FXで何やっても勝てなくて、やったコト

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法を手順に沿って超詳しく解説します!

更新日時:2019年04月02日 02:50

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法を公式サイトでの口座申し込み~口座有効化までの手順に沿って、誰でも理解できるよう分かりやすく、超詳しく解説してきます。


TitanFXの口座開設は少し癖があり、個人情報・住所などの入力方法や本人確認書類、本人確認のための画像・動画撮影など注意しなければならない点があるので、以下の内容を参考にしながら口座開設してみてください!

  1. TitanFXの公式サイトから口座開設を申し込む
  2. 口座開設フォームに必要事項を入力する
  3. TitanFXではMT5が使えない?
  4. メールを確認して会員ページにログインする
  5. 登録プロセスを始める
  6. 『詳細情報』および『セキュリティ情報』
  7. 投資額に関する質問
  8. ご本人確認:写真付き身分証明書の提出
  9. ご本人確認:現住所確認書類の提出

TitanFX(タイタンFX)の公式サイトから口座開設を申し込む


まずは、TitanFXの公式サイトにアクセスし、口座開設の申し込みをしましょう。


TitanFXの口座開設申し込みフォームは、一部英語(ローマ字)で入力しなければなりませんが、誰でも理解できるよう丁寧に解説していくので、本記事を参考にしながら一つ一つ入力していきましょう。


以下のボタンをクリックして、TitanFXの口座開設フォームを開いてください。

TitanFXの口座開設はコチラ

口座開設フォームに必要事項を入力する


TitanFXの口座開設申し込みフォームは、『クライアントキャビネット情報』、『連絡先情報』、『MT4取引口座』の三つのセクションに分かれています。


順を追って、各セクション毎に解説して行きます。


クライアントキャビネット情報


クライアントキャビネット情報


『名』および『性』

ヘボン式ローマ字で名性を入力しましょう。漢字・ひらがな・カタカナは不可です。TitanFXでは、マネーロンダリング防止のため口座名義人と出金先の銀行口座やクレジットカードの名義人が同じである必要があるので注意してください。

メールアドレス

メールアドレスを入力しましょう。ログイン時に必要な口座情報や重要なお知らせメールが届くので、全く使用していないメールアドレスは避けてください。

生年月日

生年月日を日→月→年の順で入力しましょう。「/」は自動で入力されるので不要です。日・月が一桁の場合、「01」や「08」のように「0」が必要なので注意してください。

TitanFXをどこで知りましたか?

TitanFXを知ったきっかけを日本語で入力しましょう。口座開設には全く影響しないので、「インターネット広告」や「ウェブサイト」など適当で大丈夫です。空欄でも構いません。

クライアントキャビネットのパスワード

大文字・小文字・数字を1つ以上含め、最低7字以上のパスワードを半角で入力しましょう。名前+生年月日などの推測されやすいものは避け、忘れないようにメモしておきましょう。


連絡先情報


連絡先情報


「Japan」を入力しましょう。海外にお住まいの方は居住国を入力してください。

国番号

『国』で「Japan」を入力した場合、日本の国番号である「+81」を選択しましょう。海外にお住まいの方は居住国の国番号を調べ、該当する番号を選択してください。

電話番号

電話番号の最初の「0」を省略して、ハイフンなしで電話番号を入力しましょう。例えば、電話番号が080-1234-5678だった場合、「8012345678」と入力します。

市区町村以降の住所

市区町村以降の「町名・丁目・番地・部屋番号」をヘボン式ローマ字で入力しましょう。漢字・ひらがな・カタカナは不可です。マンション・アパート名は省略してください。例えば、「赤坂 1-2-3 タイタンマンション101号室」という住所の場合、「103, 1-2-3, Akasaka」と入力します。


日本語の順番と逆になる点と「部屋番号・丁目番地・町名」をそれぞれ「, 」で区切る点に注意してください。


※後に提出する本人確認書類に記載されている住所と同一の住所を入力してください。

市区町村

市区町村をヘボン式ローマ字で入力しましょう。漢字・ひらがな・カタカナは不可です。例えば、市区町村が「世田谷区」の場合、「Setagaya-ku」と入力します。


※後に提出する本人確認書類に記載されている住所と同一の住所を入力してください。

都道府県

都道府県をヘボン式ローマ字で入力しましょう。漢字・ひらがな・カタカナは不可です。例えば、都道府県が「東京都」の場合、「Tokyo」と入力します。「-to」や「-ken」はあってもなくても構いません。


※後に提出する本人確認書類に記載されている住所と同一の住所を入力してください。

郵便番号

郵便番号をハイフンなしの半角で入力しましょう。例えば、「123-4567」という郵便番号の場合、「1234567」と入力します。


※後に提出する本人確認書類に記載されている住所と同一の住所を入力してください。


MT4上取引口座


MT4上取引口座


口座タイプ

口座タイプをプルダウンの「スタンダード」か「ブレード」から選択しましょう。ブレード口座は1往復ごとに取引手数料がかかる代わりにスプレッドが低く設定されており、スタンダード口座は取引手数料が無い代わりにスプレッドが若干高く設定されています。 取引手数料を含めてもブレード口座のほうがスプレッドが低いため、特別な理由が無ければ「ブレード」を選ぶと良いでしょう。

レバレッジ

レバレッジを1倍~500倍の中から選択しましょう。レバレッジは後から変更可能ですし、500倍を選んでも低レバレッジで取引することが可能なので、トレードの選択肢を広げる意味でも500倍を選んでおくと良いでしょう。

基本通貨

口座の基本通貨を「JPY・USD・AUD・SGD・EUR」の中から選択しましょう。日本に住んでいて、特別な理由が無ければ「JPY」を選ぶと良いでしょう。海外に住んでいる場合はその他の通貨を選んでも良いかもしれません。

このボックスにチェックを入れると、Titan FXの 金融サービスガイド、 金融商品開示文書、 および 利用規約を読み、,マージン商品の性質とリスクを理解し、同意いたします。.

