FXで何やっても勝てなくて、やったコト

スワップとスプレッドをチャート上に表示するMT4インジケーター「spread_swap」

更新日時:2020年10月09日 07:58

spread_swapスクリーンショット


FX業者の多くはレートに加えてスワップも提示していますが、いちいち業者のシステムで確認するのは面倒だと感じたことはないでしょうか。


「spread_swap」は、MT4のチャート上にスワップを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. スワップ目的で取引している方

  2. スワップをチャート上で確認したい方

  3. スプレッドを確認したい方


上記のような方のためにこの記事では、「spread_swap」について詳しく解説します。


  1. spread_swapの概要
  2. spread_swapを表示する方法
  3. spread_swapのパラメーター解説
  4. まとめ

spread_swapの概要


「spread_swap」を起動するとサブウィンドウ上にスプレッドが表示されます。


表示される項目は以下の通りです。


Current Spread:現在のスプレッド


Buy Swap:買いのスワップ


Sell Swap:売りのスワップ


買いのスワップと売りのスワップをそれぞれチャート上で確認できます。


また、直近のスプレッドも確認できるので、エントリーする前にスプレッドが極端に広がっていないか確認することもできます。


表示される項目は少ないですが、初期設定の状態ではチャートの3分の1を占有した状態で表示されるので、サブウィンドウの幅を縮小すると良いでしょう。


サブウィンドウの幅を調整するには、チャートとサブウィンドウの境目にカーソルを合わせて、ドラッグ&ドロップすることで幅を変更できます。


テキストの色などは表示できないため、見にくい場合はチャートの背景色を変更した方が良いでしょう。


spread_swapを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

spread_swapのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


spread_swap


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


spread_swapのパラメーター解説


spread_swapパラメーター画像


「spread_swap」には、トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

なし

トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


テキストの色やサイズの変更はできませんが、シンプルなインジケーターのため大きな支障はないでしょう。


まとめ


「spread_swap」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. スプレッドとスワップをチャート上に表示する。

  2. 買いのスワップは青色、売りのスワップは赤色の文字で表示される。

  3. 直近のスプレッドが黄色で表示される。


「spread_swap」は、チャート上でスワップを確認できる状態にしておきたい方に向いてるインジケーターです。


スプレッドをチャート上にするタイプのインジケーターは多く存在しますが、スワップも表示するものは少ないので、珍しいインジケーターと言えます。


活用できる場面はあまり多くありませんが、スプレッドを確認したい方はインストールしておくと良いでしょう。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事