FXで何やっても勝てなくて、やったコト

計算に移動平均の要素を加えたADXを表示するMT4インジケーター『ADX_WildersDMI_v1m』

更新日時:2020年01月04日 23:44

ADX_WildersDMI_v1mスクリーンショット


MT4には、標準でADXがインストールされていますが、ADXRを表示することができないため、不便に感じる方もいるのではないでしょうか。


「ADX_WildersDMI_v1m」は、標準のADXようにADXとDMIを表示できるだけではなく、ADXRも一緒に表示できるインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドフォロー系の手法を使用している方

  2. トレンドの強さを調べたい方

  3. トレンドの方向を調べたい方


この記事では上記のような方のために、「ADX_WildersDMI_v1m」について解説していきます。


  1. ADX_WildersDMI_v1mの概要
  2. ADX_WildersDMI_v1mを表示する方法
  3. ADX_WildersDMI_v1mのパラメーター解説
  4. まとめ

ADX_WildersDMI_v1mの概要


「ADX_WildersDMI_v1m」は、通常のAverage Directional Movement Index(ADX)の計算式に移動平均の要素を加えたADXを表示するMT4用のインジケーターで、デフォルトではサブウィンドウに+DI、-DI、ADXライン、ADXRラインが表示されます。


画像の水色のラインがADXライン、オレンジ色のラインがADXRライン、緑色のラインが+DI、赤色のラインが-DIです。


ちなみにAverageDirectionalMovementIndex(ADX)とは、日本語で平均方向性指数と呼ばれるトレンドの強弱を判断することができるテクニカル指標で、基本的にはADXの水準と+DIと-DIのクロスでエントリーします。


ただし、ADXラインはあくまでトレンドの強弱を示唆するテクニカル指標であり、トレンドの方向性はDMIで確認する必要があります。


このインジケーターは通常のADXに比べて多少の相違点がありますが、基本的には同じように使用して問題ないかと思います。


ADX_WildersDMI_v1mを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ADX_WildersDMI_v1mのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ADX_WildersDMI_v1m


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ADX_WildersDMI_v1mのパラメーター解説


ADX_WildersDMI_v1mパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ADX_WildersDMI_v1m」のパラメーターは、各ラインの算出期間を設定する項目と、ADXとADXRの有効/無効を設定する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

MA_Length

移動平均の期間


初期値:1


移動平均の算出期間を設定します。

DMI_Length

DMIの期間


初期値:14


DMIの算出期間を設定します。

ADX_Length

ADXの期間


初期値:14


ADXの算出期間を設定します。

ADXR_length

ADXRの期間


初期値:14


ADXRの算出期間を設定します。

UseADX

ADXの使用


初期値:1


0に設定するとADXが無効になります。

UseADXR

ADXRの使用


初期値:1


0に設定するとADXRが無効になります。


「UseADX」「UseADXR」に関しては、デフォルトの状態では使用する設定になっていますが、値を0にすることで無効にすることができますので、不要な場合は変更しておきましょう。


まとめ


「ADX_WildersDMI_v1m」について解説してきましたが、最後にポイントをまとめておきます。


  1. ADX、DMI、ADXRをひとつのインジケーターで表示できる。

  2. 水色のラインがADXライン、オレンジ色のラインがADXRライン、緑色のラインが+DI、赤色のラインが-DI。

  3. ADXとADXRは個別に無効化することもできる。


「ADX_WildersDMI_v1m」は、トレンドの方向と強さを分析したい方に向いているインジケーターです。


MT4標準のADXでは表示できないADXRも表示できるため、「ADX_WildersDMI_v1m」の方が活用できる場面は多いと言えます。


MT4標準のADXよりも「ADX_WildersDMI_v1m」の方が多機能になっていますので、ADXをよく使用する方は、一度、このインジケーターを試してみてもよいのではないでしょうか。

関連記事