FXで何やっても勝てなくて、やったコト

XMのおすすめ口座タイプはどれ?「どの口座を開設すればいい?」そんな悩みをスッキリ解決!

更新日時:2019年04月20日 02:00

XMでは以下の3つの口座を開設することができます。


・マイクロ口座

・スタンダード口座

・XM Zero口座


XMでは複数の口座を作ることができますが、「これらの3つの口座のうちどれを開設すればよいか分からない」という人は意外と多いと思います。XMの公式HPにはそれぞれの口座の詳細が書かれていますが、「自分の場合」どれが良いのか分からないかもしれません。


まだ一つも口座を開設していない人は以下の記事をご参考下さい。


参考記事:XMの口座開設方法


XMでは複数口座を開設してTPOに応じて使い分ける事も出来ます。追加口座を開設したい場合には以下の記事をご参考下さい。


参考記事:XMで複数口座開設について考察。追加口座開設のメリット・デメリットは?


そこでこの記事ではXMで口座ごとにどんな特徴があるか、口座の選択をどのように行えば良いかを分かりやすく説明したいと思います。


XMのそれぞれの口座の特徴は?


まず先に3つの口座に共通している項目を見てみましょう。


・基本通貨オプション USD, EUR, JPY


・入金額以上の損失はない


・一人あたりの最大保有可能ポジション数 200ポジション


・最小取引サイズ 0.01ロット(マイクロ口座でMT5 の場合は0.1ロットも)


・口座開設ボーナス


・ヘッジ可能


・イスラム口座 オプション


これらが3つの口座の共通点です。マイクロ口座とスタンダード口座に関しては、さらに多くの共通点があります。イメージとしてはXM Zero口座だけ少し特色の違う口座という感じです。ではそれぞれの口座の特徴をさらに詳しく見てみましょう。


マイクロ口座の特徴


マイクロ口座はレバレッジやスプレッド、手数料、最低入金額などほとんどの項目でスタンダード口座と同じですが、違うのは最小取引量と最大取引量です。マイクロ口座では最小取引量が10通貨で(1ロット=1,000通貨、最小取引サイズ0.01ロット{MT4})、最大が100,000通貨となっています。


XMのマイクロ口座について、スタンダード口座と比較しながらどこよりも詳しく解説しています。


XMマイクロ口座を解説!スタンダード口座との違いは?効果的な使い方はある?


スタンダード口座の特徴


スタンダード口座は最小取引量が1000通貨で(1ロット=100,000通貨、最小取引サイズ0.01ロット)、最大が5,000,000通貨と、マイクロ口座よりも取引量が多くなっています。1,000通貨未満で取引したい場合はスタンダード口座は使えません。


逆に10万通貨を超える取引をする場合はマイクロ口座は使用できません。スタンダード口座か、後述するXM Zero口座かの選択となります。なおスタンダード口座は利用者が最多の口座のようです。


XM Zero口座の特徴


こちらの取引量はスタンダード口座と同じく、最小が1000通貨で最大が5,000,000通貨となっています。しかしXM口座が他の2つの口座と違う点はいくつもあります。まず最大レバレッジが500倍までとなっています。


またスプレッドは最低0pipsと最も低い水準です(USD/JPYの平均は0.1pips)。取引の手数料が他の2つと違ってかかるのも違いです(1ロット=100,000通貨あたり片道5$、往復10$)。また入金ボーナスはありません。


XMのZero口座について、スタンダード口座と比較しながらどこよりも詳しく解説しています。


参考記事;XMゼロ(Zero)口座の手数料や取引のトータルコストを徹底解説!


XMのスプレッドについては以下の記事をご参考下さい。


参考記事:XMのスプレッドを徹底検証!全通貨ペアCFDのスプレッド一覧を公開!


それぞれどんなメリットがある?


