FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ヒゲの長さに応じてローソク足に矢印を表示するMT4インジケーター「V-T&B」

更新日時:2020年07月29日 8:08

V-T&Bスクリーンショット


ローソク足は、一定期間中の値動きがどのように変化したのかを示したもので、形状によっては反転のシグナルになる場合もあります。


そのため、ローソク足の形状に着目している方もいるのではないでしょうか。


「V-T&B」は、特定の条件に当てはまるローソク足にマーカーを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ローソク足の形状に着目して取引している方

  2. ヒゲの長いローソク足を一目で見つけられる状態にしておきたい方

  3. プライスアクショントレードを行っている方


以上のような方のためにこの記事では、「V-T&B」について解説します。


  1. V-T&Bの概要
  2. V-T&Bを表示する方法
  3. V-T&Bのパラメーター解説
  4. まとめ

V-T&Bの概要


「V-T&B」はローソク足の始値・高値・安値・終値の差を比較し、条件に当てはまるローソク足にマーカーを表示するインジケーターで、Don Lawsonによって開発されました。


「V-T&B」がマーカーを表示する条件は以下の2つです。


高値-終値>終値-始値かつ、高値-終値>始値-安値の場合


始値-安値>終値-始値かつ、始値-安値>高値-終値の場合


「V-T&B」を起動すると上のヒゲが長いローソク足には、緑の上向きの矢印、下のヒゲが長いローソク足には、赤い下向きの矢印が表示されます。


「V-T&B」は本来、上のヒゲが長いローソク足と下のヒゲが長いローソク足をマーカーで区別するために開発されたインジケーターのようですが、筆者の環境によるものか、インジケーターの不具合かは不明ですが、うまく動作しませんでした。


シンプルなインジケーターですので、使い方に戸惑うということも少ないかと思います。


「V-T&B」は、価格の差の大小にもとづいてマーカーを表示しており、ローソク足そのものの大きさは考慮されていませんので留意しておきましょう。


ヒゲの長いローソク足は、値動きのが反転したシグナルとして見なされることもありますが、ほかのインジケーターのシグナルも考慮した上で最終的な判断を下す必要があります。


V-T&Bを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

V-T&Bのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


V-T&B


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


V-T&Bのパラメーター解説


V-T&Bパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメーターはありません。


まとめ


「V-T&B」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ヒゲが長いローソク足に矢印を表示する。

  2. 上のヒゲが長いローソク足には緑の上向きの矢印を表示する。

  3. 下のヒゲが長いローソク足には赤い下向きの矢印が表示する。


「V-T&B」は、ローソク足の形状に着目して取引を行っている方に向いているインジケーターです。


また、ヒゲの長いローソク足を一目で確認できる状態にしておきたい方にもおすすめです。


ローソク足の上下のヒゲの長さの違いは、ローソク足が一本形成されるまでの買いと売りの攻防を示しています。


プライスアクショントレードなどの、ローソク足の分析を主体にした手法を取り入れている方にとっては、活用できる場面も多いインジケーターなのではないでしょうか。

関連記事