日・米・欧・中それぞれに材料出るもトランプ大統領の顧問弁護士強制捜査でリスクオフ

投稿日時:2018年04月10日 11:22


4月9日の為替市場では、中国・日本・ユーロ・米国それぞれで材料が出ました。


1. 人民元切り下げ報道


『中国は米国との貿易対立の対抗手段として人民元の切り下げを検討している』とする関係者の発言があったと報じられました。これを受けて瞬間的にリスク回避の円買いが強まる場面がありましたが、それほど大きな値動きには繋がりませんでした。


2. 黒田日銀総裁の発言


黒田日銀総裁は安倍首相との会談後の会見で『2%の物価目標までなお距離がある』・『出口を早い段階で議論するのは市場の混乱を招く』・『今の段階で将来の政策余地拡大のための緩和縮小は適切ではない』と発言しました。為替市場ではこの発言を受けての影響はほぼありませんでしたが、日銀の姿勢を知る上では注目すべき材料であったかと思います。


3. ドラギECB総裁の発言


ECB(欧州中銀)の年次報告で、ドラギ総裁は『将来について言えば、ユーロ圏の景気拡大は2018年を通じて力強いペースを維持する』との楽観的な見通しを示しました。これを受けてユーロが上昇する場面がありました。ドラギ総裁は『インフレ率は中期的に目標値に向かって収れんしていくと引き続き確信するが、経済に存在するスラックの規模には依然不透明性がある』との見解も併せて示しています。


4. クドローNEC委員長の発言


クドローNEC(米国家経済会議))委員長が、中国との貿易摩擦への対処について、トランプ大統領が他国との連携に前向きな可能性があると述べた事を受けて、米国株が上昇、クロス円も上昇しました。


5. トランプ大統領の顧問弁護士事務所に強制捜査


トランプ米大統領の顧問弁護士であるコーエン氏の事務所にFBI(連邦捜査局)の強制捜査が入った事が報じられると米国株が上げ幅を縮小、リスク回避の円買いの動きが強まりました。


ユーロ円などは、ドラギ総裁発言で上がって、FBIの強制捜査報道でイッテコイ的な値動きとなっています。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年04月10日
ドル円1時間足チャート2018年04月10日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:106.927

高値:107.196

安値:106.610

終値:106.752

-17.5pips(高値から安値:58.6pips)


ドル/円のレジスタンスライン


107.560

ピンクの点線のライン


107.473

ピンクの点線のライン


107.413

ピンクの点線のライン


106.308

ピンクの極太のライン


107.136

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


106.839

緑の極太のライン


106.780

緑の点線のライン


106.667

青の点線のライン


106.646

緑の点線のライン


106.127

青の点線のライン


105.980

緑の点線のライン


105.888

青の点線のライン


105.870

青の極太のライン


105.788

青の点線のライン


105.660

青の点線のライン


105.644

緑の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


4月9日のドル円の日足の形状は、上下共にヒゲがあり、実体が小さい小陰線となりました。


日足の波は、逆三尊のような形状を形成、ネックラインを上抜けています。


直近の値動きとしては、『106.839』のサポートラインと『107.308』のレジスタンスラインに挟まれた狭い値幅での値動きとなっていますが、両ライン共に日足の終値ベースで微妙に抜けており、サポレジとして機能してるかが怪しい部分もあります。


【1時間足】


緑の波は安値・高値切り上げの上昇トレンドの形状にあり、現在の値動きは赤の楕円で囲った緑の上昇の片波の中での値動きとなっています。


この片波を見ていくとめぼしいサポレジは白の網掛けの部分という事になり、網掛けの下限までいってしまうと全戻しも見えてくるという事で、買い目線の層の人達から見れば、出来れば上辺で止まってほしいという願望はあったのではないかと思います。


買い目線の層の人達のそういった願望故に買いが強まったのかピンクの楕円の部分で、小型のダブルボトムを形成、ネックラインを上抜けし、この記事を書いている現在の状態では青い波のラス戻り高値『107.136』を崩すかどうか?という状況にあります。