マイクロ口座のメリットとデメリット


マイクロ口座のメリットはやはり最小取引量が10通貨と少ないことです。「いきなり大きな単位で取引をするのは怖い」という心理は誰にでも働くと思いますが、10通貨だとアメリカドルなら10ドル、日本円だと1,100円(1ドル=110円の場合)にしかなりません。気軽に取引を始められる感じが嬉しいです。


またマイクロ口座は新規で開設する場合にボーナスをもらえ、入金時にもボーナスをもらえます。ボーナスが2重取りできて取引がすぐに始められるのは魅力的です。


デメリットとしては、小さい取引量のトレードしかできないからこそ、大きな利益を得ることができないという点が挙げられます。なので、マイクロ口座はトレードになれるための練習用という位置付けにしておくといいでしょう。


メリット デメリット
10通貨という最小取引量でトレードを行えるので初心者でも手軽に始めやすい。また、始めの口座開設ボーナスで十分トレードできる。 大きな利益が見込めない。

スタンダード口座のメリットとデメリット


スタンダード口座も新規口座開設&入金ボーナスに関してはマイクロ口座と同じです。ボーナスは出金できませんが、取引に仕えるため元手なしでの取引が可能です。


スタンダードにはデメリットというデメリットがありません。逆にそれがスタンダード口座の一番のメリットなのかもしれません。強いていうなら、マイクロ口座より最小単位で取引できないので、全くの初心者が始めるにはほんの少しだけハードルがあるというぐらいです。ちなみに筆者はマイクロ口座から始めて、2〜3か月後にスタンダードに変えました。


メリット デメリット
入金ボーナスを獲得できる。マイクロよりも大きい取引量でトレードができるので大きな利益をつかむチャンスもある。 特になし

XM Zero口座のメリットとデメリット

Zero口座のメリットは取引コストの安さです。スプレッドが最低0pipsという狭さのため、手数料がかかったとしてもたいした額にはなりません。


USD/JPY取引を例にすると、1ロット=10万通貨で往復取引したら10$の手数料ですが、仮に現在1ドル=110円の場合は1,100円となります。これは1ロットの取引において1.1pipsの手数料ということです。これにドル円の平均スプレッド0.1pipsを加えると、トータルで1.2pipsです。


マイクロ口座やスタンダード口座のドル平均スプレッドは1.7ほどなので、これら2つの口座の取引手数料がかからないとしても、トータル取引コストはXM Zeroの方が安くなります。


デメリットとしては、他の口座よりレバレッジが低いということと入金ボーナスが得られないということが挙げられます。


メリット デメリット
スプレッドが他の口座よりかからないためお得にトレードできる。 入金ボーナスが受け取れない。レバレッジが他の口座よりも低い。

タイプ別おすすめ口座


3つの口座それぞれの特徴やメリットについて見てきました。この点を踏まえると、それぞれの口座がおすすめできるタイプは以下の通りになります。


マイクロ口座がおすすめの人

マイクロ口座は海外FX初心者におすすめです。10通貨から始められるので、「最初は少ない元手でやりたい」という人にはぴったりです。またこの口座は新規口座開設&入金ボーナスと特典が充実しているため、ノーリスク取引を重視したい人、まずは海外FXに慣れたい人におすすめと言えます。


スタンダード口座がおすすめの人

スタンダード口座は、より大きなポジションで取引したい人におすすめです。マイクロ口座では10万通貨が上限なので少し物足りないと感じる場面があるかもしれません。まずはマイクロ口座で取引慣れして、その後スタンダード口座で取引量をあげるという方法がおすすめです。


XM Zero口座がおすすめの人


XM Zero口座はハイレバレッジのそこまでこだわりがない場合に選ぶと良いでしょう。また取引を多く行うために取引コストが気になるユーザーにも魅力的なで口座です。スプレッドが狭くトータルコストが低いため、スキャルピングトレーダーになりたい人が向いています。


口座タイプの比較表


最後に口座ごとの比較表を作成しましたので参考にしてください。


【口座タイプ別比較表】


項目 マイクロ口座 スタンダード口座 Zero口座
注文方式 STP STP ECN
平均スプレッド ドル円2.0pips ドル円2.0pips ドル円0.1pips
取引手数料/LOT 無料 無料 往復10通貨
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
1LOT単位 1,000通貨 10万通貨 10万通貨
最大取引サイズ 100LOT(10万通貨) 50LOT(500万通貨) 50LOT(500万通貨)
最小取引サイズ MT4=0.01LOT(10通貨)MT5=0.1LOT(100通貨) 0.01LOT(1000通貨) 0.01LOT(1000通貨)
最低入金額 5ドル(およそ500円) 5ドル(およそ500円) 100ドル(およそ10000円)
ボーナス付与 対象 対象 対象外

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事