FXで何やっても勝てなくて、やったコト

チャート上の全てのローソク足の値動きを示唆するヒストグラムを表示するMT4インジケーター『Big_Times』

更新日時:2020年04月05日 10:17

Big_Timesスクリーンショット


ローソク足の始値から終値までの差が大きい場合、価格が大きく動いたことを意味しています。


「Big_Times」は、ローソク足の始値と終値と差をもとに、ボラティリティを分析するためのインジケーターで次のような方に向いています。


  1. ローソク足単位でボラティリティを分析したい方

  2. 始値から終値までの差を確認したい方


上記のような方のためにこの記事では、「Big_Times」について解説します。


  1. Big_Timesの概要
  2. Big_Timesを表示する方法
  3. Big_Timesのパラメーター解説
  4. まとめ

Big_Timesの概要


「Big_Times」は、チャート上の全てのローソク足の始値から終値までの値動きを示唆するヒストグラムを、サブウィンドウに表示するMT4用のインジケーターで、相場のボラティリティを確認することができるインジケーターです。


このインジケーターを導入すると、画像のようにローソク足の始値から終値までの値動きを示唆するヒストグラムがpipsで表示されます。


例えば、直近ローソク足の始値から終値までが5pipsであれば、ヒストグラムにも5pipsの長さのバーが形成されるということですね。


Big_Timesを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Big_Timesのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Big_Times


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Big_Timesのパラメーター解説


「Big_Times」にトレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメーターはありません。


このインジケーターにはパラメーター設定画面はありませんが、ヒストグラムの色や大きさを変更したい場合は、「色の設定」から変更しましょう。


まとめ


「Big_Times」について解説してきましたが、最後にポイントをまとめておきます。


  1. 始値から終値までの差をヒストグラムで表示する。

  2. ヒストグラムはpips単位で表示される。


ボラティリティを分析するためのインジケーターには、さまざまな種類がありますが、「Big_Times」はローソク足単位でボラティリティを分析したい方に、向いているインジケーターです。


「Big_Times」は、始値と終値の差をそのまま表示しており、平滑化処理は施されていないため、ノイズが多くなる傾向にあります。


ローソク足単位のボラティリティーではなく、ボラティリティの変化を分析したい場合は、ATRなどほかのインジケーターを使用した方が良いでしょう。

関連記事