FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ヒゲの長さが一定以上のバーを矢印で表示するMT4インジケーター「V-T_Bv6」

更新日時:2020年07月29日 8:07

V-T_Bv6スクリーンショット


ヒゲの長いローソク足は高値や安値に価格が達した後、強い抵抗があったことを示しています。


「V-T_Bv6」は、ヒゲが長いローソク足にマーカーを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ローソク足のパターンをもとに取引している方

  2. ヒゲの長いローソク足に着目して取引している方


以上のような方のためにこの記事では、「V-T_Bv6」について解説します。


  1. V-T_Bv6の概要
  2. V-T_Bv6を表示する方法
  3. V-T_Bv6のパラメーター解説
  4. まとめ

V-T_Bv6の概要


「V-T_Bv6」は、ローソク足の本体の部分とヒゲの長さを比較し、ヒゲの長さが一定の割合を超えているローソク足に矢印を表示するインジケーターで、Don Lawsonによって開発されました。


下のヒゲの長さが、一定の割合を超えているローソク足には緑の矢印が表示され、上のヒゲの長さが、一定の割合を超えているローソク足には赤い矢印が表示されます。


「V-T_Bv6」にはアラート機能もついており、Juiceという価格をもとに算出した標準偏差の値が一定のレベルを超えた場合、アラート通知します。


上のヒゲ・下のヒゲともに一定の割合を超えている場合は、赤と緑の両方の矢印が同じローソク足に表示される場合もあります。


V-T_Bv6を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

V-T_Bv6のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


V-T_Bv6


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


V-T_Bv6のパラメーター解説


V-T_Bv6パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

WickRatio

ヒゲの比率


初期値:0.5


矢印を表示するヒゲの比率を設定します。

WickPercent

矢印の表示位置


初期値:50


矢印とローソク足の距離を設定します。

JuicePeriod

標準偏差の期間


初期値:7


標準偏差の算出期間を設定します。

JuiceLevelForAlert

アラートの閾値


初期値:5


アラートが有効になる閾値を設定します。

Notify

通知の有効/無効


初期値:false


trueに設定すると通知が有効になります。

UseNew

前の価格を適用する/しない


初期値:true


falseに設定すると前の価格が無効になります。


「WickPercent」は、矢印の表示位置を設定するための項目で、値に応じてローソク足と矢印と距離が変化します。


「Notify」は、通知の有効/無効を設定するための項目で、falseに設定すると通知が無効になります。


通知機能は初期設定では無効になっていますので、必要な場合は「Notify」をtrueに変更しましょう。


まとめ


「V-T_Bv6」について解説してきましたがポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ヒゲの長さが一定の割合を超えているローソク足に矢印を表示する。

  2. 下のヒゲの長さが一定の割合を超えているローソク足には緑の矢印が表示される。

  3. 上のヒゲの長さが一定の割合を超えているローソク足には赤い矢印が表示される。


「V-T_Bv6」は、ローソク足のパターンにもとづいて取引を行っている方に向いているインジケーターです。


ローソク足の形状を分析している方に取引している方やヒゲの長いローソク足を見つけたい場合などに、活用できるのではないでしょうか。

関連記事