英国の関税同盟離脱をめぐってポンドは乱高下、イタリアの連立政権は問題先送り

投稿日時:2018年05月18日 12:07


昨日は、英国のEU離脱に絡んだ材料が出ました。


1. 英国はEU離脱後も関税同盟に残留する意向との報道


英国は、EU(欧州連合)離脱の移行期間終了後も関税同盟に残留する意向をEUに伝える見通し、と英紙が報じた事を受けてポンドが上昇しました。


2. メイ英首相の発言


メイ英首相が『英国は関税同盟を離脱する』と述べて1の報道を否定しています。これを受けて、ポンドが売られる値動きが見られました。


3. イタリアの連立政権の政策合意


イタリアの大衆迎合主義(ポピュリズム)政党『五つ星運動』と極右政党『同盟』が、連立政権樹立に向けて政策協定案で基本合意したと発表しました。


協定案には減税や社会保障支出の増額などが盛り込まれる一方で、『イタリアのユーロ加盟を巡り懸念となり得るもの』についての言及はない(五つ星運動 関係者)見通しとなった事で一時ユーロが売られる値動きが見られました。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年05月18日
ドル円1時間足チャート2018年05月18日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:110.386

高値:110.849

安値:110.065

終値:110.742

+35.6pips(高値から安値:78.4pips)


ドル/円のレジスタンスライン


111.084

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


110.817

緑の点線のライン


110.572

青の点線のライン


110.410

緑の点線のライン


110.386

緑の点線のライン


110.171

緑の極太のライン


110.150

青の点線のライン


110.076

青の点線のライン


110.970

緑の点線のライン


109.851

緑の極太のライン


109.594

緑の点線のライン


109.566

緑の点線のライン


109.418

青の点線のライン


109.354

緑の点線のライン


109.186

青の点線のライン


109.026

青の極太のライン


108.892

青の点線のライン


108.800

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


5月17日のドル円の日足の形状は、下ヒゲの長い陽線となりました。


オレンジの波は安値・高値切り上げの上昇トレンドの形状にあります。


黄色の水平線は、ピンクの下落の片波に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


昨日は61.8%戻しラン並びに『110.431』のレジスタンスライン付近での値動きとなっていましたが、61.8%戻しラン並びに『110.431』のレジスタンスラインを上抜けて引けています。


【1時間足】


目先は白い枠のレンジをどちらへ抜けていくか?を見ていくという状況でしたが、レンジを上方にブレイクして行っています。


抜けた後のプルバックの入り方が少し甘かったのですが、この部分を短期足で見ると入りやすいポイントがありますので、読者さん個々で短期足を見てどこで入ればよかったかを考えて頂ければと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年05月18日
ユーロ円1時間足チャート2018年05月18日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:130.327

高値:130.838

安値:130.223

終値:130.611

+28.4pips(高値から安値:61.5pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


131.326

ピンクの点線のライン


131.072

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


130.850

緑の点線のライン


130.748

緑の点線のライン


130.553

青の点線のライン


130.393

青の点線のライン


129.562

青の点線のライン


129.546

緑の点線のライン


129.457

青の極太のライン


129.274

青の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


5月17日のユーロ円の日足の形状は、気持ち上ヒゲが長い陽線となりました。


黄色の水平線は『133.096』~『129.457』の下落に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


長い上ヒゲが出たり、長い下ヒゲが出たりする荒っぽい展開になっていますが、ざっくりと見れば直近のオレンジの下落の片波に対する戻りが進行中と見るという事で良いかと思います。


ただ、『130.096』まで日足レベルのレジスタンスラインがない状況ですので、安易な逆張りは注意が必要です。


【1時間足】


ユーロ円の直近の値動きは迷い多く難しい感じの値動きとなっています。


赤い楕円で囲った部分の値動きによって、青い楕円で囲ったラス押し安値を下抜いており、青い波の方向性に変化が生じています。


青い波の方向性を崩したという事で、次は赤い楕円で囲った波に対する戻り売りを考えようという事になるわけですが、今度は赤い楕円の中を細かく見た白い波のラス戻り高値(白い楕円の高値)を上抜いています。


こうなってしまうと、売るのが正解?買うのが正解?というややこしい状態になってしまいますが、こういう場合の正解は『何もしない』という事になります。


相場に向かう際には、『買う』『売る』『何もしない』の3つの選択肢がありますが、『買う』『売る』の選択肢を取った場合には、利食って出るか、損切りして出るかのどちらかしかありません。


どんなに相場がウマい人でも、相場の出来事の10%くらいしか理解できないとも言いますので、理解できる10%の状態の時以外は『何もしない』という選択肢を取る事が無駄撃ちを減らし、勝率をあげる事に繋がりますので『わけわかんねー』という状態になった時には特に安易に仕掛けず、ガマンするようにしましょう。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年05月18日
ユーロドル1時間足チャート2018年05月18日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.18060

高値:1.18366

安値:1.17755

終値:1.17923

-13.7pips(高値から安値:61.1pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.20005

ピンクの点線のライン


1.19927

ピンクの点線のライン


1.19417

ピンクの極太のライン


1.19379

赤の点線のライン


1.19306

ピンクの点線のライン


1.19131

赤の点線のライン


1.18964

赤の点線のライン


1.18787

赤の点線のライン


1.18646

ピンクの点線のライン


1.18492

赤の極太のライン


1.18465

ピンクの点線のライン


1.18329

ピンクの点線のライン


1.18048

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.17892

青の点線のライン


1.17657

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


5月17日のユーロドルの日足の形状は、上下共に下ヒゲがあり、実体が小さい陰線となりました。


日足のサポートライン『1.18250』絡みの値動きとなっていましたが、同ラインを下方にブレイクしています。


『1.17316』・『1.17400』のサポートラインと『1.18492』のレジスタンスラインのちょうど真ん中あたりの値動きとなっており、仕掛けにくいレベルでの値動きとなっています。


【1時間足】


昨日のユーロドルは、上げ切らず下げ切らずといった値動きで、トレードという面ではやりようのない相場であったかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:30【日本】4月全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

08:30【日本】4月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)

17:00【ユーロ】3月経常収支

18:00【ユーロ】3月経常収支

21:30【カナダ】4月消費者物価指数(CPI)(前月比)

21:30【カナダ】4月消費者物価指数(CPIコア)(前年同月比)

21:30【カナダ】3月小売売上高(前月比)

21:30【カナダ】3月小売売上高(除自動車)(前月比)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事