FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ヒゲ付きの練行足を表示するMT4インジケーター「RenkoShade2」

更新日時:2021年10月02日 22:23

RenkoShade2スクリーンショット


練行足は値動きが分かりにくいと感じたことはないでしょうか。


「RenkoShade2」は、ヒゲ付きの練行足を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 詳細な値動きを確認できる練行足を探している方

  2. トレンドの方向を分析したい方

  3. トレンドの転換を分析したい方


この記事では「RenkoShade2」について詳しく解説します。


  1. RenkoShade2の概要
  2. RenkoShade2を表示する方法
  3. RenkoShade2のパラメーター解説
  4. まとめ

RenkoShade2の概要


「RenkoShade2」を起動すると、チャート上に練行足が表示されます。


一般的な連行足は、トレンドの方向に新しい足を表示するだけですが、「RenkoShade2」ではヒゲも表示されます。


「RenkoShade2」が上昇している時に発生した一時的な下降は、テイルと呼ばれ、クリーム色で表示。


反対に、下降している時に発生した一時的な上昇はヘッドと呼ばれ、水色で表示されます。


RenkoShade2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RenkoShade2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RenkoShade2


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RenkoShade2のパラメーター解説


RenkoShade2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

RenkoBodyUp

上昇の表示色


初期値:DarkGreen


上昇した練行足の色を設定します。

RenkoBodyDn

下降の表示色


初期値:Maroon


下降した練行足の色を設定します。

RenkoHead

ヘッドの表示色


初期値:PaleTurquoise


練行足に収まらなかった上昇の色を設定します。

RenkoTail

テイルの表示色


初期値:Wheat


練行足に収まらなかった下降の色を設定します。

debugIdx

debugIdx


初期値:0


インジケーターの動作に影響はありません。

RenkoBoxSize

練行足のサイズ


初期値:5


練行足のサイズを設定します。

RenkoBoxOffset

シフト


初期値:0


練行足のオフセットを設定します。

ShowWicks

ヒゲを表示する・しない


初期値:true


falseに設定するとヘッドとテイルが非表示になります。

BarsCount

表示範囲


初期値:500


チャート上にインジケーターを表示する範囲を設定します。


「RenkoBodyUp」「RenkoBodyDn」「RenkoHead」「RenkoTail」は、練行足の表示色を設定するための項目です。


必要に応じて見やすい色に変更すると良いでしょう。


「ShowWicks」は、練行足のヒゲを表示するか否かを設定するための項目です。


trueに設定すると表示され、falseに設定すると非表示になります。


まとめ


「RenkoShade2」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. ヒゲ付きの練行足を表示する

  2. 上昇した練行足は緑色、下降した足には茶色で表示される

  3. 上のヒゲは水色、下のヒゲはクリーム色で表示される


「RenkoShade2」は、詳細な値動きを確認できる練行足を探している方におすすめのインジケーターです。


練行足を使用している方は、1度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事