FXで何やっても勝てなくて、やったコト

XMスマホアプリでスマホやタブレットからFXしてみよう!

更新日時:2019年04月21日 1:40

インターネットにアクセスする端末は多岐にわたり、それに伴ってFXのトレード環境もPCだけでなくスマホやタブレットを使用してトレードを行う事が一般的になってきました。


日本の証券会社もスマホやタブレットでの取引ツールの開発に力を入れていますが、海外のFXブローカーも同様で、ほぼ全ての海外FXブローカーがスマホ・タブレットから取引出来る環境を用意しています。


海外のFXブローカーの場合は、日本の証券会社と違ってブローカー毎に取引プラットフォームを開発して提供するという形ではなく、『メタトレーダー4(以下MT4と呼称します)のスマホアプリ』を取引プラットフォームとする事でスマホ・タブレットから取引出来る環境を提供しています。


今回は、MT4スマホアプリでトレードをする為の基礎的な事柄について解説して行きます。

なお、XMでトレードを行うには口座開設を済ませている必要性があります。


参考記事:XMの口座開設方法をどこよりも詳しく解説!

※今回の記事は『XM』と言う海外FXブローカーの口座と言う前提で書いています。他のブローカーでも基本的な部分は変わりないと思われますが、異なる部分があるかも知れませんので、その点、ご理解下さい。

MT4スマホ版アプリをインストール


まず、XM公式サイトへ行き、左上のハンバーガーメニュー(『三』みたいなボタン)をクリックします(下記画像参照)。


XM公式サイトへ行く


そうすると以下の画像ようなメニューが展開されます。


プラットフォームをタッチ


メニューの『プラットフォーム』をタッチします。


表示された画面で少し下にスクロールすると各プラットフォームのダウンロードリンク(下記画像参照)があります。


環境に合ったものをタッチ


ご自身の環境に合ったものをタッチしましょう。


表示された画面で少し下にスクロールするとインストールの説明文が出てきます。


アプリのインストールリンクをクリック


インストールの説明に従い、『Andoroid上でGoogle Playを開かれるか、こちらからアプリをダウンロードします。』のリンク(上記画像参照)をタッチするか、Google Playで検索フィールドに『metatrader4』と入力し、Google Play上でメタトレーダー4を見つけ、インストールします。


※筆者はスマホがAndroidなので、上記の説明画面はAndoroidのモノです(;´∀`)


Google Playで『インストール』のボタンをタッチしてインストールします。


スマホ版MT4インストール


これでMT4スマホ版アプリのインストールは完了です。


MT4スマホ版アプリを起動してみよう


MT4スマホ版アプリのインストールが完了したら、起動して見ましょう。


インストールが完了するとスマホに下の画像の赤い円で囲ったアイコンが表示されます。このアイコンをタップしてMT4スマホ版アプリを起動します。


MT4スマホ版アプリアイコン


MT4スマホ版アプリを起動すると以下の画像のような画面が表示されます。


既存のアカウントにログイン


既にXMで口座を開設済みの方は、『既存のアカウントにログイン』をタッチして口座情報を入力して行きます。


※画像の右上の赤い縁で囲った部分にカウントダウンの表示があり、10秒何もしないで放っておくと自動的にデモ口座が開設されます。そうなってしまった場合でも、後から既存の口座へログインする事が出来ます。その場合の手順は後述します。


チャートを見るだけなのであれば、デモ口座でも問題はないのですが、トレードをしたい場合にはご自身のリアル取引口座にログインしなければなりません。その場合には、これからご説明する手順でログインする事が出来ます。


MT4スマホ版アプリを起動したら、『三』のようなボタンをタッチして、メニューを表示させます。


メニューを表示させる


メニューが表示されたら、上の画像の赤い線で囲ったアカウントの箇所をタッチします。そうすると以下の画像のような画面になりますので、赤い縁で囲った『+』の部分をタッチします。


既存のアカウントにログインを表示させる


こうする事で、以下の画像のような画面が表示され、『既存のアカウントにログイン』のメニューが表示されます。


既存のアカウントにログイン


ここからは、共通の操作となります。


『既存のアカウントにログイン』をタッチすると以下の画像のように検索フォームが表示されます。


検索フォームに『XM』と入力すると『XM』のサーバー一覧が表示されます。


XMのサーバーを検索


XMのサーバー一覧が表示されましたら、ご自身が使用しているサーバーを選びタッチします。


※ご利用になられているサーバーは口座開設した際にXMから送られてきたメールに記載されています。


ログイン番号とパスワードを入力してログインします。


ログインする


これでMT4スマホ版アプリへのログインは完了、思う存分トレードが出来ます。


重複になりますが、チャートを見るだけであれば、MT4スマホアプリ初回起動時に何もしなければ自動的に開設されるデモ口座でも問題はないのですが、トレードをしたい場合にはトレードが出来る口座が必要となります。

関連記事