FXで何やっても勝てなくて、やったコト

特定の時間帯に色をつけた平均足を表示するMT4インジケーター「Painter_v1」

更新日時:2022年05月16日 12:29

Painter_v1スクリーンショット


トレンドの発生や転換のシグナルを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Painter_v1」は、平均足をベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの発生や転換を分析したい方

  2. スキャルピングやデイトレードなどの短期取引を行なっている方

  3. 取引する時間帯が決まっている方


以上のような方のためにこの記事では、「Painter_v1」について解説します。


  1. Painter_v1の概要
  2. Painter_v1を表示する方法
  3. Painter_v1のパラメーター解説
  4. まとめ

Painter_v1の概要


「Painter_v1」を起動するとチャート上に平均足が表示されます。


一般的な平均足と同じ方法で算出されていますが、表示方法が通常の平均足とは異なります。


「Painter_v1」では、特定の時間帯にのみ色をつけて平均足を表示。


指定した時間帯では陽線を青色、陰線を赤色で表示します。


通常の平均足と同様に、上ヒゲの陽線が連続して表示されている場合は上昇トレンド、下ひげの陰線が連続して表示されている場合は下降トレンドです。


また、上昇トレンド中に下ヒゲの陽線が表示された場合は、トレンドが下に転換する可能性があります。


反対に、下降トレンド中に上ヒゲの陰線が表示された場合は、トレンドが上に転換する可能性を示唆しています。


インジケーターの開発者によると、「Painter_v1」を使用する際は背景色を黒にするよう推奨しています。


また、チャートの種類はローソク足ではなく、ラインチャートを推奨しているので、平均足が見にくい場合は、チャートのプロパティから背景色とチャートの種類を変更しましょう。


Painter_v1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Painter_v1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Painter_v1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Painter_v1のパラメーター解説


Painter_v1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Painter_v1」のパラメーターは、平均足に色をつける時刻を設定するための項目のみで構成されています。


入力項目 入力内容

Hours_START

開始時刻


初期値:8


平均足に色をつける開始時刻を設定します。

Hours_FINISH

終了時刻


初期値:18


平均足に色をつける終了時刻を設定します。


「Hours_START」と「Hours_FINISH」は、平均足に色をつけて表示する時間帯を設定するための項目です。


「Hours_START」で開始時刻を設定し、「Hours_FINISH」で終了時刻を設定します。


自身が取引する時間帯や値動きが活発になる時間帯に設定するとよいでしょう。



まとめ


「Painter_v1」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 平均足を表示する

  2. 指定した時間帯は陽線を青、陰線を赤で表示

  3. 指定した時間帯以外のローソク足はすべて黄緑色で表示


「Painter_v1」は、トレンドの発生や転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


通常の平均足と見方は同じなので、平均足を使用したことがある方であれば戸惑うことなく使用できるでしょう。

関連記事