青い波の方向性に変化が生じるのであれば、押し目買いをして行きたい局面ではありますが、すぐ上に日足のレジスタンスラインである『107.308』が存在しており、同ラインの存在が気になるところです。


安易に飛びついてしまうと思わぬ敗北を喫してしまう可能性もありますので、押し目買いをする場合には『107.308』付近からの売りに警戒する必要があります。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年04月10日
ユーロ円1時間足チャート2018年04月10日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:131.374

高値:131.986

安値:131.097

終値:131.518

+14.4pips(高値から安値:88.9pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


131.903

ピンクの極太のライン


131.458

ピンクの極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


131.190

青の点線のライン


131.163

青の点線のライン


131.059

緑の点線のライン


130.895

青の点線のライン


130.821

緑の点線のライン


130.338

青の点線のライン


130.304

緑の点線のライン


130.255

青の極太のライン


130.009

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


4月9日のユーロ円の日足の形状は、上下共にやや長めのヒゲのある小陽線となりました。


日足の波はオレンジの波は高値・安値切り下げの状態にあり、昨日、本日これまでの値動きによって、オレンジの波のラス戻り高値ライン『131.903』の上抜けにチャレンジしている状況にあります。


まずは、『131.903』ラインを上抜けるかどうか?を見ていくという事になろうかと思います。


また、以前の記事・動画などで何度か申し上げているのですが、オレンジの波の下落をピンクの波一本として見るという見方もあるように思われ、『131.903』の上抜けでトレンド転換と考えて何の疑いもなしに買うとピンクの波一本として見ている売り目線の層の人達の戻り売りが入った時に『なんで売ってくるのか分からない!理不尽だ( ;∀;)』みたいな心境になってしまうかもしれませんので、そういう見方もあるかもしれないという事を頭に入れておくことも必要です。


【1時間足】


昨日の値動きによって、白い網掛けのもみ合いを上方に抜けてきました。


昨日の引けにかけて反落してきましたが、網掛けの上辺付近から再反発していますが、細かく見てみると網掛けの上辺ラインよりも赤い楕円で囲った部分の小さな押しの安値ラインから反発した格好になっています。


本日に関してですが、日足の重要ライン近辺での値動きとなってきていますので、個人的には様子見として、抜けるか?守るかを見極めてから仕掛けを考えて行きたいと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年04月10日
ユーロドル1時間足チャート2018年04月10日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.22840

高値:1.23299

安値:1.22594

終値:1.23196

+35.6pips(高値から安値:70.5pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.24406

ピンクの点線のライン


1.23232

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.23010

緑の点線のライン


1.22976

緑の点線のライン


1.22865

緑の点線のライン


1.22812

緑の点線のライン


1.22664

青の点線のライン


1.22571

緑の点線のライン


1.22426

青の極太のライン


1.22310

青の点線のライン


1.22262

青の点線のライン


1.22146

緑の点線のライン


ユーロ/ドルの解説


【日足】


4月9日のユーロドルの日足の形状は、4月6日と同じような形状の上下共にヒゲのある陽線となりました。


『1.22426』のサポートラインから反発した格好になっています。


【1時間足】


4月6日のユーロドル相場は、日足のサポートライン『1.22426』から反発した勢いをかって上昇しています。


特にNY時間に大きく上昇しましたが、この値動きによって、青の波のラス戻り高値ライン(赤の楕円の高値)を上抜いてきました。この事によって、青い波の方向性に変化が生じています。


ただ、基本的には日足のレンジの中での値動きなので触らないという事であっても良いかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


10:30【オーストラリア】3月NAB企業景況感指数

21:30【カナダ】2月住宅建設許可件数(前月比)

21:30【米国】3月卸売物価指数(PPI)(前月比)

21:30【米国】3月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)

23:00【米国】2月卸売在庫(前月比)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事