FXで何やっても勝てなくて、やったコト

算出期間の異なる3つADXをもとにエントリーとイグジットのタイミングを表示するMT4インジケーター「TASSKlT」

更新日時:2020年07月12日 17:39

TASSKlTスクリーンショット


長期的な相場の流れに沿ってエントリーする方法はないだろうかと考えたことはないでしょうか。


「TASSKlT」は、算出期間の異なる3つのADXをもとに、エントリーのタイミングをマーカーで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 大局的な相場の流れに逆らわずにエントリーしたい方

  2. トレンドを捉えたい方

  3. ADXをよく使用する方


以上のような方のためにこの記事では、「TASSKlT」について解説します。


  1. TASSKlTの概要
  2. TASSKlTを表示する方法
  3. TASSKlTのパラメーター解説
  4. まとめ

TASSKlTの概要


「TASSKlT」を起動すると、シグナルに応じた方向の矢印が表示され、上昇シグナルが出ている場合は、上向きの青い矢印が表示され、下降シグナルが出ている場合は、下向きの赤い矢印が表示されます。


「TASSKlT」がシグナルを発する条件は以下の通りです。


3つ全てのADXが上昇していること。


最も算出期間の短いADX>35かつ2番目に算出期間の短いADX>30


エントリーの方向は、最も算出期間の短いADXのDMIにもとづいています。


上昇シグナルが発信され続けている間は、ローソク足が青色で塗りつぶされた状態で表示され、下降シグナルが発信され続けている間は、ローソク足が赤色で塗りつぶされた状態で表示されます。


シグナルの発信が止むとイグジットの水準が、水平のラインで表示されます。


動意の薄い相場では、シグナルが発信されてからすぐに止まる場合もあるため、シグナルが継続するか否か見極める必要があります。


TASSKlTを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

TASSKlTのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


TASSKlT


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


TASSKlTのパラメーター解説


TASSKlTパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「TASSKlT」のパラメータは、ADXの算出期間を設定するための項目のみで構成されています。


入力項目 入力内容

ADXperiod1

ADX1の算出期間


初期値:10


ADX1の算出期間を設定します。

ADXperiod2

ADX2の算出期間


初期値:14


ADX2の算出期間を設定します。

ADXperiod3

ADX3の算出期間


初期値:20


ADX3の算出期間を設定します。


「ADXperiod1」「ADXperiod2」「ADXperiod3」の値に応じてインジケーターの反応速度が変化します。


大きな値に設定すると価格に対する反応が緩やかになり、反対に小さな値に設定すると反応が俊敏になります。


算出期間はADXperiod1が最も小さく、ADXperiod3が最も大きい値に設定されていますが、ADXperiod1を最も大きな値に設定し、ADXperiod3を最も小さな値に変更しても、インジケーター側で算出期間の大小を検出して計算を行うため、インジケーターの算出に支障はありません。


まとめ


「TASSKlT」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. エントリーのタイミングと方向を矢印で表示する。

  2. 上向きの矢印は上昇のシグナル、下向きの矢印は下降のシグナル。

  3. シグナルが発せられている間はローソク足が塗りつぶされた状態で表示される。

  4. シグナルが止むと水平なラインでイグジット水準を表示する。


「TASSKlT」は、トレンド相場でエントリーしたい方に向いているインジケーターです。


ADXを普段からよく使用する方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事