FXで何やっても勝てなくて、やったコト

最小平方移動平均線(LSMA)を中心線としたボリンジャーバンドを表示するMT4インジケーター『BandsLSMA』

更新日時:2020年03月10日 23:15

BandsLSMAスクリーンショット


ボリンジャーバンドのラグに不満を感じたことはないでしょうか。


「BandsLSMA」は、ラグの少ないボリンジャーバンドを表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. 値動きの速い相場で取引している方

  2. ボリンジャーバンドのラグに不満がある方


上記のような方のためにこの記事では、「BandsLSMA」について解説していきます。


  1. BandsLSMAの概要
  2. BandsLSMAを表示する方法
  3. BandsLSMAのパラメーター解説
  4. まとめ

BandsLSMAの概要


「BandsLSMA」は、通常、指数平滑移動平均線(EMA)を中心線として描画されるボリンジャーバンドを、最小2条移動平均線(LSMA)を中心線として表示するMT4用のインジケーターで、通常のボリンジャーバンドよりも、より価格に追従したバンドが表示されます。


ちなみに最小平方移動平均線(LSMA)とは、最小二乗法を計算方法に用いて、価格にしっかりと追従するという特徴をもった移動平均線です。


このインジケーターでは、このLSMAを中心線としたボリンジャーバンドを表示するため、通常よりも価格にしっかりと追従したボリンジャーバンドが表示されます。


BandsLSMAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BandsLSMAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


BandsLSMA


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


BandsLSMAのパラメーター解説


BandsLSMAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「BandsLSMA」のパラメーターは、一般的なボリンジャーバンドに準じています。


入力項目 入力内容

Bands_Period

期間


初期値:20


ボリンジャーバンドの算出期間を設定します。

Bands_Shift

表示移動


初期値:0


ボリンジャーバンドの表示位置が左右に移動します。

Bands_Deviations

偏差


初期値:2


大きな値に設定するほどバンドの幅が広くなります。


パラメーターについては、一般的なボリンジャーバンドと変わらないため、ボリンジャーバンドに触れたことがある方であれば、設定で戸惑うことも少ないでしょう。


まとめ


「BandsLSMA」について解説してきましたが、最後にポイントをまとめておきましょう。


  1. 最小2条移動平均線(LSMA)を使用したボリンジャーバンドを表示する。

  2. 通常のボリンジャーバンドよりも価格への反応が速い。


「BandsLSMA」は、一般的なボリンジャーバンドよりもラグが少ないことから、値動きの速い相場でボリンジャーバンドを使用したい方に、向いているインジケーターです。


このインジケーターで表示されるボリンジャーバンドは、LSMAの価格にしっかりと追従するという特徴をもったボリンジャーバンドなので、トレードチャンスが増えますが、その分騙しも増えるという特徴を持ちます。


通常、ボリンジャーバンドの中心線の種類は変更できないので、ボリンジャーバンドを使ったトレードをしている人にとっては、非常に興味深いインジケーターではないでしょうか。

関連記事