FXで何やっても勝てなくて、やったコト

高値・安値の要素を加えたボリンジャーバンドを表示するMT4インジケーター『BB - HL』

更新日時:2020年03月18日 12:14

BB-HLスクリーンショット


ボリンジャーバンドのダマしのシグナルに、悩まされた経験はないでしょうか。


「BB-HL」は、通常のボリンジャーバンドよりもダマしが少ないバンドを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ボリンジャーバンドのダマしのシグナルに悩まされている方


この記事ではそういった方のために、「BB-HL」について解説していきます。


  1. BB-HLの概要
  2. BB-HLを表示する方法
  3. BB-HLのパラメーター解説
  4. まとめ

BB-HLの概要


「BB-HL」は、通常のボリンジャーバンドに高値・安値の要素を加えて算出されたボリンジャーバンドを表示するMT4用のインジケーターで、このインジケーターのボリンジャーバンドは、通常のボリンジャーバンドよりも上下バンドの幅が広く、価格変動のほとんどがバンド内に収まるのが特徴です。


一般的なボリンジャーバンドは、単純移動平均線と終値の差をもとに標準偏差を算出して、アッパーバンドとロワーバンドを表示していますが、「BB-HL」は単純移動平均線と高値の差をもとに高値の標準偏差を算出してアッパーバンドを表示しています。


ロワーバンドは単純移動平均線と安値の差をもとに、安値の標準偏差を算出して表示しています。


通常のボリンジャーバンドよりも上下バンドの幅が大きいため、エントリーの機会は減りますが、その分ダマしが少なくなっています。


BB-HLを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BB-HLのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


BB-HL


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


BB-HLのパラメーター解説


BB-HLパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Per

期間


初期値:20


ボリンジャーバンドの算出期間を設定します。

nDev

偏差


初期値:2.0


ボリンジャーバンドの偏差を設定します。


「Per」はボリンジャーバンドの算出期間を設定するための項目で、値を大きくすると長期的な値動きを反映したバンドが表示されます。


「nDev」はボリンジャーバンドの偏差を設定するための項目で、値を大きくするほどバンドの幅が広くなります。


まとめ


「BB-HL」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. アッパーバンドは高値の標準偏差、ロワーバンドは安値の標準偏差をもとに表示される。

  2. アッパーバンドは高値の標準偏差、ロワーバンドは安値の標準偏差をもとに表示される。

  3. 通常のボリンジャーバンドよりもバンドの幅が広く、価格変動のほとんどがバンド内に収まる。


「BB-HL」は通常のボリンジャーバンドでは、ダマしが多くなってしまう相場で取引している方に向いているインジケーターです。


先述の通り、通常のボリンジャーバンドよりも上下バンドの幅が広く、エントリーの機会が減るもののダマしは少なくなっています。


ボリンジャーバンドを使ったトレードをしている人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事