FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ローソク足の動きをもとにしたトレーリングストップラインを表示するMT4インジケーター『CandleStop』

更新日時:2020年04月19日 23:52

CandleStopスクリーンショット


トレンド相場では、値動きに合わせて損切り水準を調整することで、ポジションに乗った利益を守りつつ、利益を伸ばすことができます。


「CandleStop」は、値動きに追従しながら損切り水準を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンド相場で利益を伸ばしたい方

  2. 損切り水準を確認したい方


上記のような方のためにこの記事では、「CandleStop」について解説します。


  1. CandleStopの概要
  2. CandleStopを表示する方法
  3. CandleStopのパラメーター解説
  4. まとめ

CandleStopの概要


「CandleStop」は、ローソク足の動きをもとに、トレーリングストップに使えるラインを表示するMT4用のインジケーターで、このインジケーターを導入すると、画像の様に、価格の動きに追従するピンク色と緑色のドットラインが表示されます。


このインジケーターは、指定した期間中の最高値/最安値をもとにドットを表示しています。


使い方は非常に簡単で、売りエントリーであれば価格がピンク色のラインを抜けたときにエグジットし、買いエントリーであれば価格が緑色のラインを抜けたときにエグジットします。


パラメーターを変更することで、それぞれのラインの幅を変更することができ、相場の状況に合わせてエグジットラインを厳しくしたり緩くしたりすることが可能です。


CandleStopを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

CandleStopのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


CandleStop


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


CandleStopのパラメーター解説


CandleStopパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「CandleStop」のパラメーターは、高値や安値を検出する期間を設定する項目のみで構成されています。


入力項目 入力内容

TrailPeriods

高値/安値の検出期間


初期値:5


高値/安値の検出期間を設定します。


「TrailPeriods」は、高値/安値の検出期間を設定するための項目で、値を大きくするほど検出する期間が長くなります。


まとめ


「CandleStop」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. トレーリングストップとして使用できるラインを表示する。

  2. 売りエントリーでは、価格がピンク色のライン抜けた時にエグジットする。

  3. 買いエントリーでは、価格が緑色のラインを抜けた時にエグジットする。


「CandleStop」は、値動きに合わせて損切り水準を調整したい方に、向いているインジケーターです。


先述の通り、パラメーターの「TrailStops」を変更することで、それぞれのライン幅を変更することができるので、相場の状況やボラティリティに合わせて調整すると良いかと思います。


利確や損切が苦手な人にとって、「価格がラインを抜けたらエグジット」というシンプルなルールでトレードできるようになるので便利なインジケーターかと思います。


気になった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

関連記事