極右政党『同盟』のサルビーニ書記長のEU離脱発言でユーロ安

投稿日時:2018年05月29日 11:33


5月28日は、米朝首脳会談と欧州政局でそれぞれ材料が出ました。


1. 米朝首脳会談


トランプ米大統領が週末に『我々は6月12日のシンガポールでの開催を見据えている。その予定は変えていない』と発言。当初の予定通りに米朝首脳会談の開催をめざす方針を明らかにした事を背景に円売り優勢で取引がスタートしたものの、リスクオンムードは長続きせず、次第に円が買い戻される展開となっています。


2. イタリア政局


イタリアのマッタレッラ大統領は、前週末にユーロ懐疑派の経済相起用を拒否したのに続き、元IMF(国際通貨基金)の高官で財政規律重視派とされるコッタレッリ氏を暫定首相に指名しました。


これが好感されてユーロ買いが先行しましたが、大衆迎合主義(ポピュリズム)政党『五つ星運動』のディ・マイオ党首が『イタリアに関する決定に国民を参加させないことを決めた体制の傲慢な態度に屈すべきではない』との見解を示したほか、極右政党『同盟』のサルビーニ書記長が大統領を批判した上で「ルールが変更されなければイタリアがEU(欧州連合)にとどまる合理性はない』と発言、これを受けてイタリアの政局がさらに不安定化するとの懸念が広がり、ユーロ売りが活発化しました。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年05月29日
ドル円1時間足チャート2018年05月29日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:109.717

高値:109.824

安値:109.224

終値:109.393

-32.4pips(高値から安値:60.0pips)


ドル/円のレジスタンスライン


111.440

ピンクの点線のライン


111.351

ピンクの点線のライン


111.283

ピンクの極太のライン


111.115

ピンクの点線のライン


111.032

ピンクの極太のライン


111.013

ピンクの点線のライン


110.611

赤の点線のライン


110.572

赤の点線のライン


110.282

ピンクの点線のライン


109.799

ピンクの点線のライン


109.552

ピンクの点線のライン


109.442

ピンクの点線のライン


109.276

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


109.176

青の点線のライン


109.026

青の極太のライン


108.892

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


5月28日のドル円の日足の形状は、上下共にヒゲがある陰線となりました。


直近の日足の波(白い波)は、安値・高値切り上げのダウ理論的に言う上昇トレンドの形状にあります。


参考ページ:ダウ理論~FXで勝つ為に必要な事は全てダウ理論に含まれている~


黄色の水平線は『104.639』~『111.032』までの上昇に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


昨日及び本日これまでの値動きによって、再度白い波のラス押し安値ライン『109.026』を試す値動きになってきています。


本日も引き続き、『109.026』をサポートするか?ブレイクするか?を見ていくという事になりそうです。


【1時間足】


5月28日のドル円は窓開けスタートとなりましたが、寄り付き後に付けた高値が日通しの高値となり、終日下落基調での値動きとなりました。


日足のパートの重複になりますが、昨日の下落及び本日これまでの値動きによって、日足のサポートライン『109.026』を試しに来ています。


白い波の動きを見ると先週末金曜日の値動きによって、安値・高値切り上げの形状になり、昨日の値動きで高値・安値切り下げの値動きに切り替わっており、元々高値安値切り下げの状態にあった青い波の方向性に対して、波の方向性が逆行してから再度合致しており、戻り売りをするタイミングという事は言えるわけですが、昨日の場合は日足のサポートライン『109.026』のすぐ上でそれが起こっていますので、トレードはせずに様子見という事で良かったかと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年05月29日
ユーロ円1時間足チャート2018年05月29日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:128.247

高値:128.526

安値:126.848

終値:127.164

-108.3pips(高値から安値:136.2pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


131.326

ピンクの点線のライン


131.253

ピンクの点線のライン


130.925

ピンクの極太のライン


130.611

赤の点線のライン


130.260

赤の点線のライン


129.562

赤の点線のライン


129.457

赤の極太のライン


129.274

赤の極太のライン


129.163

赤の点線のライン


128.910

ピンクの点線のライン


128.765

ピンクの点線のライン


128.461

ピンクの点線のライン


128.406

赤の極太のライン


128.021

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


125.357

緑の極太のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


5月28日のユーロ円の日足の形状は、上下共にヒゲのある大陰線となりました。


黄色の水平線は『115.194』~『137.176』までの上昇(ピンクの上昇の片波)に対して、フィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


38.2%戻しラインの少し下にあった『128.406』を下抜けて、下落継続中といった格好になっています。


高い所から売れている人はポジションをキャリーし続けるという事で良いかと思います。


逆に買いを考えている人は、波が折り返して『から』仕掛けを考えるようにしましょう。


【1時間足】


5月28日のユーロ円相場は、寄り付き~欧州時間OP前後までは揉み合い~やや上昇傾向の値動きでしたが、欧州時間に入ると一転して下落傾向となり、一時127円を割り込む場面もありました。


ユーロ円に関しては、日足の旧安値ライン『129.457』『129.274』をブレイクしてが楽トレンドが継続していく格好となったわけですが、そのすぐ下に『128.406』という(旧)サポートラインが存在していたことで多少の売り難さがあったのですが、先週末金曜日の値動きで『128.406』を下方にブレイクしてきました。


重要なラインを破った後にやる事はプルバックを待って、仕掛けるという事になるわけですが、そのチャンスが訪れました。


『128.406』でバチンと入るのも手ではありますが、慎重に行くのであればもう一手間かけて短期足を使う方がタイミングを計りやすかったかと思います。実際のエントリータイミングにつきましては、動画の方がご説明しやすいので、本日の動画でご説明をさせて頂きます。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年05月29日
ユーロドル1時間足チャート2018年05月29日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.16850

高値:1.17275

安値:1.16066

終値:1.16230

-62.0pips(高値から安値:120.9pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.18329

ピンクの点線のライン


1.18224

ピンクの点線のライン


1.17885

ピンクの点線のライン


1.17719

赤の点線のライン


1.17510

赤の点線のライン


1.17400

赤の極太のライン


1.17384

ピンクの点線のライン


1.17316

赤の極太のライン


1.17262

ピンクの点線のライン


1.16492

赤の点線のライン


1.16387

赤の点線のライン


1.16322

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.16083

青の点線のライン


1.16036

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


5月28日のユーロドルの日足の形状は、上下共にヒゲがあり、上ヒゲが長い感じの陰線となりました。


オレンジの波のラス押し安値『1.17400』とピンクの波のラス押し安値『1.15838』で形成されたゾーン(青紫のボックスのゾーン)の内側での値動きが続いており、上辺ラインがサポレジ転換してレジスタンスラインとして機能している節があります。


昨日の下落によって、『1.15838』が近づいてきました。ここを破る事になるか?サポートされるのか?を見極めて仕掛けを考えるという事で良いかと思います。


【1時間足】


5月28日のユーロドルは、窓開けスタートとなり、寄り付き~欧州時間OP前後までは上昇傾向となりましたが、欧州時間に入ると一転して売り込まれています。


日足の重要ラインが迫っておりますので、トレードに関しては様子見という事で良いかと思います。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:30【日本】4月失業率

08:30【日本】4月有効求人倍率

17:00【ユーロ】4月マネーサプライM3(前年同月比)

22:00【米国】3月ケース・シラー米住宅価格指数

22:00【米国】3月ケース・シラー米住宅価格指数(前年同月比)

23:00【米国】5月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事