FXで何やっても勝てなくて、やったコト

複数の通貨ペアのROCをまとめて表示するMT4インジケーター「rocv2.1」

更新日時:2022年02月19日 12:32

rocv2.1スクリーンショット


複数の通貨ペアのROCを、1つのチャートで確認できればと考えたことはないでしょうか。


「rocv2.1」は、指定した通貨ペアのROCを1つのチャートに表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 値動きの勢いを分析したい方

  2. 複数の通貨ペアを取引している方

  3. ROCをよく使用する方


上記のような方のためにこの記事では、「rocv2.1」について解説します。


  1. rocv2.1の概要
  2. rocv2.1を表示する方法
  3. rocv2.1のパラメーター解説
  4. まとめ

rocv2.1の概要


「rocv2.1」を起動すると、サブウィンドウ上にヒストグラムが表示されます。


各ヒストグラムは、指定した通貨ペアのROCの値を示しています。


「rocv2.1」の算出方法は以下のとおりです。


rocv2.1=((終値ー始値)/始値)×100


ヒストグラムが緑色で表示されている場合は、価格が上昇している状態です。


赤色で表示されている場合は、価格が下降していることを示しています。


ヒストグラムの値が1や-1に近いほど、値動きに勢いがある状態です。


サブウィンドウ上に表示する通貨ペアは、パラメーターで指定できます。


加えて、ヒストグラムをクリックすると、該当する通貨ペアの新しいチャートが表示されます。


rocv2.1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

rocv2.1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


rocv2.1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


rocv2.1のパラメーター解説


rocv2.1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Pairs

表示する通貨ペア


初期値:USDJPY,AUDUSD,EURJPY,EURCHF,EURGBP,EURUSD,GBPUSD,USDCHF,USDCAD


サブウィンドウに表示するROCの通貨ペアを設定します。

TimeFrame

ROCの時間枠


初期値:PERIOD_D1


ROCを算出する時間枠を設定します。

Per

チャートの時間枠


初期値:PERIOD_M15


クリック時に表示するチャートの時間枠を設定します。

UPcolor

上昇の色


初期値:clrLimeGreen


ROCが上昇している時の表示色を設定します。

DownColor

下降の色


初期値:clrTomato


ROCが下降している時の表示色を設定します。


「Pairs」は、ROCを算出する通貨ペアを設定するための項目です。


ここで設定した通貨ペアのROCがサブウィンドウに表示されます。


「Per」は、クリック時にチャートを表示する時間枠を設定するための項目です。


Current~1Monthから選択できます。


「UPcolor」「DownColor」は、インジケーターの表示色を設定するための項目です。


チャートの背景色に合わせて見やすい色に設定しましょう。


まとめ


「rocv2.1」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 指定した通貨ペアのROCをまとめて表示する

  2. ROCをクリックすると新規のチャートが表示される。

  3. 終値と始値の差をもとに算出される


「rocv2.1」は、複数の通貨ペアのROCを1つのチャートで確認したい方に向いているインジケーターです。


複数の通貨ペアを取引している方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。

関連記事