イスラム圏6カ国からの入国を制限する新大統領、ハワイ州が提訴

投稿日時:2017年03月09日 07:36

先日、署名されたイスラム圏6カ国からの入国を制限するトランプ大統領の新たな大統領令について、ハワイ州が憲法に違反しているとして、一時差し止めを求め、連邦地裁に提訴するそうです。


旧大統領令に比べ、新大統領令はマイルドな内容にはなっているのですが、どういう判断となるか注目です。


これも違憲と言う事になると入国制限はかなり難しくなって来るように思うのですが、ハワイ州は、学生の募集や大学職員の採用に問題が生じ、観光業の停滞で経済が打撃を受けると主張しているそうです。


ドル/円


ドル円1時間足20170309


上の画像はドル/円1時間足チャートです。


【ドル/円の値動き】

始値:113.963

高値:114.754

安値:113.599

終値:114.318

+35.5pips(高値から安値:115.5pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


111.699

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


111.746~112.487

チャート画像青の実線のボックス

中期トレンドの支持帯。


111.884

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


112.772~113.740

チャート画像緑の実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月1日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


113.515~113.897

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


113.654~114.060

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


114.606

チャート画像ピンクの点線

中期トレンドの高値。


114.851

チャート画像ピンクの点線

中期トレンドの高値。


3月8日のユーロ円相場は、寄り付き~東京時間クローズにかけて下落する形で推移していましたが、欧州時間オープンから反発、114代に乗せてクローズしています。


チャートを見ますと『112.772~113.740』の支持帯の上辺あたりから反発して行っていますが、『114.606』のレジスタンスラインを抜けきることは出来ず、『111.884~114.606』の中期トレンド(オレンジ色の波)の方波の中での値動きが継続しています。


113.515』~『114.060』にかけて複数の支持帯が重なるような形で形成されており、片や『114.606』・『114.851』には中期トレンドのレジスタンスラインが存在しています。


今日・明日とイベントが続きますが、イベントを経てどちらへ抜けて行くかを見て行くという事になりそうです。

ユーロ/円


ユーロ円1時間足20170309


上の画像はユーロ/円1時間足チャートです。


【ユーロ/円の値動き】

始値:120.413

高値:121.113

安値:120.008

終値:120.491

+7.8pips(高値から安値:110.5pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


118.284

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


118.728~119.421

チャート画像青の実線のボックス

中期上昇トレンドの支持帯。


119.605~119.846

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


119.841~120.191

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


120.017~120.408

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの支持帯。


120.337~121.217

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


121.227~122.429

チャート画像ピンクの実線のボックス

中期下落トレンドの抵抗帯。


3月8日のユーロ円相場は、寄り付き~東京時間クローズ前後にかけて下落しましたが、欧州時間から反発、一時121代に乗せる場面もありました。NY時間から引けにかけて下落し、終値ベースでは121台をキープ出来ずに引けています。


チャートを見ると『120.017』のラインの辺りから反発した格好になっていますが、同ラインは短期上昇トレンドのラス押し安値であり、ここを下抜いてしまうと買い方は足掛かりを失ってしまうという意味で重要なラインでした。


しかし、高値更新には至らず、ダブルトップを形成しつつあるような状態にあります。


そうなって行った場合、ネックラインは『120.017』近辺となって来る為、『120.017』のラインは当面注目のラインとなります。


ユーロ/ドル


ユーロドル1時間足20170309


上の画像はユーロ/ドル1時間足チャートです。


【ユーロ/ドルの値動き】

始値:1.05645

高値:1.05733

安値:1.05341

終値:1.05398

-24.7pips(高値から安値:39.2pips)


サポートライン・レジスタンスラインとして注目されてきそうなプライスとしては、以下のプライスが考えられます。


1.04984

チャート画像青の点線

中期トレンドの直近安値。


1.05043~1.05241

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月3日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.05417~1.05255

チャート画像緑の点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯でしたが、3月3日の値動きによって上方にブレイク。サポレジ転換の可能性アリ。


1.05512~1.05679

チャート画像青の点線のボックス

短期上昇トレンドの抵抗帯。


1.06053~1.06244

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.06425~1.06545

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.06718~1.07012

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


1.07120~1.07498

チャート画像ピンクの点線のボックス

短期下落トレンドの抵抗帯。


3月8日のユーロドル相場は、下落の流れでの推移となりました。


3日続落と言う事になりますが、何かズルズルとした感じの下がり方で、1日の値幅としてはそれほど大きくはないという展開が続いています。


本日発表の経済指標等


本日は、以下のような経済指標の発表が予定されています。


08:50 【日本】 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)

08:50 【日本】 2月マネーストックM2(前年同月比)

08:50 【日本】 前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)

09:00 【日本】 1月毎月勤労統計調査-現金給与総額(前年同月比)

10:30 【中国】 2月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

10:30 【中国】 2月生産者物価指数(PPI)(前年同月比)

15:45 【スイス】 2月失業率

21:45 【ユーロ】 欧州中央銀行(ECB)政策金利

22:30 【米国】 2月輸出物価指数(前月比)

22:30 【米国】 前週分新規失業保険申請件数

22:30 【米国】 2月輸入物価指数(前月比)

22:30 【ユーロ】 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

22:30 【カナダ】 10-12月期四半期設備稼働率

22:30 【カナダ】 1月新築住宅価格指数(前月比)


この記事が役に立ったという人は、ブログランキングのクリックをして頂けますと更新の励みになります。


それでは、本日も頑張りましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事