『105.431』の上にいる時間も長かったのですが、終値で見れば『105.431』を超えられずに引けています。


『105.431』は日足のレジスタンスラインで、ブレイクしたか?レジスタンスされたか?は日足の終値で判断するものですので、辛うじてレジスタンスされたということになろうかと思います。


【1時間足】


現在のドル円の値動きは、緑の片波の中での値動き(緑の楕円で囲った波)という中で、青の波が反転、上昇トレンドの形状となり、緑の波に逆行しているという状況にあります。


下落してきた際の青の波(緑の楕円で囲った緑の片波の内部)のラス戻り高値ラインは黄色の水平線であり、青い波の下落トレンドを崩すためには黄色の水平線の上抜けが必要でした。


昨日の値動きの中で、黄色の水平線を微妙に上抜ける局面もあったのですが、結果的には抜け切れずに反落しています。


一方、上昇してきた際の青の波(青の楕円で囲った部分の青の波)のラス押し安値はオレンジの水平線であり、昨日後半の値動きで同ラインを下抜けています。


この値動きによって、青い波の方向性に変化が生じています。


短期売買をするということで下の方から買っていた人は、一度利食っても良い状態になったと言えます。


本日寄り付き前後に『105.321』から反発していますが、直近高値ライン『105.778』を超えられずに『105.321』を下抜くようなことがあれば、青い波は高値・安値切り下げの形状を形成する事になりますので、そういった事になるのかどうか?要注目です。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年03月28日
ユーロ円1時間足チャート2018年03月28日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:131.143

高値:131.805

安値:130.571

終値:130.623

-52.0pips(高値から安値:123.4pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


131.903

ピンクの極太のライン


131.710

ピンクの点線のライン


131.249

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


130.611

青の点線のライン


130.104

緑の点線のライン


129.854

緑の点線のライン


129.754

青の点線のライン


129.274

青の極太のライン


129.163

青の点線のライン


129.101

緑の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


3月27日のユーロ円の日足の形状は、実体と同程度の長さの上ヒゲのある陰線となりました。


日足の波はオレンジの波は高値・安値切り下げの状態にありますが、白い波については方向性に変化が生じています。


昨日は一昨日の上昇の勢いをかって『131.903』を試しに行くかのような値動きもありましたが、結果的には『131.903』の手前から売られて反落しています。


【1時間足】


3月27日のユーロ円は、寄り付き~欧州時間OP前後にかけて上昇したものの、欧州時間に入ると反落しました。


オレンジの波(=日足の白い波)は、下向きの推移でしたが、ラス戻り高値(オレンジの水平線)を上抜いており、方向性に変化が生じています。


また、緑の波に関しても下向きの推移でしたが、昨日の値動きの中でラス戻り高値(黄色の水平線)を上抜いており、方向性に変化が生じています。ただ、黄色の水平線の上に定着できずに反落してきています。


本日の寄り付きから再度反発していますが、『130.611』のサポートラインが機能した格好になっています。


直近の下落の青い波(青い楕円で囲った波)を崩して、再度『131.903』を目指すことになるのか?に注目です。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年03月28日
ユーロドル1時間足チャート2018年03月28日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.24420

高値:1.24754

安値:1.23714

終値:1.24011

-40.9pips(高値から安値:104.0pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.24706

赤の点線のライン


1.24644

ピンクの点線のライン


1.24420

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.23954

青の点線のライン


1.23904

緑の極太のライン


1.23859

青の点線のライン


1.23810

緑の点線のライン


1.23745

緑の点線のライン


1.23610

青の点線のライン


1.23482

青の点線のライン


1.23440

緑の点線のライン


1.23377

緑の極太のライン


1.23205

青の点線のライン


1.23181

緑の点線のライン


1.23008

青の点線のライン


1.22884

緑の点線のライン


1.22613

青の点線のライン


1.22426

青の極太のライン


1.22401

青の点線のライン


1.22351

緑の点線のライン


ユーロ/ドルの解説


【日足】


3月27日のユーロドルの日足の形状は、上下共に同程度の長さのヒゲがある陰線となりました。


『1.21830』~『1.25070』のレンジの中での値動きとなっていますが、オレンジの波は安値・高値切り上げの形状となっています。


【1時間足】


3月27日のユーロドル相場は、寄り付き~欧州時間OPにかけて高値圏でもみ合う格好となっていましたが、欧州時間以降は反落する格好となっています。

緑の波の下落トレンドを崩した波の上昇が継続中という状況になっています。


現在の青い上昇の波(青い楕円で囲った波)がどこまで行くのか?ということは今の段階では分かりませんが、緑の波ベースで見ると青い楕円の部分の上昇の波が将来的に緑の波の片波となるということになりますので、3波目を獲るという観点からすると青い波が一旦折り返してからエントリーの準備をしても遅くないということになります。


まずは、青い波の方向性を見極めていきましょう。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


--:--【南アフリカ】南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利

09:00【ニュージーランド】3月NBNZ企業信頼感

20:00【米国】MBA住宅ローン申請指数(前週比)

21:30【米国】10-12月期四半期実質国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率)

23:00【米国】2月住宅販売保留指数(前月比)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事