チェックしましょう。


全てのフォームを入力し、チェックボックスにチェックを入れたら、「口座開設」ボタンをクリックします。


kaisetu_kanryo.PNG


上記の画面が表示されれば口座開設の申し込みは完了です。


TitanFX(タイタンFX)ではMT5が使えない?


TitanFXでは、2019年3月現在、取引プラットフォームとしてMetaTrader5(MT5)を使うことができず、MT4のみの対応となっています。どうしてもMT5を使用したい場合は、他の証券会社に変更するかTitanFXがMT5に対応するまで待つ必要があります。


メールを確認して会員ページにログインする


口座開設フォームに入力した情報が全て正確かつ適切に入力されていれば、フォームに入力したメールアドレス宛にTitanFXから下記画像のようなメールが届くので確認しましょう。


TitanFXからのメール


※しばらくしてもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性や受信拒否設定になっている可能性があるので、迷惑メールフォルダや受信設定を確認しましょう。


メール内の「確認」のボタンをクリックすると、口座開設が完了し、会員ページのログイン画面が表示さます。


TitanFXログイン画面

ログイン画面が表示されたら、メールアドレスとパスワードを入力して「SIGN IN」ボタンをクリックしましょう。


また、上記の「確認」ボタンをクリックすると、数分以内に口座のログイン情報が記載された「MT4口座が開設されました」という件名のメールが届きます。


MT4口座が開設されましたメール


このメールには、MT4ログイン時に必要な「MT4のID」や「MT4のサーバー名」が記載されているので、大切に保管しておきましょう。


登録プロセスを始める


クライアントキャビネットへようこそ


はじめてTitanFXにログインすると、上記のような画面が表示され、KYC(顧客確認)とアンチマネーロンダリング(AML)規約による、本人特定事項及び職業の入力を促されます。なお、このステップが完了しなければ入出金などTitanFXにおける全ての項目が利用できません。


※登録プロセスでは、本人確認書類および現住所確認書類の提出の際に、動画および画像の撮影があるので、カメラ内臓のPCもしくはスマートフォンが必要です。自分の顔を撮影するステップがあるので、出来ればスマートフォンで行うと良いかと思います。


まずは「開始する」ボタンをクリックしましょう。


『詳細情報』および『セキュリティ情報』


welcome2.PNG


業種

勤め先の業種を日本語で入力しましょう。

雇用形態

勤め先の雇用形態を日本語で入力しましょう。

『秘密の質問』および『秘密の質問の答え』

秘密の質問をプルダウンから選択し、その答えを日本語で入力しましょう。忘れない且つ第三者に推測されないものを入力しましょう。


投資額に関する質問


投資額に関する質問


投資額を選択する

今後1年の間にTitanFXに投資する予定の金額をプルダウンから選択しましょう。選択肢は米ドル表示なので注意してください。なお、「k」というのは「0」が3つ分だと考えればよいです。例えば、「$1k-$5k USD」であれば「$1,000-$5,000 USD」ということになり、日本円で言うと大体10万円~50万円ということになります。

投資期間

TitanFXを利用する予定の期間をプルダウンから選択しましょう。大体で構いません。


ご本人確認:写真付き身分証明書の提出


ご本人確認:写真付き身分証明書の提出1


ご本人確認:写真付き身分証明書の提出2


TitanFXで本人確認書類として認められている書類は「運転免許証」と「パスポート」の2点のみです。以前は「保険証」や「マイナンバーカード」も使用出来ましたが、2019年3月現在では上記2点のみが認められています。


パスポートまたは運転免許証の情報をフォームに入力し、「認証確認を行う」ボタンをクリックします。


「Shufti Pro」という認証用の外部サイトが表示されるので、運転免許証またはパスポートの動画→運転免許証またはパスポートの最新の住所が記載されている動画→あなたの顔の動画の順で3つの動画を提出します。全ての動画を提出すると、自動的に免許証の画像と顔の動画を認証し始めるのでしばらく待ちます。


認証が成功すると、再びTitanFXの公式サイトに戻るので、次の項目を入力します。


ご本人確認:現住所確認書類の提出


ご本人確認:写真付き身分証明書の提出3


TitanFXで「現住所確認書類」として認められている書類は「住民票」「銀行・カード利用明細書」「公共料金請求書」「運転免許証(本人確認書類として使用していない場合のみ)です。」「運転免許証」以外の書類は3か月以内の発行日が記載されていないければなりません。また、原本の画像のみが認められ、コピーの撮影やスクリーンショットは認められません。


以上で登録プロセスは完了です。本人確認書類の提出が完了すれば「自動認証システム検証完了のお知らせ」というメールが届き、その後、現住所確認書類に不備が無ければ「クライアントキャビネット登録情報の更新完了」というメールが届きます。


また、登録プロセスが完了すればTitanFXの口座開設および有効化までが完了したことになります。お疲れさまでした!


入金後すぐにでもトレードが始められるので、早速FX取引を始めましょう!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事