移動平均線の上下にATR×フィボナッチのバンドを表示するMT4インジケーター『bands-fibo-true』

投稿日時:2018年12月06日 05:06

bands-fibo-trueのトップ画像


MT4のインジケーターである『bands-fibo-true』は、1本の移動平均線とATRにフィボナッチ数を乗算したバンドを上下3本ずつ表示するインジケーターで、ボリンジャーバンドのように移動平均線と価格の乖離率を確認したり、逆張りのエントリー材料に使用したりできます。


ちなみにATR(Average Ture Range)とは、相場における変動率(ボラティリティ)を表す指標のことで、相場が激しく動くときはATRの値は大きく上昇し、逆に動きのほとんどない相場ではATRの値は大きく減少します。


このインジケーターでは、移動平均線からこのATR値にフィボナッチ数を掛けた値分離れたところにバンドが描画されるので、要するに移動平均線に近い順から、ATR×1.62、ATR×2.62、ATR×4.23離れた位置にバンドが描画されるということになります。


今回は、この「bands-fibo-true」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


bands-fibo-trueの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

bands-fibo-trueのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


bands-fibo-true

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでチャート上にトレンドの勢いを表すラインが表示されました。


bands-fibo-trueのパラメーター解説


bands-fibo-trueのパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


BandsPeriod

中心線(移動平均線)の期間

BandsShift

バンドをどのくらいずらすか

PeriodATR

ATRの期間


デフォルトではBandsPeriodとPeriodATRはどちらも20が設定されているので、使用する時間足などに合わせて適宜変更すると良いかと思います。


設定した期間によっては頻繁にバンドのラインが機能して価格が反転するので、損切りの目安に使ったり逆張りでのエントリーに使ったりすると中々良い結果が出るかもしれませんね。

XMで口座を開設すれば、チャート分析から取引までMT4だけで完結出来ます。


XMの口座開設方法の解説ページをご用意致しましたので、この機会に口座を開設してみて下さい。


XMの口座開設手順を画像入りでどこよりも詳しく解説!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事