FXで何やっても勝てなくて、やったコト

平均足のようなバーをチャート上に表示するMT4インジケーター『Ascbars』

更新日時:2020年03月04日 11:47

Ascbarsスクリーンショット


ノイズを取り除いた値動きをチャートに表示できないだろうかと、考えたことはないでしょうか。


「Ascbars」は、ノイズを取り除いた滑らかなローソク足のようなバーを、チャート上に表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 値動きの方向を確認したい方

  2. ローソク足が使いにと感じている方


以上のような方のためにこの記事では、「Ascbars」について解説していきます。


  1. Ascbarsの概要
  2. Ascbarsを表示する方法
  3. Ascbarsのパラメーター解説
  4. まとめ

Ascbarsの概要


「Ascbars」は、平均足とほぼ同じような足をローソク足上に表示するMT4用のインジケーターで、相場が上昇しているときは薄い水色のバーを、下降しているときは薄い赤色のバーを表示します。


ちなみに平均足とは、値動きの粗を排除して相場の上昇・下降がわかりやすくなるようローソク足に修正を加えたものです。


通常のローソク足ではトレンドを判断しづらい場合でも、平均足では一定方向の足が続くことがあるため、相場の上昇・下降を視覚的に判断しやすいというメリットがあります。


このインジケーターでは、この平均足とほぼ同じようにローソク足上にバーが表示されます。


Ascbarsを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Ascbarsのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Ascbars


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Ascbarsのパラメーター解説


「Ascbars」にトレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメータはありません。


開発者によるとこのインジケーターを使用する際は、チャートの背景色を黒に設定し、ラインチャートに設定した方が良いとのことです。


また、チャートプロパティの「チャートを前面に表示」にチェックを入れた上で使用することが推奨されています。


チャートプロパティは、チャート上で右クリックして「プロパティ」を選択するか、キーボードの「F8」を押すことで表示できます。


このインジケーターで表示されるバーの色を変更したい場合は、パラメーターの設定画面の「色の設定」からお好みの色に変更できます。


まとめ


「Ascbars」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 平均足のようなバーをチャート上に表示する。

  2. 価格が上昇している場合は薄い水色のバーを表示する。

  3. 価格が下降している場合は薄い赤色のバーを表示する。


「Ascbars」は、ローソク足はノイズが多くて使いにくいと感じている方に、向いているインジケーターです。


価格が向かっている方向を、大まかに確認したい場合などに活用できるのではないでしょうか。


先述の通り、平均足とほぼ同じバーが表示されるため、わざわざ平均足ではなくこのインジケーターを使うメリットは無いかもしれませんが、試してみると平均足とは違った特徴を発見できるかもしれません。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事