FXで何やっても勝てなくて、やったコト

中心線となる移動平均線の種類および適用価格が変更可能なボリンジャーバンドを表示するMT4インジケーター『Bollinger MA Price.mq4』

更新日時:2019年03月15日 11:15

Bollinger MA Priceスクリーンショット


Bollinger MA Price.mq4は、中心線となる移動平均線の種類および適用価格が変更可能なボリンジャーバンドを表示するMT4用のインジケーターです。


MT4に最初からインストールされているボリンジャーバンドの中心線(移動平均線)の種類は変更できませんが、このインジケーターのボリンジャーバンドの中心線(移動平均線)は、SMA・EMA・SMMA・LWMAの中から選択することができます。


中心線となる移動平均線の種類が変われば、もちろん上下バンドの動きも変わるため、それぞれの移動平均線の特徴に基づいたボリンジャーバンドが形成されます。例えば、中心線にLWMA(線形加重移動平均線)を使用すれば、直近の価格に比重を置いたボリンジャーバンドが形成されるということですね。


今回は、この「Bollinger MA Price」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


Bollinger MA Priceの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Bollinger MA Priceのダウンロード先は以下となります。


Bollinger MA Price

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これで中心線の種類・適用価格が変更可能なボリンジャーバンドが表示されました。


Bollinger MA Priceのパラメーター解説


Bollinger MA Priceパラメータ画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


BandsPeriod

ボリンジャーバンドの期間

BandsShift

表示移動

BandsDeviation

ボリンジャーバンドの偏差

MA_Method

移動平均線の種類

Applied_price

移動平均線の適用価格


パラメーターの「MA_Method」は、1でSMA、2でEMA、3で、SMMA、4でLWMAになるので、お好みの移動平均線に変更しましょう。


中心線の種類が変更できること以外は通常のボリンジャーバンドと全く同じなので、通常のボリンジャーバンドを使用するよりもこのインジケーターを使ったほうが良いかもしれません。特にボリンジャーバンドを使ったトレードをしている人はぜひ試してみてください。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事