FXで何やっても勝てなくて、やったコト

現在のローソク足と直近のローソク足の推定値の差を表すラインを表示するMT4インジケーター『cauchy_derivative』

更新日時:2020年04月21日 17:09

cauchy_derivativeスクリーンショット


ローソク足の始値・高値・安値・終値の平均は中央値と呼ばれます。


「cauchy_derivative」は、中央値の移動平均を表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. 現在の値動きの強さを分析したい方

  2. 現在の価格の振り幅を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「cauchy_derivative」について解説します。


  1. cauchy_derivativeの概要
  2. cauchy_derivativeを表示する方法
  3. cauchy_derivativeのパラメーター解説
  4. まとめ

cauchy_derivativeの概要


「cauchy_derivative」は、現在のローソク足と直近のローソク足の推定値の差を表すラインをサブウィンドウに表示するオシレーター系のMT4用のインジケーターで、プライスアクションの測定に非常に役立ちます。


このインジケーターの製作者によると、このインジケーターでは価格の算術平均と幾何平均の差をラインとして表しているそうです。具体的な計算方法は以下の通りです。


中央値= (O+H+L+C)/4


このとき、O=始値、H=高値、L=安値、C=終値を表しています。


cauchy_derivative=中央値の「period」期間単純移動平均


このインジケーターを簡単に説明すると、現在のローソク足と直近のローソク足の値動きの強さを比較したインジケーターです。


インジケーターの振り幅を観察することで、直近の値動きの強さを分析できます。


cauchy_derivativeを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

cauchy_derivativeのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


cauchy_derivative


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


cauchy_derivativeのパラメーター解説


cauchy_derivativeパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

period

期間


初期値:13


インジケーターの算出期間を設定します。


「period」は、インジケーターの算出期間を設定するための項目で、大きな値に設定するほどインジケーターの表示が滑らかになります。


一方で、値を大きくした場合、短期的な値動きに対する反応が鈍くなりますので注意しましょう。


まとめ


「cauchy_derivative」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 中央値の単純移動平均を表示する。

  2. 現在のローソク足と直近のローソク足の値動きの強さを比較できる。


「cauchy_derivative」は、直近の値動きの強さを分析したい方に向いているインジケーターです。


現在のローソク足と直近のローソク足の値動きの差を示唆するので、現行トレンドの勢いやボラティリティを判断するのに使えるのではないでしょうか。


気になった方はぜひ試してみてください。

関連記事