ECB要人の強気発言頻発。来週のECB理事会に注目

投稿日時:2018年06月08日 12:04


6月7日の金融市場は、ECB(欧州中央銀行)が来週の理事会で債券買い入れ策の年内終了を示す可能性があるとの観測が出ていることが材料視されました。


ECBのプラート専務理事が6日に『ECBはインフレが目標に向けて上昇していくことへの自信を深めており、来週の理事会で債券買い入れ策を年内に終了させるかどうか討議すると発言』したことに続き、ECBの債券買い入れ策について、ワイトマン独連銀総裁が『年末までに終了されるとの予想は現実的であると指摘』、クノット・オランダ中銀総裁も『量的緩和策を継続する理由はない』との見解を示しています。


こうした中、米国債利回り、ナスダック総合とS&P総合500は反落しており、世界的な貿易を巡る懸念のほか、新興国市場で売りがリスク材料として意識されています。


ドル/円


ドル円日足チャート2018年06月08日
ドル円1時間足チャート2018年06月08日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ドル/円の値動き


始値:110.169

高値:110.213

安値:109.467

終値:109.685

-48.4pips(高値から安値:74.6pips)


ドル/円のレジスタンスライン


110.282

ピンクの点線のライン


110.206

ピンクの点線のライン


110.030

ピンクの点線のライン


109.883

赤の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ドル/円のサポートライン


109.617

青の点線のライン


109.564

青の点線のライン


109.429

青の点線のライン


109.059

緑の点線のライン


108.937

緑の点線のライン


108.746

青の極太のライン


108.458

青の点線のライン


108.398

青の点線のライン


108.233

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ドル/円の解説


【日足】


6月7日のドル円の日足の形状は、気持ち下ヒゲが長めの陰線となりました。


黄色の水平線は、『111.032』~『108.746』までの下落に対して、フィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


61.8%戻しラインで頭を押さえられた格好になっていますが、61.8%戻しライン付近には、日足レベルのレジスタンスラインがあるわけではないので、過信は禁物です。


引き続き、青紫の上昇の片波に対する押し目買い VS 『111.032』からの下落に対する戻り売り という構図の中でどのようにポジションを取っていくか?という相場になろうかと思います。


【1時間足】


6月7日のドル円は、赤い楕円の部分でダブルトップを形成、ネックラインを下抜き、ネックラインをまたぐ形で小型のレンジ(白い網掛けのレンジ)を形成、同レンジを下抜いて下落して行っています。


参考ページ:ダブルトップ・ダブルボトムをひたすら狙うだけでも勝ちは積み重なる


現段階ではまだ、青い波が反転したとはいえず・・・というよりも、青い波のラス押し安値をどこと考えるか?という状況であり、売りはまだ時期尚早かというように思えます。


当面は、今後の値動きをよく見て、波をアップデートしていくという事で良いかと思います。


ユーロ/円


ユーロ円日足チャート2018年06月08日
ユーロ円1時間足チャート2018年06月08日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足を切り替えられます。


ユーロ/円の値動き


始値:129.697

高値:130.265

安値:129.295

終値:129.410

-28.7pips(高値から安値:97.0pips)


ユーロ/円のレジスタンスライン


130.260

赤の点線のライン


130.149

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/円のサポートライン


128.910

緑の点線のライン


128.655

緑の点線のライン


127.937

青の点線のライン


127.560

青の点線のライン


126.338

青の点線のライン


126.185

緑の点線のライン


125.482

緑の点線のライン


125.412

青の極太のライン


125.357

緑の極太のライン


124.816

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのサポートライン。


ユーロ/円の解説


【日足】


6月7日のユーロ円の日足の形状は、上ヒゲの長い陰線となりました。


黄色の水平線は白い波の直近高値『130.096』~白い波の直近安値『125.412』までの下落に対してフィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


61.8%戻しラインの辺りで頭を押さえられた格好になっています。61.8%戻しラインの付近には日足レベルのレジスタンスラインが存在するわけではありませんが、130円のラウンドナンバーが存在しており、こちらが意識された格好になっています。


【1時間足】


6月7日のユーロ円は、NY時間までは上昇傾向、NY時間以降は下落傾向という値動きとなりました。一時、130円台に乗せる場面もありましたが、129円台で引けています。


波の反転は起こっておらず、根気よく波をアップデートして行くという事で良いかと思います。


ユーロ/ドル


ユーロドル日足チャート2018年06月08日
ユーロドル1時間足チャート2018年06月08日

日足

1時間足


※タブで日足・1時間足・短期足を切り替えられます。


ユーロ/ドルの値動き


始値:1.17727

高値:1.18390

安値:1.17717

終値:1.17971

+24.4pips(高値から安値:67.3pips)


ユーロ/ドルのレジスタンスライン


1.18492

赤の極太のライン


1.18465

ピンクの点線のライン


1.18329

ピンクの点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルのサポートライン


1.17384

緑の点線のライン


1.17366

緑の点線のライン


1.16651

青の点線のライン


1.16477

青の点線のライン


1.16365

緑の点線のライン


1.16101

青の点線のライン


1.15377

青の極太のライン


1.15256

青の点線のライン


※寄り付き時点の状態。当日の値動きによって消滅・サポレジ転換の可能性アリ。

※太字のモノは日足レベルのレジスタンスライン。


ユーロ/ドルの解説


【日足】


6月7日のユーロドルの日足の形状は、上ヒゲの長い陽線となりました。


黄色の水平線は、『1.23784』~『1.15377』までの下落に対して、フィボナッチリトレースメントをあてたものになります。


現在は、23.6%戻しラインと38.2%戻しラインの中間辺りでの値動きとなっており、38.2%戻しラインと重なるレベルには『1.18492』のレジスタンスラインが存在しています。


【1時間足】


6月7日のユーロドルは、NY時間までは上昇傾向、NY時間以降は下落傾向という値動きとなりました。


日足のレジスタンスライン『1.18492』付近での値動きとなりましたが、昨日に関しては届かずに反落しています。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


--:--【中国】5月貿易収支(米ドル)

--:--【中国】5月貿易収支(人民元)

08:50【日本】4月国際収支・貿易収支

08:50【日本】1-3月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(前期比)

08:50【日本】1-3月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(年率換算)

08:50【日本】4月国際収支・経常収支

14:00【日本】5月景気ウオッチャー調査-現状判断DI

14:00【日本】5月景気ウオッチャー調査-先行き判断DI

21:15【カナダ】5月住宅着工件数

21:30【カナダ】1-3月期四半期設備稼働率

21:30【カナダ】5月新規雇用者数

21:30【カナダ】5月失業率

23:00【米国】4月卸売売上高(前月比)

23:00【米国】4月卸売在庫(前月比)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事